SAP HANA® OneプラットフォームをAmazon Web Services上で提供開始

2012年10月22 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、Amazon Web Services (AWS) Cloud上での本番業務運用について認定を受けたSAP HANA®のソリューションである「SAP HANA Oneプラットフォーム」を提供開始することを発表します。本ソリューションは、AWS Marketplaceより提供されます。

この発表は、SAP HANA上でのリアルタイムのビジネスを可能にし、またより多くの企業、独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)、およびスタートアップ企業が、SAP HANA上でソリューションを構築することを目的としたSAPの取り組みにおける大きな一歩です。

SAP HANA Oneは、柔軟性に富んだAWS Cloud上で本番業務運用可能なオプションとなり、AWSにより、先進的なハードウェア上にインスタンスあたり60GBのRAMが載せられて提供されます。SAP HANA Oneは、従来アプライアンスとしてプリインストールされ提供されてきた、SAP HANA Platform Editionのフルバージョンと全く同じものを提供します。これによって、規模の大小を問わずすべての企業がビジネス・クリティカルな、あるいは消費者接点のアプリケーションをSAP HANA上で構築し、SAP HANAがサポートする、インメモリによるトランザクションとアナリティクス関連のデータ処理のパワーを活用できるようになります。今回の発表においてSAPは、エンタープライズ、スタートアップ企業、およびISVへの取り組み姿勢をさらに強化しました。SAPは、SAP HANA One on AWSを通じ、これらの企業による幅広い独創的なアプリケーションの迅速でコスト効率に優れた提供を可能にします。開発者はAWS Marketplaceオンライン・ストアに直接アクセスし、AWS Cloud上で実行されるソフトウェアを検索、購入することにより、SAP HANAを起動させ直ちに利用を開始することができます。SAP HANA One on AWSの利用料金は、1時間あたり0.99米ドルとなっています(※SAPソフトウェア部分のみの料金)。

Amazon Web Servicesのシニア・バイスプレジデントであるアンディ・ジャシー(Andy Jassy)氏は、次のように述べています。「企業がAWS上でSAPソフトウェアを実行できるようにするための取り組みを続ける中で、SAPはAWSの重要なパートナーであり続けてきました。今回両社が連携を拡大したことにより、お客様はリアルタイムのビジネスニーズのための強力なソフトウェアに迅速にアクセスできるようになりました。これによって規模の大小を問わずすべての企業がSAP HANA Oneをわずか数分のうちにクラウド上に展開し、このソフトウェアを1時間あたりわずか0.99ドルの費用で利用できるようになりました。必要な資金の不足、人的資源の不足、あるいは妥当な期間内にサービスを提供開始できないために計画段階に留まり未だ実現しない優れたアイデアが数多く存在します。SAP HANA Oneによるインメモリのトランザクションおよびアナリティクス関連のデータ処理と、設備投資を行うことなく時間単位の料金で直ちに利用でき、かつ信頼性の高いAWSを組み合わせたことにより、多くの企業にこのようなアイデア実現のための可能性が生まれました」

以上

Tags: , ,