SAP ジャパン、予測分析ソフトウェアの新製品SAP® Predictive Analysisを提供開始

2013年5月30 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、予測分析ソフトウェアであるSAP® Predictive Analysis(エスエーピー・プレディクティブ・アナリシス)を本日から提供開始することを発表しました。本ソフトウェアによって、お客様は、顧客やビジネスに対する洞察を深め、適切な製品やサービスを適切なタイミングで提供することができ、またリスクを事前に検知することで問題になる前に対処することが可能になります。

SAP Predictive Analysisは優れた操作性を備えた高度な分析ソリューションであり、自社のビジネスに関するトレンドを発見して予測することで、競争上の優位性を得ることができます。本ソフトウェアは単独での導入も可能ですが、インメモリープラットフォームであるSAP HANA®など、他のSAPソフトウェアと連携することにより、これまでのソリューションでは実現できなかった強力な予測機能を存分に活用することができます。

SAP Predictive Analysisは、洗練された直感的なユーザーインターフェースと操作性の大きな向上によって、ビジネスユーザーでも操作が可能になります。データ加工機能を利用することで、複数のソースからデータを取得・加工し、結果を視覚化することが可能になります。また、本ソフトウェアは高度な分析機能を備えているため、大量データから自動的にルールやパターンなどを検出・将来予測し、即座にビジネスアクションへ展開することが可能になります。これに加えて、オープンソースRが利用可能で、大量のデータ分析を効率的に処理するためのインメモリーデータマイニング機能や広範な予測分析アルゴリズムが準備されており、コーディングを必要とすることなくRオープンソース統計分析言語の使用を可能にします。

SAP Predictive AnalysisをSAP HANAと一緒に使うことで、大量データの高速な予測分析が可能になることから、革新的な業務を実現します。またSAP HANAの予測分析ライブラリを活用することで、データ範囲の拡大、モデルスコアリングを向上します。例えば製造業において、1秒間に数千ものイベントが発生する大量のセンサー情報を活用した設備や機器、車両の異常監視や、その異常の予兆を捉えて事前に行動する予防保守が可能となります。ヘルスケア業界では、数千万人の患者データ、診察・投薬履歴から疾病発生のパターンを捉え、該当するグループを疾病発生予備軍として抽出し、発症前にアプローチする予防的なケアを行います。また小売業においては、店舗での買い回り中の顧客行動を捉え、レジに向かうまでの間に顧客嗜好と購買履歴から最適なオファーを顧客モバイル端末に届けるリアルタイムオファリングを行うことができるようになります。

以上

Tags: