SAPジャパン、アイデンティティ管理ソフトウェアの最新版を提供開始

2010年12月13 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下 SAPジャパン)は本日、SAPを含むマルチベンダー環境において、人事情報と連動してユーザー情報やアクセス権限設定などを一元管理できるアイデンティティ(ID)管理ソフトウェアの最新版、SAP NetWeaver® Identity Management 7.2 (エスエイピー・ネットウィーバー・アイデンティティ・マネジメント、以下 SAP NetWeaver ID Mgmt 7.2)を本日から提供開始することを発表しました。

企業における膨大な数のユーザー情報およびアクセス権限の継続的な管理は、ガバナンス、コンプライアンス、セキュリティなどの内部統制への対応や、生産性向上およびコスト削減などのニーズにより重要な局面を迎えています。SAP NetWeaver ID Mgmt は、各従業員のロール(役割)と全体的な業務プロセスを考慮し、ID、パスワード、権限情報を、IT 環境全体にわたって包括的に管理します。最新版のSAP NetWeaver ID Mgmt 7.2 は、ビジネスプロセスをベースにしたロール管理の実現、IDフェデレーション(連携)・シナリオのサポート、SAP集中ユーザー管理からSAP NetWeaver ID Mgmt への移行、およびSAP NetWeaver Business Warehouse(以下、SAP NetWeaver BW)レポート支援などの機能を大幅に拡張しました。こうした新機能により、企業のアイデンティティ管理の管理負荷が軽減されます。

SAP NetWeaver ID Mgmt 7.2 の新機能は下記の通りです。

  • ビジネスプロセスをベースにしたロール管理の実現:
    企業内におけるビジネスおよびITの両面で、ロールを簡素化します。例えば1人の社員が複数の職務を兼任している場合でも、単一のユーザーIDですべての職務に必要なアクセス権限を統一して管理でき、管理者の労力や時間を削減します。
  • IDフェデレーション・シナリオのサポート:
    IDプロバイダー(IdP)とセキュリティトークンサービス(STS)により、WebブラウザベースのIDフェデレーションとシングルサインオン(SSO)を、SAML2.0 *1 を利用してサポートします。オープンプロトコルにより、ベンダーが混在するクラウド内の異種混合の環境においてもより安全でシンプルな認証プロセスを実現します。
  • SAP集中ユーザー管理からSAP NetWeaver ID Mgmt への移行:
    SAPが提供する集中ユーザー管理であるSAP® Central User Administration(以下、SAP CUA)を使ってSAP ERPなどの複数のSAPソフトウェアのユーザーを管理している場合、このSAP CUAからSAP NetWeaver ID Mgmt へツールの置き換えが可能になります。これにより、SAP NetWeaver ID MgmtだけでSAPに限らずサードパーティシステムのIDも含めてIDの集中管理できるようになります。さらに、ワークフローやルールベースの自動ロール割当などSAP NetWeaver ID Mgmt の機能を活用でき、ID管理を効率化することができます。
  • SAP NetWeaver BWのレポート機能のサポート:
    SAP NetWeaver ID Mgmt 7.2 に関連するすべてのデータ(ユーザーとロール)をSAP NetWeaver BWへ抽出できます。履歴の保存、ログの絞り込みなどの解析機能や分析レポートのテンプレートなど、レポーティング目的に活用することができます。
以上

*1 SAML:標準化団体OASISによって策定された、IDやパスワードなどの認証情報を安全に交換するためのXML仕様。SAML2.0は、セキュリティが必要な複数のシステム間において、認証と権限付与のデータのやり取りを標準で実現する。

Tags: ,