SAPジャパン、中堅中小企業向けのERPパッケージ「SAP® Business One」の最新版を提供開始

2013年5月20 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は中堅中小企業向けのERPパッケージの最新版であるSAP® Business One(エスエーピー・ビジネス・ワン)9.0を本日から提供開始することを発表しました。最新版では、棚番管理や固定資産管理、業務プロセス別の数量単位等の新機能が新たに追加されました。

SAP Business One は、中堅中小企業向けに特別に設計および価格設定された、財務会計、販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理、営業支援保守サービスなどのビジネスに必要な基幹業務を統合して管理することができるグローバルスタンダードなERPパッケージです。本製品によって、中堅中小企業のお客様はリアルタイムの情報・洞察を活用して、意思決定力の改善を図ることが可能です。

最新版のSAP Business Oneでは、棚番管理や固定資産管理、業務プロセス別のアイテム数量単位機能が新機能として追加され、在庫の保管場所やアイテムの処理単位の正確な管理の利便性が向上し、固定資産償却のプロセスをワンストップで提供します。主な新機能および特長は下記のとおりです。

棚番管理機能: 最大4階層までのサブレベルから構成される棚番で、入庫および出庫関連の在庫取引きで棚番を記録することができます。各棚番内で保管されているアイテム数やアイテムの種類を把握し、また特定のアイテムやロット・シリアル番号の在庫を特定の棚番に保管するよう制限することができます。在庫が一定レベルを下回った棚番への在庫補充も的確に行うことができ、在庫をより適切に、効率よく管理することが可能になります。

固定資産管理機能: 固定資産の償却を行うための機能が追加され、これまで別のシステムでの管理が必要だったビジネスプロセスがSAP Business Oneに統合されました。固定資産の耐用年数登録や償却方法は必要に応じた内容で設定することができ、マニュアルでの除却や再評価も可能です。複数の会計領域に固定資産関連の取引きを仕訳転記するために、1つの固定資産に対して複数の会計勘定を設定しておくことが可能です。これにより、例えば国際会計基準と国内会計基準の両方に対応した資産関連の仕訳を作成することができます。

販売・在庫・購買プロセス別の数量単位機能: 同一のアイテムに対して、販売管理・在庫管理・購買管理のプロセスごとに異なる数量単位を設定できる機能が追加されました。梱包形態や含まれる基本単位数を設定し、各業務プロセスや取引きの種類ごとに、どの単位を初期値として使用するのかを設定できます。処理間で単位が異なる場合は、該当する他単位への自動変換を行ったり、数量単位ごとに複数のバーコードや異なる価格を設定することも可能で、各業務プロセスに適合したアイテム関連処理をサポートします。

SAPジャパンでは、引き続きSAP Business Oneビジネスのさらなる拡大に向けて、販売パートナー各社との協業施策を拡充し、中堅中小市場におけるビジネスにこれまで以上にフォーカスしていきます。

平成25年5月時点での日本におけるSAP Business Oneパートナーは以下の通りです。
(50音順)
株式会社アイ・ティ・フロンティア
株式会社 STNet
NECネクサソリューションズ株式会社
株式会社エルテックス
キーウェアソリューションズ株式会社
株式会社 ソルパック
日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社
日本電気株式会社
株式会社日立システムズ
be one solutionsジャパン株式会社
富士通株式会社
リコーITソリューションズ株式会社

以上

Tags: