SAPジャパン、リアルタイム・ワン・トゥ・ワン・マーケティングを実現するSAP® Precision Retailingを提供開始

2012年10月23 日 by SAP News 0

大量データを瞬時に処理するSAP HANA®を基盤に採用し、
費用対効果の明確なO2O、値引きに頼らない販促を実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、小売業界など消費者との直接の接点を持つ業種を対象にリアルタイム・ワン・トゥ・ワン・マーケティングを実現するソリューション「SAP® Precision Retailing(エスエーピー・プレシジョン・リテーリング)」を本日より提供開始します。SAP Precision Retailingは、超高速のインメモリデータベースであるSAP HANA®を基盤に、スマホアプリ、ビジネスインテリジェンス、リアルタイムオファー管理などの最新の技術を組み合わせ、クラウドで提供します。大量データを瞬時に処理するSAP HANAを採用したことで、数百万人の買物客に対して、数千のオファーの中から最適なものをリアルタイムに選ぶことができます。

SAP Precision Retailingを利用すると、消費者にとっては、より個人のニーズや好みに即したオファーを受けることができます。小売業などは、過去履歴に基づくタイムリーなオファーを出すことにより、アップセル、クロスセル(注1)、PB(プライベートブランド)への変更などを通じて、値引きに頼らない販促や、客単価の増加を実現することができます。

(注1):アップセルとは既存顧客に「より上位のもの」を購入してもらうこと、クロスセルは「別な商品」も購入してもらうことを意味する。

SAP Precision Retailingを利用する小売業は、まず買物客にスマートフォンアプリケーション「お買い物リスト」を配布します。買物客は今日買おうとしている品目を「お買い物リスト」に入力しておきます。消費者が来店すると、SAP Precision Retailingは、リストにある品目に対し、その買物客の購買履歴に基づく傾向や嗜好と、品目ごとの売れ行きの動向、併売実績、在庫状況、および時刻などの情報を瞬時に照らし合わせ、その消費者に対して最も有効と思われるオファー(レコメンド)を十数個提示します。

たとえば「毎週買っているヨーグルトがリストから漏れていればリマインド(購買履歴)」「魚をよく買っている人に新鮮なサンマを(傾向分析)」「カレールーを買った人には福神漬けを10ポイント付きで(併売)」「先週あるフランスワインを買った人には翌週はこのチリワインを(類似商品)」などです。

SAP Precision Retailingは、顧客が売り場で商品を手にするそのタイミング(スマホの買い物リストにチェックを入れる瞬間)で個々にパーソナライズしたオファーを提示し、顧客の購買行動にダイレクトに情報を提供し、影響を与えることができます。

ユーザーの過去履歴を蓄積してそれに応じたバナー広告を出すなどのリアルタイム・ワン・トゥ・ワン・マーケティングは、ECサイトではすでに一般化されています。しかし実店舗においては、店頭にいる消費者個々人をレジ精算時まで識別する方法がなかったこと、レコメンドを届ける手段がなかったことから、実施されていませんでした。SAP Precision Retailingはこの状況を一変させます。

昨今は、O2O(Online to Offline、スマホなどのネット上から消費者を店頭へ誘導する施策)が注目されていますが、その施策の大半は「店頭に誘導する」ところまでで、その後「具体的な購買にどう結び付けるのか」については考慮しておらず、販促効果がはっきりしないものがほとんどです。しかしSAP Precision Retailingはそうした施策とは異なり、具体的な購買を目的として消費者を誘導する販促のための手段と言えます。

SAP Precision Retailingは、SAPと、11,000店舗・売上約3兆円の大手小売業、世界的な化粧品会社の3社の共同開発から生まれました。両社ではすでに実店舗でのパイロットを実施しており、例えば、クーポン利用率が従来比8倍、客単価16%増など、確実な成果が出つつあります。さらにSAP Precision Retailingは小売業・消費財メーカーに限らず、消費者との接点を持つあらゆる業種に適用が可能であり、交通、金融、カード、テレコム、アパレル、自動車、ガソリンスタンドなどの業界の企業がすでに興味を示しています。

以上

Tags: , , , ,