SAPジャパン、ビッグデータへのスマートアクセスを可能にする最新のSAP HANA® SP 6を提供開始

2013年6月27 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、インメモリープラットフォームのSAP HANA®の最新サービスパック「SAP HANA SP6」を本日から提供開始します。SAP HANAはトランザクション、アナリティクス、予測、およびテキストセンチメント処理を変革し、完全に再構築されたプラットフォームとして、企業によるリアルタイムの業務遂行を可能にします。SAP HANA SP6ではSAP HANAにスマート・データ・アクセス機能を追加し、企業は、Hadoopなどの異種混在ソース全体にわたる動的なリアルタイムのインサイトを取得できるようになります。また、新たにインメモリー地理空間情報機能が追加され、ビジネスおよび地理空間データから意味のある徴候を見つけるのに役立ちます。

SAP AGのエグゼクティブ・ボード・メンバー、テクノロジー & イノベーションのビシャル・シッカ(Dr. Vishal Sikka)は次のように述べています。「SAPはSAP HANAにより、どのように複雑なクエリにもリアルタイムで回答することを目的とした、データへのアクセス、操作、および分析手段を継続的に考え直し、変革する取り組みを開始しました。OLTPとOLAPとの間の不要な境界を取り払うことは、その手始めに過ぎませんでした。SAP HANAが持つパワーをさらに多様なデータ、ソース、および展開手段に応用し、企業がイマジネーションと同じスピードで経営を可能にすることにより、SAPはリアルタイムのエクスペリエンスを再構築し続けます」

Hadoopやその他の異種混在データソースへのさらにスマートなデータアクセス
SAP HANAのスマート・データ・アクセス機能は、SAP HANA内でのデータ仮想化技術であり、Hadoop、SAP® Sybase® Adaptive Server® Enterprise (SAP Sybase ASE)、SAP® Sybase® IQ、その他のサードパーティのデータウェアハウスなど、異種のデータが混在するリレーショナルおよび非リレーショナル・データベース・システムに対する動的なクエリを実現します。SAPはSAP HANAプラットフォームが持つパワーをデータ仮想化に応用し、異種混在データソースへのクエリを簡素化すると共に、データの保存場所と用途にもとづいて応答時間を最適化します。SAP HANAのスマート・データ・アクセス機能は、企業が自社のネットワーク全体にわたって高速、安全にクエリを実施し、同時に不要なデータ転送やデータの冗長性を最小限に抑えることのできる、リアルタイムのビッグデータアプリケーション構築を支援します。

さらにリッチな洞察を得られる地理空間データ処理
SAPは新しい地理空間情報機能によってSAP HANAプラットフォームをさらに拡張し、地理空間データとビジネスデータを組み合わせることにより、リアルタイムのビジネスアプリケーションに新たな次元を加えました。お客様企業やISVは、空間、予測、およびテキスト分析からの結果をSQL内で組み合わせ、インテリジェントで直感的な位置ベースのソリューションの開発を簡素化することができます。またSAP HANAのお客様には地理コンテンツが追加費用なしで提供されるため、ネイティブのインメモリー処理、マッピングコンテンツ、およびサービスを使い、地理空間情報ベースのソリューションをシームレスに開発および導入することができます。

これらの新しい空間情報処理機能、コンテンツ、およびサービスは、新たな水準の性能を持ちながら総所有コスト(TCO)を引き下げ、プランニング、モニタリング、およびアナリティクスのためのリアルタイム、ミッションクリティカルな位置ベースソリューションを必要とする業界に特に適しています。たとえばエネルギー分野のインフラストラクチャー企業はSAP HANAの空間情報処理機能を使い、パイプラインのコンポーネントのうち高いリスクが伴うものを膨大な変数に基いて特定し、それに対応するための作業を数日単位ではなくリアルタイムで行い、そのことを通じて石油やガス輸送の中断、メンテナンスコスト、および致命的な障害のリスクを削減することができます。

SP 6には上記に加えて以下の機能が含まれています。

リアルタイム・データ・プラットフォーム・エコシステム・サポート
・データプロビジョニングとモデリングの統合:SAP HANA Studioではデータモデルとプロビジョニング・ワークベンチが一体化され、開発とデータ取得を簡素化しています。

プラットフォーム機能の強化
・予測解析ライブラリの拡張:クラスタリングアルゴリズムの追加やソーシャルネットワーク分析の新たなサポート
・データサービスの強化:受け取るデータのプロファイリングと質の評価を行う、ネイティブの抽出、変換、ロード(ETL)ソリューションの性能が高められました。
・自然言語処理機能の拡張:SAP HANAのテキストマイニング機能には簡体字中国語を含む主要言語が追加され、複数言語による「顧客の声」分析のための、センチメントおよびコアエンティティ抽出がさらに拡張されました。

開発者向け機能強化
・予測アプリケーションの開発を簡素化:SAP HANA Studioのアプリケーション・ファンクション・モデラーを使えば、モデルにもとづくネイティブ機能や予測アルゴリズムへのアクセスを通じて開発をさらに高速化できます。
・Extended Application Serviceの一般出荷: SP6でのパイロットリリースを経て、一般出荷を開始しました。また、可用性対応を含むマルチスケールアーキテクチャーに対応しました。
・双方向教育機能の組み込み:双方向の学習のため、レファレンス付きのビジネスアプリケーション、データモデル、サンプルコード、サンプルデータ、およびデータ生成機能が組み込まれます。

データセンターオペレーション
・ディザスタリカバリ機能の強化:非同期、非対称の長距離リモート・データセンター・フェールオーバー機能が新たに導入されました。
・データセンターへの組み込みをカスタマイズ可能なオープンなハードウェアアーキテクチャ:SAPはアベイラビリティとSAP HANAプラットフォームのオープン性を推進するイニシアティブ導入を計画しています。これはSAP HANAプラットフォームをお客様企業の既存のネットワーク・ストレージ・インフラストラクチャと統合するにあたってお客様に選択の自由を提供する、カスタマイズされたデータセンター統合を目的とするものです。このイニシアティブにはまた、サードパーティによるビジネスインテリジェンス(BI)、ETL、およびバックアップ・復旧ツールを対象とした、従来のSAP HANA認証プログラムも含められる予定です。

SAP HANAは現代のリアルタイムの企業から求められる、スピードとイノベーションの限界を拡張し続けています。このオープンなプラットフォームによるアプローチにもとづき、企業はさらに容易にSAP HANAを活用できるようになり、既存のデータセンターのインフラストラクチャー内での相互運用が実現しました。SAP HANAへの最新の機能強化は、よりスマートなインメモリーのデータ視覚化、強力な空間データ処理、およびよりシンプルなアプライアンスのアーキテクチャーにより付加価値をさらに提供し続けています。SAP Business Suite、SAP NetWeaver BW、およびお客様によって構築されたアプリケーションなどコア・ビジネス・アプリケーションのためのオープンかつ一体化されたプラットフォームを提供するSAP HANAは、トランザクション、分析、および予測を直ちに、また問題を先取りして実施するため、与えられた時間のうちにリアルタイムで業務を遂行する能力をお客様に提供します。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国238,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: