【参考資料】SAP、ガートナー社による Enterprise Governance, Risk and Compliance (EGRC) 分野のマジッククアドラントにおいてリーダーと評価

2012年10月11 日 by SAP News 0

(本リリースは、10月10日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、米ガートナー社がSAPをMagic Quadrant for Enterprise Governance, Risk and Compliance (EGRC) Platforms for 2012レポート(注1)において、 「リーダークアドラント」と位置付けたことを発表しました。このレポートの中で、SAPの実行力とビジョンへの完璧さが挙げられています。SAPのGRCを含むソリューションは、モバイル、クライド、デスクトップからの安全なアクセスを通じて、ユーザーが即時に正しいデータを入手し、正しいタイミングで決断することを可能にします。

このMagic Quadrantの評価は、2011年7月より一般提供しているSAP® Risk Management and SAP® Process Control applicationsの10.0バージョンに基づいています。

SAPのアナリティクス部門、シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるジョン・シュバイツァー(John Schweitzer)は次のように述べています。「SAPは、お客様が企業の危機やコンプライアンスを効果的に管理するためのイノベーティブソリューションを提供することに真剣に取り組んできました。このレポートで好評価されたことは、我々のこれまで取り組んできたことの証です。SAPがすでにリーダーとされているビジネスインテリジェンス、コーポレート・パフォーマンス・マネジメント、データインテグレーション、データウェアハウス、コンティニュアス・コントロール・モニタリング、コンプライアンスに、さらにリーダーとなる分野が追加されたことになります。」

以上

注1:Gartner “Magic Quadrant for Enterprise Governance, Risk and Compliance Platforms,” French Caldwell, John A. Wheeler, Oct. 4, 2012

Magic Quadrantについて

ガートナーは調査出版物で取り上げたベンダー、製品やサービスを支持するものではなく、テクノロジーユーザーに対し、高く評価されたベンダーを勧めるわけではありません。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査機関の意見をまとめたもので、事実を記述したものと解してはなりません。ガートナーはこの調査に関わる、明記、または暗示されたすべての保証、商品性の保証や特定目的への適合性を放棄します。

Tags: