2013年 年頭所感お客様のビジネスが「革新」を起こす真のイノベーションを支援

2013年1月4 日 by SAP News 0

~ 経済、社会がさらにリアルタイム化し、時代の動きに迅速かつ積極的に対応する企業が増加する ~

Tokyo新年明けましておめでとうございます。

2012年は、当社にとって非常に重要な年でありました。
真のリアルタイム経営を実現するインメモリープラットフォームのSAP HANA®を展開してから2年が経ちますが、国内の大手企業をはじめ、新興企業まで、旧来の基幹業務システムを一新し、SAP HANAを中心とした革新的なシステムへ移行する動きが多く見られました。さらに、企業経営で事業構造、業務プロセスにおいて大幅な改革を行うトランスフォーメーションの必要性も増えてきています。

スマートフォン、タブレットPCなどの普及がさらに加速し、ビジネスだけでなく、社会全体が「真のリアルタイム」の時代に突入しています。そうした中、国内だけでなくグローバルの拠点を含む企業全体の状況をリアルタイムに把握し、最終顧客の要求にいち早く対応できる体制を整えることが今後の企業運営で不可欠である、とお考えになる先進的な企業が増えてきたと言えます。

今年は、さらに多くの企業が真のリアルタイム経営の持つ価値に着目し、イノベーションを起こされると考えています。従来、イノベーションとは、製品やソリューションを指すことが多いと思いますが、私たちの考えるイノベーションとは「私たちのお客様が、そのお客様や社員、取引先や社会に対して革新的な体験を提供するようになる」ことと捉えています。

お客様がイノベーションを起こすご支援をするために、私たちは、常に最終消費者を意識した、デザインシンキングを用いたSAP独自の方法論とインメモリー、モバイル、クラウドなどの技術を駆使して、お客様のイノベーションをご支援できると確信しています。

この全く新しい発想で価値を提供するイノベーションと根本的な構造改革を目指すトランフォーメーションを合致させる事で、お客様のビジネスに革新を起こし、今までになかった斬新な方法により、真のリアルタイム経営の実現をご支援していきます。

そのためには、お客様が何を考え、何を悩んで、何を求めていらっしゃるかを正しく理解し、「スピード」と「フレキシビリティ」を持ってご支援していくことが重要だと考えています。同時に、それぞれの得意分野をお持ちのパートナー企業様と、より一層強固に連携することで、お客様のニーズに応えてまいります。

今年も宜しくお願い申し上げます。

以上

Tags: