【参考資料】SAP、ガートナー社の2013年度マジッククアドラントのモバイル・デバイス・マネジメント分野で「リーダークアドラント」のポジションを獲得

2013年6月3 日 by SAP News 0

(本リリースは、5月30日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、調査会社ガートナー社が発表した「Magic Quadrant for Mobile Device Management (MDM)」レポートで「リーダークアドラント」に位置付けられたことを発表しました(注1。今回の評価は、モバイル・デバイス・マネジメント・ソリューションのSAP® Afaria®、モバイル・コンテンツ・マネジメント・ソリューションのSAP® Mobile Documents、SAP® Mobile App Protection by Mocanaソリューションが含まれるSAP® Mobile Secureポートフォリオが評価されたものです。SAPは、その実行能力とビジョンの完全性により、世界中のお客様より市場リーダーとして評価されています。そして、SAP Afariaのクラウド版は、拡張性に優れたエンタープライズ・モバイル・セキュリティおよびアナリティクスソリューションであり、あらゆる規模の企業は、デバイス1台あたり月額1ユーロで、エンタープライズ・モバイル・デバイスの管理とセキュリティ保護をクラウド内で行うことが可能です。これらのソリューションが組み合わさることで、SAP Mobile Secureポートフォリオが構成されており、デバイス、アプリ、コンテンツについて、エンタープライズ仕様のセキュリティを得ることができます。

SAPのモバイル部門プレジデントであるサンジェイ・プーネン(Sanjay Poonen)は、次のように述べています。「SAPでは、エンタープライズモビリティ分野における継続的なイノベーションと投資こそが、MDM分野でリーダーシップを獲得した理由であると確信しており、ガートナーによる今回の評価は、エンタープライズ・モバイル・セキュリティ分野での当社とパートナーによるビジョンの実行能力の裏付けであると考えています。SAP Afariaを含むSAP Mobile Secureポートフォリオは、自社のビジネスにとって有益な形でエンタープライズ・モバイル・ソリューションを活用したいとお考えのお客様に対し、比類ない幅と深みをもたらします。今回のリーダーとしての評価によって、当社のエンタープライズモバイル製品と戦略が、業界の他のベンダーでは提供できない、ユーザーエクスペリエンスを実現し、ビジネス上の優位性を直ちにもたらすことが、あらためて実証されたと考えています」

ガートナー社によるレポート(全文)は、こちらでお読みいただけます。

以上

(注1:Gartner “Magic Quadrant for Mobile Device Management” by Phillip Redman, Monica Basso, John Girard and Terry Cosgrove may 23 2013

ガートナーは調査出版物で取り上げたベンダー、製品やサービスを支持するものではなく、テクノロジーユーザーに対し、高く評価されたベンダーを勧めるわけではありません。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査機関の意見をまとめたもので、事実を記述したものと解してはなりません。ガートナーはこの調査に関わる、明記、または暗示されたすべての保証、商品性の保証や特定目的への適合性を放棄します。

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国238,000社以上の顧客企業に利用されています。
詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: