SAPジャパン、真のリアルタイム性を実現するための新製品SAP® High-Performance Analytic Applianceを提供開始

2010年12月7 日 by SAP News 0

革新的なインメモリコンピューティング基盤上に開発された製品の第一弾

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下 SAPジャパン)は、最新の革新的なインメモリソフトウェアであるSAP® High-Performance Analytic Appliance(エスエイピー・ハイパフォーマンス・アナリティック・アプライアンス、以下SAP HANA)を本日より提供開始すると発表しました。これにより、従来のIT環境を大幅に簡素化しながら、ビジネス情報の取得スピードを飛躍的に高めるとともに、SAP HANAをデータ基盤とすることで、従来では実現できなかったリアルタイムアプリケーションの提供を可能にします。

SAPでは、今年の5月、新世代のビジネスアプリケーションの提供を可能にする、本格的なインメモリコンピューティングを推進していく計画を発表しました。SAP HANAは世界をリードする各社のハードウェア技術とSAP独自のソフトウェア技術のエンジニアリングレベルでの融合により誕生した、SAPが取り組む革新的なインメモリコンピューティングを具現化したソフトウェアの第一弾となります。

SAPジャパンでは、SAPエコシステムに参加している戦略的パートナーの最適化されたハードウェアに、SAP HANA を搭載した高性能ビジネス分析アプライアンスという形で提供を予定しています。今回は、日本ヒューレット・パッカード社および日本アイ・ビー・エム社と共同で、早期に手にしたいお客様向けに提供開始します。

ここ数年間でデータ量が急増したことを受け、多くの企業は、瞬時に意思決定を行うための真のリアルタイムの情報分析および洞察力を必要としています。SAP HANAは、強力な演算エンジンとデータベースをメインメモリ上に統合し、ビジネスに特化した使いやすいデータモデリング・ツールと組み合わせて提供されます。この新たに開発されたインメモリコンピューティング基盤を搭載したSAP HANAによって、ビジネスユーザーが業務データや分析用データ、Webのデータなど事実上あらゆるデータソースから、リアルタイムかつ単一の環境で、しかもデータウェアハウスやその他のシステムに影響を与えることなく瞬時にアクセスし、検索、モデル化、分析を行うことを可能にします。

例えば小売業の従業員であれば、商品単品ごとの店舗在庫情報に対し、その日の販売量、前週の販売推移、物流センターの倉庫在庫、市場価格の変動、前年の傾向値などをもとに、最適な発注量を手元のモバイル端末から瞬時に割り出すことができます。電力会社の従業員であれば、使用電力量のデータをもとに特定の地域や時間帯の傾向を割り出し、そのデータを比較分析することで、利用状況データへの即時アクセスに基づくリアルタイム・プランニングが可能になります。また、金融サービス会社であれば、リアルタイムでのリスク管理を実行し、インターネット情報も含めた非構造化された信用度採点データとそれ以外のデータを結合して市場のリスク資産総額を測定するといったことを実現します。

SAP HANAは、インテルとSAPが共同エンジニアリングを通じて、インテル® Xeon® プロセッサー 7500 番台で最適に稼働するように最適化しました。これにより、お客様が常に変化する状況にリアルタイムに対応できるように俊敏性が向上し、革新的な使用モデルが実現しました。両社の緊密な協業の結果、インテリジェントパフォーマンス、自動化されたエネルギー効率化、そして高度な信頼性を提供するソリューションが提供可能となりました。SAPジャパンでは、オープンなエコシステムを活かし、SAP HANAを支援する戦略的ハードウェアパートナーとの協業を拡大していく予定です。

SAPジャパンでは、パートナーやお客様企業との共同イノベーション発信拠点であるSAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)にて、SAP HANAのベンチマークおよびプロジェクトの検証作業ができる環境を年内に整備する予定です。これはSAP HANAが多くのお客様で実際に運用されるビジネスデータをもとに製品開発が行われた手法を、お客様の製品評価プロセスに拡張するもので、日本企業がインメモリコンピューティングの革新性を現実の環境において体感し、ビジネス価値を明確にするためのSAPジャパンとエコシステムパートナーによる共同の支援施策です。SAPジャパンではインメモリ技術とソフトウェアの革新によって、創業以来追い求めてきた「真」のリアルタイムの可能性をさらに広げていくことを目指しています。

■インテル株式会社様のコメント
SAP High-Performance Analytic Applianceの発表おめでとうございます。インテルとSAPは過去10年以上にわたり技術協業を行い、ビジネス・コンピューティングに変革を行って参りました。インテル® Xeon® プロセッサーとして過去最大の性能向上を達成した最新のインテル® Xeon® プロセッサー 7500 番台を搭載するサーバーとSAP HANAの組み合わせは、優れた効率性とビジネス価値を提供します。インテルは今後もシリコンの革新を通し、先進のビジネス・コンピューティングを支援して参ります。

インテル株式会社
代表取締役社長 吉田 和正
■日本アイ・ビー・エム株式会社様のコメント
IBMのx86サーバーの最新技術「eX5(第5世代 Enterprise X-Architecture)」は大容量データをメモリー上で処理できるため、情報分析のプラットフォームに適しており、SAP HANAソフトウェアをご採用されるお客様にも、柔軟なスケーラビリティと卓越したパフォーマンスをご提供します。
IBMは強固なSAP社とのリレーションシップにより、今後も、IBM Systems と SAPソフトウェアとの組み合わせによるお客様の業務効率の向上と競争力の強化をご支援いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
システム製品事業 システムx事業部長 小林 泰子
■日本ヒューレット・パッカード株式会社様のコメント
日本HPはSAP High-Performance Analytic Applianceの出荷開始を歓迎します。
企業は、刻々と変化するお客様のニーズに迅速に対応できる「Instant-on Enterprise」にならなくてはいけません。
日本HPの提供する「Converged Infrastructure」とSAPのIn-Memory技術を組み合わせることで、迅速なデータ抽出と適切なビジネス判断のための情報入手で、ニーズの変化を的確にとらえた経営を可能にし、お客様の競争優位獲得に貢献できると確信しております。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
代表取締役 社長執行役員 小出 伸一
以上

Tags: ,