SAPジャパン、グローバルの最新法規制や多言語に対応する化学物質管理向けコンテンツ・パッケージを提供開始

2011年3月31 日 by SAP News 0

化学物質・法規制情報、化学物質管理システム、基幹業務システムを統合的にサポートできる業界唯一のソリューションを提供

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、オンデマンド型の化学物質管理向けコンテンツ・パッケージ「SAP® EHS Regulatory Content(エスエイピー・イーエイチエス・レギュラトリー・コンテント」を本日より提供開始することを発表しました。本パッケージは、化学物質に関する最新の法規制や物質リスト、化学物質や混合物の分類のための条件式(ルール)や製品安全データシート(Material Safety Data Sheet, MSDS)(*1)作成のためのテンプレートを提供します。

今般、世界的な潮流として化学物質の適正管理に求められる水準が飛躍的に高まるにつれ、化学物質管理の体制強化が急務となっています。また、収益構造の海外シフトが鮮明化し、サプライチェーンにおける新興国の存在感が増加するにつれ、化学物質や法規情報の収集、提供が一段と複雑さを増しています。企業にとっては、次々と施行もしくは変更される各国・地域の法規制へ対応することは、コスト面でも時間面でも大きな負担となります。しかしながら、法規制逸脱による罰則や取引停止等の経営に対する重大な影響を未然に回避するためにも、最新法規制の理解に基づいた徹底したコンプライアンス対応が必須となっています。

SAP EHS Regulatory Contentは、SAP® ERPおよび、環境、安全、衛生に関する規制対応やコンプライアンス対応をサポートする製品群であるSAP® Environment, Health, and Safety Management(エスエイピー・イーエイチエス・マネジメント)向けのコンテンツ・パッケージです。これにより、化学品の調達、製造、販売、物流といった業務の流れにおいて必要な最新の規制対象化学物質に関する情報、各国・地域、グローバルにおいて正確な化学物質の分類や、規定の輸送用ラベルおよび書類の国別のテンプレートをオンデマンド・ソリューションで提供します。これにより企業は、現行および将来施行される法規制へのコンプライアンス遵守を迅速かつ効率的に行うことができ、統制と生産性を向上します。

本コンテンツ・パッケージが提供するコンテンツは下記のとおりです。


  • 法規制および物質リスト
    SAP EHS Management の機能であるProduct Safety (製品安全)とDangerous Goods(危険物質管理)を利用するための25万以上の化学物質や物質群の情報を関連する各国・地域の法規制情報と合わせて提供します。

  • 多言語で提供されるフレーズライブラリ
    GHS(Globally Harmonized System of Classification and Labeling of Chemicals、化学品の分類および表示に関する世界調和システム)を始めとするルールや規制に即した9000以上のフレーズ(*2)や絵表示をライブラリとして管理することができます。フレーズは、40ヵ国語以上に対応しています。

  • 化学物質や混合物の分類のためのルール
    化学物質データを計算し、分類するためのルールエンジンおよびエキスパートルールを提供します。各国・地域の化学品や危険物管理規制に基づいて計算を行い、分類や表示を決定します。


  • 製品安全性データシートのテンプレート

    各国・地域のMSDSテンプレートを提供します。またMSDSの自動作成を行います。

SAPは、化学物質管理ソリューション提供において業界で唯一、基幹系業務システムと完全に統合されたグローバルの化学物質・法規制情報を管理する仕組みをご提供します。化学物質管理システムが基幹業務システムと連携することにより、化学品の調達や生産、販売等の業務の流れの中で必要な情報を必要なタイミングでご提供するトータルソリューションが実現できるのです。これにより、企業の化学物質管理業務を標準化し、確かなコンプライアンス対応をご支援いたします。

以上

(*1)対象化学物質やそれを含有する製品を業者に提供する際に、化学物質の特性や取扱に関する情報を記述したレポート
(*2)化学品の危険有害性の性質や取り扱いにおける措置や応急措置、廃棄方法などを説明する文章

Tags: ,