SAPとNEC、クラウドコンピューティングで企業のビジネスの成功を支援

2010年11月4 日 by SAP News 0

グローバルな戦略的提携により、仮想クラウドアーキテクチャで
SAP環境を進化させたいお客様に選択肢を拡大

(本リリースは、11月4日午前11時(日本時間)に弊社独本社から発表された発表文です)

TokyoSAP AG (NYSE:SAP、以下 SAP)は本日、戦略的なIT施策を推進するお客様の需要に応えるため、日本電気株式会社(以下、NEC)との協業を強化し、NECのクラウド基盤を通じてSAPの統合基幹業務ソフトウェアである「SAP® ERP」を提供すると発表しました。SAPとNECは、企業が追加のIT投資をすることなく業務を遂行できるように、包括的なソリューションを提供します。

サービスとして提供される本ソリューションは、NECの世界トップクラスのSAP認定クラウド指向データセンター(CODC)の専門技術者が管理・監視・保守を行います。企業は、ビジネスの成長、イノベーション、スピードを重視しています。SAPとNECのクラウドソリューションを選択することにより、企業のリーダーや事業部門長(LOB)は、より迅速に導入を行い、成果を上げ、価値を実現することができます。

企業は日々変化を遂げているにもかかわらず、それらのニーズに応えられない従来型の財務会計および調達システムを使っているケースが多く見受けられます。今回の共同ソリューションは、SAPのアプリケーションを基盤とするIT変革への資本投資とその運用コストを削減しつつ、ビジネスの敏捷性を向上できるよう設計されています。

予定されている機能には、経理、販売、購買管理等があり、NECはこれらのサービスをNECのサブスクリプションベースのグローバルクラウドソリューションとして、ハイテク・製造関連業界の日本に本社を持つ企業向けに提供します。NECはこのようなSAPソリューションを日本において提供する初めてのプロバイダーであり、且つ、そのデータセンターをSAPからクラウド指向データセンターとして認定された日本で初めてのクラウドサービスプロバイダーでもあります。このサービスを通じてお客様は、NECのベストプラクティスに関するノウハウを活用し、SAPのシステム環境のプロビジョニング、導入、監視および管理に必要な作業を簡素化・自動化できるようになります。

NECの代表取締役執行役員副社長である藤吉幸博氏は、次のように述べています。
「今回の、SAP社との新たな協業となる、「SAP ERP」の機能のクラウドサービス事業の開始をうれしく思います。お客様は、基幹システム領域での高い信頼性を持ったクラウドサービスの提供を期待しており、NECは、自社基幹システムでの実績と、これまで培った永年に渡るSAP社との協力関係をベースに、ERPシステムのクラウドサービス事業をグローバルに拡大してまいります。」

今回の協業により、お客様は、SAPの顧客主導型のアプローチと密接に統合されているNECのクラウドに関する専門知識を活用し、中核的なビジネス課題への対応に自社のリソースを投入することができます。NECでは、これらと同じ機能を自社で使用することで幅広い社内ノウハウを構築しており、それらの専門知識を基盤とした新たなソリューションを、製造・ハイテク業界に特化した日本に本社を持つ企業向けに提供していきます。NECとSAPの両社は現在、他の市場や地域にもソリューションの拡大を検討しています。

SAPジャパン代表取締役社長のギャレット・イルグは次のように述べています。
「SAP ERPソリューションのクラウド型での導入・運用に関し、NECはベストプラクティスのノウハウを有しています。したがって、NECはビジネス、市場、業界の変化する要件に応えた統合的なビジネスソリューションをいち早く実現できる絶好のポジションにあります。今回の協業は、クラウドコンピューティングの領域におけるエコシステムの確立をあらためて強調するもので、お客様の優位性を向上させるためのご提案を拡大していきます。」

以上

Tags: , ,