【参考資料】SAP、業務別クラウドアプリケーションで飛躍的なイノベーションを実現

2013年6月5 日 by SAP News 0

適切なスピードと方向性で、お客様の経営をサポート

(本リリースは、5月15日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、業務(LoB)別クラウドアプリケーションのポートフォリオに関する飛躍的なイノベーションについて発表しました。経営効率が優れた企業では、技術の導入環境を簡素化するため、場当たり的な支出を行うのではなく、オンプレミス、マネージド、パブリッククラウドの各種環境を網羅した単一プラットフォームに対して、戦略的な投資を行うという移行が進んでいます。このためSAPは、統合クラウド戦略に関するビジョンを発表し、お客様がこれまでの投資の有効活用をしつつ、投資を拡大できるよう支援します。こうして、単一の共通プラットフォームであるSAP HANA® Cloud Platformの下、クラウドソリューションとクラウド対応ソリューションを一元管理していきます。

SAPは、各業務部門のユーザーをサポートするため、2,900万人以上のユーザーに対して、「People」、「Customer」、「Money」、「Supplier」の4つの注力分野における業務別クラウドアプリケーションで構成される業界で最も包括的なポートフォリオを提供しています。SAPのポートフォリオは、子会社のAriba、SuccessFactorsのソリューションに加えて、SAP® Cloud for Customer(旧称、SAP Customer OnDemand)、SAP® Cloud for Financials(旧称、SAP Financials OnDemand)、SAP Business ByDesign®で構成されます。

T-Mobileでナレッジマネジメントとソーシャル顧客サポートを担当するクリッシー・エスピンドゥーラ(Krissy Espindola)氏は、次のように述べています。「SAPのクラウドソリューションが提供してくれる『スピード』は、お客様の声に耳を傾け、これまでにない充実したコミュニケーションを図る上で、欠かせないものです。他の市販ソリューションも試してみましたが、製品の質が高く、実装期間が短く、最高のユーザーエクスペリエンスが得られることから、SAPを選択しました」

SAP HANA Cloud Platformは、総合的な統合戦略を実現します。あらかじめパッケージ化された統合フローを採用することで、お客様は、ベストプラクティスのテンプレートを活用することができ、業務別のクラウドアプリケーションや、ベスト・オブ・ブリードなサードパーティーのアプリケーションに対して、オンプレミス型SAPソフトウェアへの投資を拡大できます。また、実装期間の短縮や総所有コストの削減に加え、SAPが技術アップグレードの監視・支援・管理を担当することで得られる安心感は、お客様にとってメリットとなります。

設計と使いやすさは、ユーザーの採用を促す重要な要素であり、SAPは本日、業務別クラウドアプリケーションに関する最新のイノベーションを発表しました。

People
SuccessFactors:従業員の業務遂行とビジネスの実行を促進
企業各社は、人事業務の効率化だけでなく、従業員を獲得・雇用・維持する方法の向上も必要としています。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。
• SuccessFactors Employee Central:グローバル機能の拡大により、新たに29カ国で現地のビジネスニーズに対応します。各国に特化したバージョンは計51種類におよびます。さらに、SuccessFactors Employee Central Payrollは、日本とロシアにもサポートを拡大しており、この給与計算ソリューションは、計22カ国に提供されます。
• ・SuccessFactors Onboarding:本ソリューションは、従業員の生産性とモチベーションを高めるための基盤であり、マネージャーの雇用に関する段階的なガイダンス、ソーシャライゼーション機能、充実の従業員プロファイル機能を備えています。
• SuccessFactors Learning:学習用トップページのデザインを見直し、カスタマイズ可能なタイル形式のインターフェースが採用されています。コンテンツタイル、サムネイル画像、各種コースの説明と、統合カタログ検索機能を利用可能です。これによって、強力なユーザーエクスペリエンスが実現しており、学習完了に要する期間を短縮しつつ、従業員の参加意欲や自己啓発を向上できます。

最新のアップデートに関する詳細と製品デモへのリンクは、「ファクトシート:SuccessFactors BizX Suite(英語)」をご覧ください。

Customer
SAP Cloud for Customer:より影響力の高いカスタマーエンゲージメント(顧客対応)を実現
SAP Cloud for Customerの顧客基盤は、過去5四半期間にわたり、前四半期比で倍増以上の伸びを示しています。SAPでは、マーケティング、営業、サービスの各部門向けに、SAP Cloud® for Sales、SAP® Cloud for Service、SAP® Cloud for Social EngagementとSAP® Social Media Analytics by NetBaseアプリケーションなどのクラウドソリューションを提供しており、SAP Cloud for Customerは、こうしたソリューションの基盤となる技術を提供します。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。

• SAPのお客様との共同イノベーションにより、SAP Cloud for Customerのユーザーエクスペリエンスは設計し直されており、単なる外観の良さに留まらないものとなっています。本ソリューションは、マーケティング、営業、サービスのプロフェッショナルによる、今日の業務遂行の姿を正確に映し出します。ソリューションの目的は、適切なメッセージと適切な解決策を提供することで、対顧客部門をサポートし、見込み客の段階から、他の顧客を呼び寄せる「プロモーター」となるまでのプロセス全体を導いていくことにあります。
• サービスチケットから新たな見積もりや販売注文を作成することで、お客様の問題を解決します。エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)アプリケーションであるSAP® ERPとの、高速かつ柔軟な連携により、SAP Cloud for Customerは、短期間かつ低コストで、営業、サービス、マーケティングに関する各種クラウドソリューションの基盤となる技術を提供します。
• SAP Cloud for ServiceソリューションとSAP Cloud for Social Engagementソリューションを使用することで、電子メール、電話、Webのセルフサービスポータル、ソーシャルメディア、チャットなど、コミュニケーション形態に関わらず、お客様との有意義な会話にもとづいたサービスチケットを作ります。呼び出しから解決までのプロセスを更新し、コンピューターと電話をより緊密に統合して、カスタマーサービスの代理店に対し、包括的なアカウントやコンタクト情報を確保することで、代理店の生産性を向上できます。SAP Cloud for Serviceは、SAP HANA® Cloud Portalとネイティブで連携可能で、サイトオプションに対応するほか、今後は製品の登録やエンドユーザー向けのB2Cのシナリオにも対応していきます。

最新のアップデートに関する詳細と製品デモへのリンクは、「ファクトシート:SAP Cloud for Customer(英語)」をご覧ください。

Money
SAP Cloud for Financials:最新のグローバル機能、モバイル機能、統合機能により、速度と精度を向上
新たなビジネスチャンスを特定する場合でも、ダイナミックな市場の動向に対応する場合でも、業績に対して洞察を提供する場合でも、必要となるのは、複雑な要件をサポートする、モバイル対応の統合型財務管理ソリューションです。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。

• オーストラリア、デンマーク、ニュージーランドの3カ国のバージョンを追加することで、グローバルビジネスの管理に伴う負担を最小限に抑えており、今後は、世界14カ国を対象に、グローバルとローカルの財務報告基準と課税基準に対応できます。
• サードパーティーシステムとの連携により、受注から決済、調達から支払、電子決済処理を網羅する包括的なソリューションとなっています。このソリューションによって、管理作業が合理化され、充実した会計監査証跡機能が得られることで、コンプライアンスの遵守が簡素化されます。
• 決済情報の送信に関する電子的な銀行業務の統合に要するコストと労力を軽減することで、すべての銀行やビジネスパートナーとの間に、迅速かつ簡単なコミュニケーションを実現します。

