SAPジャパン、Web会議ソリューションを活用して遠隔で受講できる双方向型のトレーニングサービス「バーチャルライブクラスルーム」の提供開始

2011年5月10 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、Web会議ソリューションを活用した双方向型のトレーニングサービスである「バーチャルライブクラスルーム(以下、VLC)」を5月30日より提供開始することを発表しました。これによりお客様は、インターネット接続を利用して自宅からでもオフィスからでも場所を問わず遠隔でSAPジャパンが提供するトレーニングコースを受講することができます。

これまでSAPジャパンでは、SAPトレーニング会場で受講できる通常のトレーニングと、インターネット経由で受講できるオンライン講義であるe-ラーニングを提供してきました。しかし、会場で行う講義の場合、東京・大阪などの大都市に集中しており、その他の地域のお客様が参加しにくかったこと、またe-ラーニングにおいても、講義を一方向に提供するのみで講義中の質疑応答など講師と受講生との双方向なやり取りができない、などの課題を抱えていました。

この度提供開始するVLCは、Web会議ソリューション(*1)を活用した遠隔で受講できる双方向型のトレーニングサービスです。トレーニングは生中継で提供され、お客様は通常のクラスルームトレーニングと同様にインターネットを通じて講義の受講や実機を使用するデモや演習を行うことができます。また、Web会議を通じて双方向のやり取りが可能であるため、随時質疑応答をしながら講義を進めることが可能です。さらに、Web会議で行われるため、参加する受講者の最大人数制限もありません(最少人数制限はあります)。これにより、お客様は、トレーニング会場まで出向く必要がなく、インターネット環境のある場所であれば日本全国あるいは海外からでも参加することができ、移動時間やコストの削減を行うことができます。

VLCとして提供するトレーニングコースは、プロジェクトチームメンバー向けのSAPシステム概要コース(レベル1)、財務会計などのソリューション概要・応用コース(レベル2、3)などがあります。
詳細はこちらからご覧ください。

SAPジャパンでは、今後VLCのトレーニングコースをさらに拡大して提供していきます。

以上

(*1)Web会議ソリューション:Web会議とオーディオを統合した、バーチャルミーティングルームソリューションであるAdobe® Acrobat® Connect™ Proを採用。