SAPジャパン、機能拡張したモバイル統合管理プラットフォームを提供開始

2012年7月25 日 by SAP News 0

BYODを支えるモバイルアプリケーションの配布制御、Samsung製モバイル端末向けの高度なセキュリティリティ機能を追加

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、モバイル端末やネットワークなどを管理するMDM(モバイル・デバイス・マネジメント)とモバイルアプリケーションを効果的に管理するMAM(モバイル・アプリケーション・マネジメント)の統合基盤ソリューションであるSAP® Afaria®(エスエーピーアファリア)を機能拡張する最新版のサービスパック(SP1)を本日から提供開始します。
今回提供する最新サービスパックでは、企業がSAP Afariaで管理するモバイル端末上にあるモバイルアプリケーションの配布および削除を行う機能を追加しました。また、モバイルユーザー自身がモバイルアプリケーションの登録や管理を行うことができるセルフデバイス管理ポータルのカスタマイズ機能も強化しています。これらの機能により、BYOD(Bring Your Own Device:私物端末の業務利用)の促進を支援します。
また、Samsung製モバイル端末を対象に、企業向けの高度なセキュリティ機能も追加しました。これにより、セキュリティをさらに高く維持したい企業のモバイル化を具現化し、モバイルユーザーの利便性と効率の向上を実現することができます。

昨今、企業におけるモバイル端末の活用と私物スマートフォンの保有率の増加が進み、時間、場所、モバイル端末を問わず、リアルタイムに企業情報へアクセスし、様々な業務を行うワークスタイルが求められています。そのため、適切なモバイル環境の管理と高度なセキュリティ保護がこれまで以上に必要とされています。SAP Afariaの最新版サービスパックは、BYODを実行する上で主に懸念される情報漏えいの防止策として、企業が提供したモバイルアプリケーションの利用停止などのセキュリティ対策をサポートし、エンドユーザーが利用する個人の管理ポータルをIT担当者がカスタマイズすることで、モバイルエンドユーザーの利便性を高め、ITコストの削減と生産性の向上を支援します。

最新版サービスパックでは、BYODのiOSとAndroid対応のモバイル端末に対して、企業が利用を推奨するモバイルアプリケーションをプロファイル(設定情報)注1)と一緒に配布し、iOSモバイル端末のモバイルユーザーが退職する際には、モバイル端末からアクセスした業務データをリモートで削除することが可能です。例えば、企業は推奨アプリケーションの使用期限日を設定したり、BYODで利用していたiOSモバイル端末の有料アプリケーションを会社が購入負担する場合でも、社員が退職する際に削除したりできるため、データ漏えいに関するセキュリティを担保できると同時にコスト削減にも役立ちます。そして、モバイル端末の管理画面上でモバイル端末の登録や削除、リモートロックやワイプ(遠隔操作で端末に保存されているデータを削除する機能)などの機能に加えて、作業手順等の表示をカスタマイズする機能を追加したことで、モバイル端末管理画面上でのモバイル端末の登録や管理をユーザー自身が簡単に行うことができます。
また、Samsungとの協業により、Samsung製の企業向けモバイル端末に対応したセキュリティ管理機能を提供することで、ブラックリスト(利用不可)やホワイトリスト(利用許可)などの制御を含むアプリケーションポリシー、一般設定のユーザーによる変更許可、SDカードやUSBマスストレージ(PC接続によるデータ利用)などの利用制限ポリシーが本端末専用に拡張され、セキュリティレベルがさらに向上されました。これにより、企業のスマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末を効率的に、かつセキュアに管理することができます。

SAPジャパンはMDM、MAMをはじめとする業界で最も包括的な、堅牢で合理化されたリーディングソリューションをお客様に提供するために、今後もイノベーションを推進していきます。

以上

注1)プロファイル(設定情報):企業が認定したアプリケーションに対して、会社とのシステム連携を許可する設定が含まれます。例えば、アプリケーションの証明書や使用期限です。プロファイルが配布されることで、モバイルユーザーはセキュリティが担保されたアプリケーションを利用することができ、IT担当者は使用期限の切れたアプリケーションの利用停止を行うことができます。

Tags: