【参考資料】フォレスターリサーチがSAPをAdvanced Data Visualizationのリーダーと評価

2012年8月16 日 by SAP News 0

(本リリースは、7月31日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、米国の調査会社であるフォレスターリサーチがSAPを同社の7月の報告書「The Forrester Wave™: Advanced Data Visualization Platforms, Q3 2012」の中でリーダーと位置付けたことを発表しました。フォレスターは、SAPの持つ先進的なデータ可視化(ADV)ビジネスインテリジェンスの幅広さがリーダーシップのポジションを確実にした、と述べています。

報告書によると、「SAP® BusinessObjects™は、優れたビッグデータのADVを提供しています。インメモリーは、考えるスピードで答えが求められている今日においてADVゲームとも言われています。ところが、多くの他のインメモリーDBMSエンジンが、一度に数百GB以上の分析の限界を超えられないでいます。この限界に対処するのが、トップレベルの探索やデータディスカバリー機能を備え、SAP HANA®インメモリーアプライアンス上で動くSAP BusinessObjects ExplorerとVisusal Analyticsとの組み合わせで、他社製品を大きく引き離しています。」(注1)

SAP BusinessObjects Explorer®とSAP HANA®を連携して利用することで、データサイズにかかわらず、ユーザーは考えるスピードで「ビッグデータ」を利用できるようになります。SAPは、社員や業務部門が情報をビジュアル化し分析して個人やグループの意思決定に活用するためのソフトウェアであるSAP® Visual Intelligence(注2)を最近発表し、ADV機能を強化し続けています。これらのソリューションによって、IT部門が構築しメンテナンスしてきた既存のデータを活用すると同時に、専門的な技術力がなくても各自がデータディスカバリーを行うことができる真のセルフサービスBIを実現します。また、SAP BusinessObjects Dashboardsによって、瞬時かつインタラクティブに、明確で分かりやすいメトリックスへアクセスすることで、意思決定者は簡単に洞察力を得ることができ、将来のビジネスシナリオを試すことができます。

以上

注1:Forrester Research Inc., 「The Forrester Wave™: Self-Service Business Intelligence Platforms, Q32012, “ July 17, 2012

注2:SAP® Visual Intelligenceは、日本では年内の提供を予定しています。

Tags: ,