【参考資料】SAP、革新的なインメモリ技術で次世代コンピューティングを牽引

2010年5月28 日 by SAP News 0

ビジネスの洞察力、展望、アクション間のリアルタイム・リンクを初めて実現する新しいインメモリ・アプライアンスおよびソフトウェア

低コストでよりシンプルに、継続的なイノベーションを実現

(本リリースは、5月19日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

Tokyo革新的ビジネス・ソフトウェアのパイオニアであるSAP AG(NYSE:SAP)は、最新のインメモリ技術で次世代コンピューティングを推進していきます。SAPは本日、ハードウェア・アプライアンスとソフトウェア・ソリューションの新たな組み合わせに取り組む計画を発表しました。これにより、可用性とビジネス情報取得のスピードが飛躍的に高まり、企業はより迅速により良い意思決定が可能になります。この発表は、2010年5月17日~19日にドイツのフランクフルトと米国フロリダ州オーランドで同時開催されたお客様向けコンファレンス、SAPPHIRE® NOWで行われました。

規模や業種を問わず、多くの企業が関心を寄せる優先課題の一つは、膨大な量のデータの管理と分析であり、またその情報を経営の向上にどう活用するかという点です。SAPはこうした点を絶えず認識し、お客様による業務データの検索速度を上げるSAP® BusinessObjects™ Explorer, accelerated editionなどのインメモリ・ソリューションの開発を通して、その解決に注力してきました。次世代のビジネスインテリジェンス(BI)、ビジネス・プランニング、ビジネス分析アプリケーションの強化を目指し、SAPは現在、業務システム、データウェアハウス、リアルタイム・イベント、そしてWebのデータを用いた、リアルタイム分析用に最適化されたインメモリ・ソフトウェアおよびハードウェア・アプライアンスを提供すべく、主要なハードウェア・パートナーと提携しています。

SAPのソフトウェアを搭載した新たな高性能分析アプライアンスが、
ビジネスユーザーによるビジネス・シナリオのモデル化やスムーズな
リアルタイム・データ分析を実現

今日、お客様はトランザクション・アプリケーションと分析用アプリケーションのデータはもとより、ソーシャル・ネットワークやWebといった新しい類のデータも含む急増する情報に対応しています。SAPで開発中の新しいソフトウェア、SAP® Business Analytic Engineでは、インメモリ技術を、強力な演算エンジンと、ビジネスに特化した使いやすいデータ・モデリング・ツールおよびデータ管理ツールに組み合わせています。このソフトウェアは、ビジネスユーザーがトランザクション・データや分析用データ、Webベースのデータに、リアルタイムかつ単一の環境で、しかもデータウェアハウスやその他のシステムに影響を与えることなく瞬時にアクセスし、検索、モデル化、分析を行うことを可能にするものです。

SAPはさらなるパフォーマンス強化のため、SAPエコシステムに参加している戦略的ベンダーの最適化されたハードウェアに、SAP Business Analytic Engineを搭載した新しい高性能分析アプライアンスを提供する予定です。SAPは絶え間なくイノベーションを提供するというコミットメントの一環として、お客様のITシステムに接続して適切なデータを自動的に抽出し、お客様がリアルタイム分析のほか、複雑な分析クエリーもリアルタイムで実行できるようになるアプライアンスを設計しています。

例えば電力会社の従業員であれば、使用電力量のデータをもとに特定の地域や時間帯の傾向を割り出し、そのデータを比較分析することで、利用状況データへの即時アクセスにもとづくリアルタイム・プランニングが可能になります。また、製造企業の従業員であれば、資産の活用状況を取引データに基づいてリアルタイム分析を行い、金融サービス会社であれば、リアルタイムでのリスク管理を実行し、インターネット情報も含めた非構造化された信用度採点データとそれ以外のデータを結合して市場のリスク資産総額を測定するといったことが実現します。

SAPはこの技術を駆使することで、「真」のリアルタイムの可能性をさらに広げていくことを目指しています。ビジネスユーザーは、迅速に繰り返しデータを分析でき、重要な業務上の課題を瞬時に解決できます。この新しいアプライアンスは、既存のアプリケーションの速度を向上させ、複合的なワークロードをサポートします。つまり、分析、パフォーマンス管理、トランザクション用のアプリケーションを単一の環境で稼動させることができます。この新たな基盤は、SAP® BusinessObjects™ ポートフォリオを促進するのみならず、SAP NetWeaver® Business Warehouseのお客様もこのテクノロジーを採用することで、強力で新しいタイプのアプリケーションの開発、展開が可能になります。

SAPは、SAP NetWeaver® Business Warehouse AcceleratorとSAP BusinessObjectsにおけるSAPとHPの戦略的提携および共同のgo-to-market戦略を発展させ、新しい高性能分析アプライアンスのためのConverged Infrastructureテクノロジーを提供するべく、最初の戦略的提携パートナーの一社にHPを選定しました。

HPのエンタプライズセールス・マーケティング・戦略担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのトム・ホーガン(Tom Hogan)氏は次のように述べています。
「お客様はデータを情報に、情報を洞察力に、洞察力をアドバンテージに転換できる必要があります。SAP Business Analytic EngineとHPのサーバー・ポートフォリオを組み合わせることで、お客様が情報力を活用し、ビジネスにおける洞察力を生み出し、それぞれの組織にとってより優れた意志決定を行うことを支援します。」

最高技術責任者(CTO)で、技術・革新担当のSAPエグゼクティブボードのメンバーでもあるヴィシャル・シッカ(Vishal Sikka)は次のように述べています。
「コンピューティングの未来はそこまで来ていて、人々とデータとの関わり合い方、意思決定を行う方法が劇的に変わろうとしている時代の入り口に我々は立っているのです。デスクに座ったままで、あるいは携帯端末を使って、データを瞬時に引き出して分析できると想像してください。またそれがどれだけあなたの仕事のあらゆる面をより快適にしてくれるかも想像してください。将来、お客様はより優れた経営シミュレーションや計画、リアルタイムでの在庫や価格の最適化、あるいは金融システムにおける通貨変更の迅速な評価といったことができるようになるでしょう。SAPの新しいインメモリ技術を利用することで、お客様のビジネスにリアルタイムの可視性をもたらし、企業戦略を計画通りに遂行されていることを裏づける手助けをしてくれるでしょう。インメモリ・コンピューティングがもたらすスピードと機敏性がお客様のビジネスを変え、業界でもっとも成功している企業へと導くでしょう。」

以上

Tags: , , ,