シャープの経営管理システムにSAPのインメモリ型ソフトウェアSAP HANA™を採用

2012年1月25 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎富太郎、以下SAPジャパン)は、シャープ株式会社の経営管理システムに、SAPのインメモリソフトウェアSAP HANA™が採用されたことを発表します。

シャープでは、全世界60カ所以上に拡がる各拠点から提供される日々の売上や経営情報を、役員や管理部門長などが一目で把握する経営管理システム「経営コックピット」を稼働させ、経営管理に活用しています。今回、SAP HANAの採用により、「経営コックピット」上のポータル画面から、刻々と変化する全世界の経営管理情報をリアルタイムで把握することができるようになります。また、タブレットPCやスマートフォンといった携帯端末からもアクセスできるようにする予定です。

シャープの経営システム担当部門であるITシステム推進センター所長の端坊辰彦氏は次のように述べています。「弊社では、激化する企業間の競争に打ち勝つため、常に世界各拠点の経営情報を集約し、それを瞬時に把握して次の戦略の裏づけになるデータを取得できるシステムの構築を模索していました。従来型データベースでの「経営コックピット」では、バッチ処理と時差の関係もあり、全世界の管理情報を収集するには2日間を要していました。しかし今回、SAP HANAの導入を検討し、既存システムを再現した実証実験の結果、グローバルに時差も関係なく、リアルタイムの全拠点情報収集、大量データの瞬時検索、従来出来なかった複雑な検索などができることを確認しました。これは、インメモリ型ソフトウェアという革新的な技術による情報革命であり、ビジネススタイルの変革に大きく貢献するものです。」

以上

Tags: , ,