最新のアップデートに関する詳細と製品デモへのリンクは、「ファクトシート:SAP Cloud for Financials(英語)」をご覧ください。

SAP Cloud for Travel:シームレスな経費管理、シンプルなレポーティング、新たなアナリティクス機能を実現
アナリティクス機能と可視化の向上によって、企業各社は出張コストを削減し、業務の複雑さを解消しつつ、コンプライアンスの遵守状況と従業員の生産性を向上できます。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。
データの認識精度が向上したことで、モバイルデバイス上の領収書の画質が向上したため、手作業での修正作業が軽減されます。今後は、モバイルデバイスで領収書の写真を撮影し、時間や場所を問わず経費報告書に添付できるため、費用報告業務はペーパーレスで迅速なプロセスとなります。

最新のアップデートに関する詳細と製品デモへのリンクは、「ファクトシート:SAP Cloud for Travel(英語)」をご覧ください。

SAP Business ByDesign:プロフェッショナルサービス、流通、子会社に関する機能を充実化
本ソリューションは、今日のビジネスアプリケーションが持つメリットすべてを備えつつ、IT部門への負担を軽減できます。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。

• プロジェクトの節目となる請求額の発生を特定することで、サービス部門は、キャッシュフローと債権回収のプロセスをより有効に管理できます。
• 支払条件と割引に対応しており、販売契約の改善によって、競争力が高まります。また、物流部門のバッチ管理機能が拡大しており、有効期限や保存可能期限にもとづく形で商品のセレクションを拡大し、製品価値を最大限に高めることが可能です。
• 日本とニュージーランドのバージョンが新たに追加される予定です。ローカライゼーションキットの強化により、国別のローカライゼーション機能を迅速に導入し、これを他の企業でも使用することができます。

最新のアップデートに関する詳細と製品デモへのリンクは、「ファクトシート:SAP Business ByDesign(英語)」をご覧ください。

Supplier
Ariba Cloud Applications:かつてない高水準の生産性と利益を実現
Aribaは、世界最大のWebベースによるトレーディングコミュニティを誇り、業界をリードするクラウドベースの調達・請求書発行アプリケーションを提供しています。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。

• 取引先の追加・削除、タイムシートの強化、ライトインダストリアル見積もり(複数の契約者を複数のサプライヤーから単一明細で見積もりのやり取りを行う機能)、ベンダー格付けなど、Ariba Services Procurementでは、新機能が追加されており、ネットワーク中心のアプローチを活用することで、作業指示書(SOW)や一時労働者をより有効に管理できます。
• Ariba Services Invoicingでは、サービス入力シート、契約コンプライアンス、ワークフローなど、機能の充実化が図られています。
• Ariba Networkには、リレーションシップとコミュニティによって生成された15年以上のトランザクション情報が蓄積されており、Ariba Spend Analyticsを使用し、こうした情報を活用することで、これまでにないリアルタイムの洞察を得て、より効果的な意思決定を行えるようになります。

ビジネスネットワーク
Ariba Network:高度なコラボレーティブツールとコミュニティベースの洞察力を提供
Ariba Networkは、社内のコラボレーションに伴う手間やコストを取り除くだけでなく、真にオープンなネットワーク型モデルのみで得ることのできる、独自の機能や洞察力をもたらします。この重要なイノベーションは、以下の形でお客様にメリットをもたらします。

• Ariba Spot Buy™とAribaのオンデマンドソーシング・調達ソリューションやAriba Discovery™を連携させることで、偶発的な場合や、時間の限られた時、製品が見つけにくい場合でも、新たな供給源をいち早く発見し、ターゲットを絞ることができます。
• Ariba Recommendationsは、ネットワークによって得られたインテリジェンスや、コミュニティによって生成されたコンテンツを、具体的なビジネスプロセスや使用事例のコンテキストに投入する新サービスです。本サービスによって、取引や業務の段階で、より情報にもとづく意思決定が可能です。

SAPでは、SAP® Business Oneアプリケーションを導入されているお客様を対象に、Ariba Networkとの連携とこれに伴うメリットを短期間で容易に実現可能な、短期導入型のソリューションについても発表を行っています。

以上

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国238,000社以上の顧客企業に利用されています。
詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: ,