「スマートシティプロジェクト」に東芝が参加環境に配慮した総合エネルギーシステムの提供を積極的に展開

2013年1月22 日 by SAP News 0

Tokyo株式会社東芝は、社会インフラシステム事業およびスマートコミュニティ事業で培ったノウハウを活かし、「スマートシティプロジェクト」と共に、豊かな未来の街づくりに積極的に貢献してまいります。

■ 「世界25社の連携で取り組んでいるスマートシティプロジェクト」

スマートシティ(*エネルギー効率の向上、省資源化の徹底、市民のライフスタイルの転換などを複合的に組み合わせた環境配慮型の街)の市場は今後20年間で約4,000兆円ともいわれる巨大市場で、環境・エネルギー技術に強い日本は、多くの市場機会の可能性があります。

スマートシティを世界で展開するには、その街の様々なニーズ・制約条件に対応する必要があり、1企業での対応は困難であると言われています。2009年9月、8社で「スマートシティプロジェクト」(*詳細後述)はスタートし、これまでに世界のリーディング企業26社が連携して世界の様々なニーズ・制約条件に対応したソリューションを構築してきました。

■ 「ワンストップ・トータルソリューション」の強化

「スマートシティプロジェクト」では、街を5つの層で定義しています。第1層は不動産開発、第2層は基礎インフラ、第3層は環境・エネルギー技術などに代表されるスマートインフラ、第4層は生活サービス、第5層を生活スタイル・文化芸術とし、これまで主に第1~3層を起点としたトータルソリューションの構築を図ってきました。

5つの層で街を捉えたことで、スマートシティに必要な機能や要素がより具体化。エネルギーを効率的に使用するスマートグリッド、水の管理、交通管制、医療、セキュリティ・防災など、広い分野に及ぶだけでなく、各分野の状況に応じて刻々と変わるデータを正確に収集し、大量のデータ処理と制御技術などが必要であることから、総合的な技術や知見を持つ東芝が「スマートシティプロジェクト」へ新たに加わります(合計27社)。

「スマートシティプロジェクト」は、次世代の生活をより快適で便利にする街づくりを行うため、「ワンストップ・トータルソリューション」の更なる強化を追求していきます。

■ 株式会社東芝

東芝は、エネルギー、交通、水などの社会インフラから医療、家庭など幅広い領域に取り組んできました。これらの領域で長年培ってきた各種技術・ソリューションを統合し、「個」の快適性と持続可能な「街」を両立させることが可能なスマートコミュニティの実現をめざしています。東芝は、これまで世界各国にて多くのスマートコミュニティ実証案件・商用プロジェクトに参画しており、それぞれのプロジェクトにおいてさまざまなソリューションの効果を実証し、標準化・共通化を進めています。これらのプロジェクト参画を通して培ったさまざまなソリューションを組み合わせて提供することにより、地域特性に応じたスマートコミュニティの実現をめざしています。

■ 「スマートシティプロジェクト」の経緯

2009年9月、ジョイント・ベンチャー「スマートシティ企画株式会社」が設立され、一般社団法人フューチャーデザインセンター(http://www.fdc.or.jp/index.html)の第1弾プロジェクトとして「スマートシティプロジェクト」(http://www.smartcity-planning.co.jp)が始動しました。

2013年1月22日時点の参加企業は以下の通りです。

アズビル株式会社

伊藤忠商事株式会社

SAP AG

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

LG CNS

株式会社カネカ

川崎重工業株式会社

国際航業グループ

JX日鉱日石エネルギー株式会社

清水建設株式会社

シャープ株式会社

住友林業株式会社

積水ハウス株式会社

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

ツネイシホールディングス株式会社

東京ガス株式会社

株式会社東芝

凸版印刷株式会社

株式会社日建設計

日本電気株式会社

日本電信電話株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社

株式会社日立製作所

一般社団法人フューチャーデザインセンター

三井不動産株式会社

三井ホーム株式会社

イーソリューションズ株式会社

以上

Tags: ,