【参考資料】SAP、データベース市場でのリーダーシップ拡大に向け、リアルタイム・データ・マネジメントに関する戦略を発表

2012年5月9 日 by SAP News 0

SAP HANA®のデータベース・インメモリ技術を中心とした、SAPの統合リアルタイム・データ・プラットフォーム製品群を展開

(本リリースは、4月10日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、データベース市場とモバイル市場の変革を支援するためのイノベーションロードマップを発表しました。SAPのエグゼクティブボードメンバーでテクノロジー&イノベーション担当のビシャル・シッカ(Dr. Vishal Sikka)は、Sybaseの完全統合を強調したほか、「SAP HANA®」プラットフォーム、Sybaseのデータ管理製品群、エンタープライズ情報管理(EIM)向けSAPソリューションを軸とした、SAPのリアルタイム・データ・プラットフォームに関するビジョンを発表しました。また、リアルタイム・データ・プラットフォーム向けに以下からなる最新のイノベーションも発表しました。


  • 「SAP NetWeaver® Business Warehouse (SAP NetWeaver BW) powered by SAP HANA」コンポーネントの一般提供開始

  • 「SAP® Business Suite」アプリケーション向けデータベースの選択肢となる「SAP® Sybase® Adaptive Server® Enterprise(ASE)」の一般提供開始

  • この最新プラットフォームを活用する新興企業向けの1億5,500万米ドル規模のベンチャーファンドと、SAP HANAに移行するお客様を対象とした3億3,700万米ドルのインセンティブ・プログラムの開設計画

SAPスーパーバイザリーボード会長のハッソ・プラットナー(Hasso Plattner)は、次のように述べています。「当社はSAPとSybaseのイノベーションと専門知識を融合させることで、データベース市場のあり方を再定義しています。その中核に位置するのが、革新的でありながら実績もあるインメモリデータベースのSAP HANAです。これによってお客様は、これまでの最大10万倍という前例のないスピードで情報にアクセス、あるいは提供できるため、全く新しい経営手法を思い描くことができます。お客様は既存のシステムをより効率的に実行すると同時に、新たな技術を簡単に組み込むことができます」

トランザクションとアナリティクスの全てのワークロードに対して、単一の論理的なリアルタイムプラットフォームを提供する、というビジョンの拡大に向け、SAPは今後、業界をリードするSybaseのデータ管理・移動製品を活用していきます。SAP製品とSybase製品の先進的かつスムーズな統合により、お客様は、データのトランザクション、移動、保存、処理、分析をリアルタイムで行うという、これまでにない機能を活用できると同時に、共通のデザイン機能やランドスケープ管理機能によってコストを削減することができます。SAPのリアルタイム・データ・プラットフォームは、多階層の複雑な状態を簡素化し、次世代の「ビッグデータ」向けアプリケーションとアナリティクスで圧倒的な機能を実現しつつ、クラウドとモバイルのアプリケーションを強力にサポートします。これらはすべて、お客様のビジネスの遮断を最小限に抑えた形で行われます。

データベース市場でのリーダーシップを2015年までに拡大するために、SAPはロードマッの詳細と、データベースポートフォリオの戦略的イノベーションおよび投資について、以下の通り発表しました。


  • SAP HANAプラットフォーム:この最先端のインメモリプラットフォームは、SAPのリアルタイム・データ・プラットフォームの核として、次世代アプリケーションに最高のパフォーマンスとイノベーションを与えるものとして計画されています。

  • SAP Sybase ASE:SAP Sybase ASEは、SAP Business Suiteアプリケーション向けにサポートされているオプションとすることを意図しています。一方SAP HANAは、リアルタイムレポーティング機能によりSAP Sybase ASEの超高トランザクションを補強することが計画されています。

  • SAP® Sybase IQ®サーバー:SAP Sybase IQは、総所有コスト(TCO)を極めて低く抑え、「ビッグデータ」のアナリティクスのためのデータ管理を行うことが計画されています。また、アクセスされていない古いデータを高度に保存するためSAP HANAとの先進的な連携機能が計画されています。SAP Sybase IQはSAP HANAプラットフォームと共通の機能とライフサイクル管理を共有するものとして考えられています。

  • SAP® Sybase® SQL Anywhere:この市場をリードするモバイル向けの組み込みデータベースは数百万台に配布されており、SAP HANAプラットフォーム向けのフロントエンドデータベースとして計画されています。これによって、リアルタイムのモバイル向け組み込みアプリケーションにまで拡張できます。

  • SAP® Sybase® PowerDesignerソフトウェア:データモデリング、情報アーキテクチャ、オーケストレーションの旗艦ソフトウェアであり、SAPのリアルタイム・データ・プラットフォーム向けモデリングソリューションの基盤となることが計画されています。これによって、基本的な専門知識をお客様に提供します。なお、Ford Motor Company社は、データのモデリングと管理を推進し、すべての論理・物理モデリング機能を一元管理するため本ソフトウェアを採用したばかりです。

  • SAP® Sybase® Event Stream Processor(ESP)ソフトウェア、SAP® Sybase® Replication Server、SAPのEIM向けソリューション:これらの製品を組み合わせることで、データの評価を行い、バッチ、リアルタイムの変更データキャプチャとストリーミングデータをSAPのリアルタイム・データ・プラットフォームに統合する計画です。

  • SAPのリアルタイム・データ・プラットフォームとHadoopとの連携機能:SAP HANAとSAP Sybase IQは、Hadoopなどの「ビッグデータ」ソースへのアクセスをサポートすることが計画されています。これにより、統合データインフラストラクチャを提供します。

「SAP NetWeaver Business Warehouse Powered by SAP HANA」が一般提供開始
SAP NetWeaver Business Warehouse powered by SAP HANAは、2011年11月7日にランプアップ出荷を開始しており、その後5カ月間で一般提供開始に必要な基準を達成しました。ランプアップ出荷のお客様からは、クエリ性能、ロード時間の大幅な削減、データ規模の圧縮で大幅な向上が報告されており、保存・バックアップされるデータ量を大幅に削減しました。これは、データウェアハウジングとアナリティクスの両方の使用事例でSAPのリアルタイム・データ・プラットフォームを実現するための第一歩です。

上海フォルクスワーゲンのディレクター補佐を務めるウェイジュン・チャン(Weijun Zhang)氏は、次のように述べています。「エンタープライズクラスの堅牢なデータプラットフォームで稼働するサプライチェーンを可視化して、お客様の需要とマーケティングプロモーションを結びつけるリアルタイムの洞察力は、私たちの業界になくてはならないものです。SAP HANAについては、SAP NetWeaver BW powered by SAP HANAによるエンタープライズ・データ・ウェアハウス・ソリューションを劇的に向上できるとみています。従来型のディスクベースのデータベースプラットフォーム上でSAP NetWeaver BWを実行すると結果が得られないまま最大20分も待たされたのに対し、SAP HANAではクエリ結果を45秒で得られ、データのレイテンシーが大幅に削減されるとともにスピードも大きく向上しています。

レノボ北京のGMグローバル・アプリケーション開発担当バイスプレジデントのシャオユー・リュー(Xiaoyu Liu)氏は、次のように述べています。「SAP HANA上でSAP NetWeaver BWを稼働させることは、レノボにとって大きな節目となる出来事です。高度な経営報告機能とアナリティクスレポーティング機能が大幅に高速化・向上しており、我々は、エンド・ツー・エンドのビジネスの効率性、生産性、俊敏性を向上させることで市況の変化に素早く対応していくことができます。SAP HANAの迅速な導入により、ビジネスを中断させることなく、これらをレノボ社において現実のものにすることができます。我々は引き続き、No.1ビジネスを実現するためSAP HANAを活用していきます。」

「SAP Business Suite on SAP Sybase ASE」を4月に一般提供開始
SAP Business Suite on SAP Sybase ASEにより、SAPは新規および既存のお客様に対し、エンド・ツー・エンドのアプリケーションやデータベースソリューション、また統合したメンテナンスや同時リリースも合わせて提供するという取り組みを行い、最適な連携機能を提供する計画です。SAPのリアルタイム・データ・プラットフォームの不可欠な要素として、SAP Sybase ASEがSAPアプリケーションに対応します。SAP Sybase ASEは、様々な業種を対象としたミッションクリティカルなトランザクション環境で、25年以上の使用実績を誇り、現在3万以上のお客様に使用されています。これらのお客様は高いロイヤリティーとコミットメントを表明しており、顧客満足度評価は97%を誇り、すぐれたパフォーマンス、信頼性、世界トップクラスの技術サポート、所有コストの低さが評価されています。SAP Business Suite on SAP Sybase ASEを本番環境で導入中のお客様はすでに、こうしたメリットを享受しています。

El Machetazo社の最高情報責任者(CIO)であるホアン・スタッグ(Juan Stagg)氏は、次のように述べています。「全体的なコストを引き下げ、経営の俊敏性を高めると同時に、可用性とパフォーマンスの高い環境でシステムを提供する必要性に後押しされ、当社はSAP ERPをSAP Sybase ASEへと移行しました。1社のパートナーでこれらの目標を達成できることから、El Machetazoにとってこれが最高のソリューションであることが分かりました。SAP ERPの移行の驚くべきメリットの1つとして、SAP Sybase ASEへの移行の迅速さ・スムーズさがありました。移行期間に要したのは数日間・数週間ではなく数時間であり、予想の半分ですみました」

新興企業向けの1億5,500万ドルのベンチャーファンドと、3億3,700万ドルのデータベース採用プログラム
新興企業コミュニティでのイノベーションの強化に向け、SAPは、SAP Venturesの運用による1億5,500万ドルの新たなファンドを設立します。ファンドの名称は「SAP HANA Real-Time Fund」を予定しており、リアルタイムアプリケーションの開発を重視する企業家や投資家のエコシステムを育成・支援するために使用されます。この発表は、パロアルトで3月に開催され、SAP HANAプラットフォームを活用する新興企業24社が紹介された、第1回『SAP Startup Forum』に続くものです。

さらに、SAPはゲーム・チェンジングなイノベーションの公約を果たしています。同社はお客様から寄せられる情報に基づき投資の優先順位を決定しており、お客様によるSAP HANAおよびSAPのリアルタイム・データ・プラットフォームの採用促進に向け、3億3,700万ドルの「SAP HANA Adoption Program」を開設しました。レガシーデータベースから移行する新たなお客様向けには、SAP HANAの採用と導入を目的とする「SAP® Consulting」サービスへの投資を行います。これとは別に、SAPはSAP HANAの導入を完了したお客様に対するコミットメントを表明しており、満足いただけない場合には、最大18カ月間、SAP HANAライセンスからそれ以外の過去にライセンスされたSAP製品へ交換できるプログラムを活用することができます。

ビシャル・シッカは、次のように述べています。「SAPのビジョンの中心となるのはデータ管理のパラダイムシフトです。すなわち、組織の目標を達成しようと奮闘している企業のIT部門の複雑で遅い環境に変革を及ぼし、こうした環境をシンプルなアーキテクチャに変えることで、既存のアプリケーションをスムーズにリニューアルできるだけでなく、『ビッグデータ』、クラウド、モバイルの分野でこれまでにないタイプのアプリケーションを実現します。最近のプロセス、メモリ、ネットワーキングの技術進化により、こうしたビジョンは現実のものとなっています。」

Tags: ,