SAPジャパン、中堅中小企業向けエントリー版の最新アナリティクスソリューション「SAP® Crystal Server 2011」を提供開始

2011年10月6 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎富太郎、以下SAPジャパン)は、中堅中小企業向けエントリー版のアナリティクスソリューションの最新版である「SAP® Crystal Server(エスエーピー・クリスタル・サーバー)2011注1)」を本日から提供開始することを発表します。

最新版のSAP Crystal Serverでは、最新版のビジネスインテリジェンス・ソリューションであるSAP® BusinessObjects™ Business Intelligence 4.0(以下、SAP BusinessObjects BI)で提供され実績のあるデータ検索やダッシュボードなどの機能を新たに提供できるようになります。これにより、SAP Crystal Serverはレポーティング機能に限定されていた過去のバージョンから大きく飛躍し、中堅中小企業向けにデータ活用や情報分析の機能を提供します。

本ソリューションは、SAP BusinessObjects BIの特長の1つである「ユニバース」との連携が可能になります。ユニバースとは物理的に分散されたデータソース間の仮想的なデータ統合を実現する機能で、これによりダッシュボード、データ検索、レポーティングに至る中堅中小企業で必要とされるビジネスインテリジェンスの要件を一貫して提供することができるようになります。
具体的には、SAP® BusinessObjects Explorerのデータ検索機能が提供され、ユーザーは最適化されたレイアウトの中でキーワードを入力するだけで、様々なデータソースから最も関連性の高い情報を瞬時に検出することができ、効果の高いデータ活用が実現できます。また、これまでのレポーティング機能注2)に加え、データ構造を意識することなく日常のレポート作成を行うことができる新しい選択肢を提供します。これにより、レポート作成の利便性が大きく向上します。

なお、SAP Crystal Server 2011の提供価格は332,700円から(税抜、5指定ユーザーライセンス)です。

SAP Crystal Server 2011を含むSAP Crystal Solutionに関する詳細はこちらをご覧ください。

以上

注1) SAP Crystal Server:旧称「SAP Crystal Reports Server」は最新版の提供で製品名称が変更になりました。
注2) SAP Crystal Server上でレポーティング機能を提供していた従来のSAP® Crystal ReportsはSAP Crystal Reports 2011として今後も提供されます。

Tags: , , ,