【参考資料】SAP、ビジネスプロセスの統合とオープンな開発環境を実現する最新ソリューションを発表

2011年11月29 日 by SAP News 0

「SAP NetWeaver® Process Orchestration」と「SAP NetWeaver® Gateway」によって、強力な統合機能とオープンなユーザーエクスペリエンスを実現

(本リリースは、11月9日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、SAP NetWeaver®の最新バージョンである
SAP Enhancement Package 1 for SAP NetWeaver 7.3(SAP NetWeaver 7.31)の提供を開始します。本バージョンでは主にビジネスプロセス統合のための「SAP NetWeaver Process Orchestration(エスエーピー・ネットウィーバー・プロセス・オーケストレーション)」に関する機能強化が図られています。

SAP NetWeaver® Process Orchestrationソフトウェアは、今日のビジネスプロセス管理製品、ビジネスルール管理製品、プロセス統合製品、企業間(B2B)統合製品のメリットを兼ね備えたソリューションです。また、一般向けに提供を開始している「SAP NetWeaver® Gateway(エスエーピー・ネットウィーバー・ゲートウェイ)」テクノロジーによって、開発者は、あらゆる環境やデバイスでソリューションを開発するためのSAPソフトウェアへのオープンなアクセスが得られます。これらの製品提供により、SAPでは、IT環境全体を通じて統合され、整合性の取れた「オーケストレーション(連携)」のビジョンを、市場で現実のものとしています。

SAP NetWeaver Process OrchestrationとSAP NetWeaver Gatewayは、お客様の大規模なイノベーションを混乱なく実現するというSAPのビジョンを示すソフトウェアです。これらの製品により、お客様やパートナーが、SAPソフトウェアを使用してできることの範囲が大幅に広がります。オンプレミス、オンデマンド、オンデバイスのいずれの展開方式でも、SAPの各種ソリューションは協調的に動作し、中堅・中小企業や大企業およびビジネスネットワークの独自ニーズに応えることで、シームレスなプロセスと情報の組織化を保証します。

SAP NetWeaver Process Orchestrationによる、展開・統合オプションの拡大
包括的な統合ソリューションであるSAP NetWeaver Process Orchestrationは、異機種混在型のIT環境を通じ、モデリングから実装までのビジネスプロセスのライフサイクル全体を管理します。その結果、統合コストを削減し、システム間の連携を高めることで、ユーザーはかつてないオープンなコラボレーションができるようになります。

本製品は、企業の業務プロセスを可視化・簡素化し、継続的な改善を実現できるビジネスプロセス・マネジメント・ソリューションであるSAP NetWeaver ® Business Process Managementとサービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースのビジネスプロセス統合管理を実現するSAP NetWeaver® Process Integrationのコンポーネント、および競合他社との差別化が必要とされる事業領域で環境変化に対応可能な業務プロセス管理と、決済権限などの社内で規定されたルールを遵守して運用が求められる業務ルール管理を統合開発することができるSAP NetWeaver® Business Rules Management製品の新機能が、単一の統合パッケージとして提供されるものです。SAP Enhancement Package 1 for SAP NetWeaver 7.3はこのビジネスプロセス統合に焦点を当て機能強化を図ったものとなります。

世界最大の洗面装置メーカーであるTOTO株式会社や、ドイツ最大の健康保険プロバイダーであるAOKなど、SAP NetWeaver Process Orchestrationを早期に採用したお客様は、すでに効率的なビジネスプロセスを実現しています。

SAP NetWeaver Gatewayによるアプリケーションの開発環境を発表
あらゆる環境やデバイスからSAPアプリケーションへのオープンなアクセスを可能にするSAP NetWeaver Gatewayテクノロジーで、開発者は開発プラットフォームを選択し、利用することで、自らのSAP環境と直接連携するアプリケーションを開発できます。アプリケーション開発を簡素化することで、新しいユーザーや環境向けに、さらに革新的なソリューションをより短期間で開発できるようになります。SAP NetWeaver Gatewayは、ソーシャル、Web、オンデマンド、オンデバイスなど、ユーザーと開発者の広範な要件に対応できるよう設計されています。SAP NetWeaver Gatewayを開発者の手に委ねることで、多くの人々がビジネスアプリケーションのデータを利用できるようになります。

SAP NetWeaver Gatewayですでにアプリケーションを展開・稼働中のお客様として、インド最大の塗料メーカーであるAsian Paints社が挙げられます。同社は現在、SAP NetWeaver Gatewayを使用して、SAP® Customer Relationship Management(SAP CRM)によるソーシャル・メディア・キャンペーンを実施しています。SAPテクノロジーは、Asian Paints社に対し、新たなリード(見込み客)とビジネス機会を創出しています(注)。

オープンな開発環境へのサポートと、開発者コミュニティの能力の拡大に向け、SAPは、SAP NetWeaver Gatewayのパッケージ済みの試用版を発表しており、これは現在、「SAP ® Community Network」で無償ダウンロード公開中です。さらに、アドビ システムズ社は、SAPアプリケーション向けのリッチクライアントアプリケーションを容易に構築可能な、「Adobe Flash Builder Plugin for SAP NetWeaver Gateway Services」のパブリック技術プレビューを公開しています。

以上

(注)詳細については、「Asian Paints: SAP NetWeaver Gateway Pilot Customer Testimonial Video(アジアン・ペインツ:「SAP NetWeaver Gateway」のパイロット運用のお客様による証言ビデオhttp://www.sap.com/demos/richmedia/media/asian-paints-hana-customer-testimonial-video.epx」をご覧ください。

Tags: ,