SAP、2013年度第2四半期および上半期の業績を発表

2013年7月19 日 by SAP News 0

厳しい市場にもかかわらず2桁成長を維持 – SAPはクラウドへの移行を進めると共に市場シェアを拡大
(本リリースは、7月18日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下 SAP)は本日、2013年6月30日を決算日とする2013年度第2四半期の決算を発表しました。

  • 3年連続の2桁成長 – 2013年度第2四半期のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連の売上は、固定通貨換算ベースで10%(実通貨ベースでは7%増の33億5,000万ユーロ)
  • 2013年度第2四半期のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、固定通貨換算ベースで7%(実通貨ベースでは3%増の11億7,000万ユーロ)
  • クラウドサブスクリプションおよびサポート売上は前年同期比で3桁成長を達成、クラウド分野の年間予測売上(ランレート)は9億3,000万ユーロを超える
  • SAP HANAによりインメモリーコンピューティング分野のリーダーシップを拡大
  • 2013年度第2四半期のNon-IFRSベースの営業利益は、固定通貨換算ベースで10%増の12億2,000万ユーロ(実通貨ベースで4%)
  • Non-IFRSベース営業利益の見通しに変化なし、2013年度通年のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上を固定通貨換算ベースで少なくとも10%増とし、2桁成長企業であり続けることをコミット

2013年度第2四半期の事業ハイライト

SAPの共同CEOのビル・マクダーモット(Bill McDermott)とジム・ハガマン・スナーベ(Jim Hagemann Snabe)は、次のように述べています。「SAPが2010年に予測した業界の変革が今やフルスピードで進んでおり、イノベーションを通じた成長という我々の戦略がその成果を発揮しています。SAPは、2桁成長の勢いを維持すると共に業界の変革のリーダーとして、これまでにない規模のマーケットの機会を得ています。厳しいマクロ経済環境の中で市場シェアを拡大しており、またHANA Enterprise Cloudによりクラウド企業としての未来を確保しようとしています」

SAPのCFO、ワーナー・ブラント(Werner Brandt)は、次のように述べています。「SAPは第2四半期に堅実な業績を達成しました。業務規律の維持に引き続き注力したことによりNon-IFRS、固定通貨換算ベースでの営業利益の2桁成長につながりました。中核事業の利益率を改善すると共に、利益あるクラウド事業に向けて順調に前進しています。2013年度通年のNon-IFRSベース営業利益見通しに変化はなく、また特にアジア太平洋・日本地域における厳しいマクロ経済環境およびクラウドへの移行にもかかわらず、引き続き2桁成長をコミットします」

第2四半期のNon-IFRSベースのクラウドサブスクリプションおよびサポート売上は、前年同期比166%増(固定通貨換算ベースでは171%増)の1億8,300万ユーロとなりました。SAPの第2四半期のNon-IFRSベースのクラウドサブスクリプションおよびサポート売上が達成した直前期比の伸びは、クラウド分野の競合他社の多くを上回りました。クラウド分野の年間予測売上(ランレート)は9億3,200万ユーロに達しました注1)。SAPは約3,000万人のクラウドユーザを持ち、これはクラウド市場において最大の加入者数となっています。2013年6月30日時点のNon-IFRSベースの繰延クラウドサブスクリプションおよびサポート売上注2)は3億6,100万ユーロで前年同期比68%増でした。Ariba事業とのシナジー効果も拡大しています。Ariba部門の12カ月間ネットワーク利用料金注3)は、前年同期比27%増の約4,650億ドルでした。Aribaのネットワークを利用する企業は110万社以上に上り、世界最大のWebベースの商業コミュニティを形成しています。

SAPのリアルタイム・ビジネス・アプリケーションであるSAP HANAは、前年同期比21%増の1億200万ユーロをソフトウェア売上に貢献し、引き続き成長の大きな原動力となっています。SAPは2013年度通年のHANA関連のソフトウェア売上が6億5,000万〜7億ユーロに達すると引き続き予想しています。5月に一般提供が開始されたSAP Business Suite powered by SAP HANAにはお客様からすでに大きな関心が寄せられ、HANA Enterprise Cloudと共にHANAプラットフォームの普及を推進すると期待されます。

SAPの2桁成長の勢いは第2四半期にも継続し、Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は固定通貨換算ベースで10%の成長(実通貨ベースでは7%増の33億5,000万ユーロ)を達成しました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は固定通貨換算ベースで7%の成長(実通貨ベースでは3%増の11億7,000万ユーロ)を達成しました。第2四半期のNon-IFRSベースの営業利益は固定通貨換算ベースで10%増(実通貨ベースでは4%増)の12億2,000万ユーロに達し、Ariba買収に伴う40ベーシスポイントの引き下げ効果にもかかわらず、Non-IFRSベースの営業利益率は固定通貨換算ベースで60ベーシスポイントに拡大しました。この利益率拡大はSAPの中核事業の効率がさらに改善されたことを示すものです。

地域ごと業績

2013年度第2四半期
南北中央アメリカ地域のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上注4)は、特にブラジルを中心とした中南米での優れたソフトウェア売上、および北米での好調なクラウドサブスクリプションおよびサポート売上を推進源として前年同期比18%増の堅実な第2四半期業績を達成しました。ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)地域では厳しい市場環境と前年度と比較した場合の不利な状況にもかかわらず、Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上が対前年度比で3%増となりました。この業績にはドイツでのソフトウェア売上が1桁台後半の伸びを達成したことが貢献しました。アジア太平洋・日本地域では、厳しいマクロ経済環境が続いていることを主な理由としてNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上が7%減少しました。しかし東南アジアとインドなど、アジア太平洋・日本地域の一部ではソフトウェア売上が好調に拡大しました。

注1)年間予測売上(ランレート)は2013年度第2四半期のクラウド部門の売上高2億3,300万ユーロを4倍したものです。

注2)2013年第1四半期より、SAPは貸借対照表にNon-IFRSベース売上の下位項目としてNon-IFRSベースの繰延クラウドサブスクリプションおよびサポート売上を開示しています。

注3)ネットワーク利用料金は直近12か月間にAribaネットワーク上で発生した注文書の総額です。

注4)地域ごと業績欄におけるNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、交渉が行われた場所でのソフトウェア売上と顧客所在地でのクラウドサブスクリプションおよびサポート売上として計算されています。成長率は固定通貨換算ベースです。詳細についてはSAPの第2四半期および上半期中間報告書をご覧ください。

2013年度上半期
南北中央アメリカ地域での上半期のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、米国とブラジルでの好調により前年同期比29%の成長を達成しました。EMEA地域での上半期のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上も8%増を達成しましたが、これは不透明な市場の状況が続いていることを考慮すると極めて優れた業績です。アジア太平洋・日本地域での上半期のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は7%減でした。

業績の詳細
2013年度第2四半期ハイライト

 

SAP – 2013年度第2四半期 1)

IFRS

Non-IFRS

単位:特に記載のない限り百万ユーロ

2013年度
第2四半

2012年度
第2四半

増減率
(%)

2013年度
第2四半期

2012年度
第2四半

増減率
(%)

固定通貨
換算ベース
増減率(%)

ソフトウェア

982

1.059

-7

982

1.059

-7

-3

クラウドサブスクリプションおよびサポート

159

52

206

183

69

166

171

ソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション

1.141

1.110

3

1.165

1.127

3

7

サポート

2.177

2.013

8

2.182

2.014

8

11

ソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上

3.318

3.124

6

3.347

3.142

7

10

総売上

4.062

3.898

4

4.091

3.916

4

8

総営業経費

-3.074

-2.977

3

-2.873

-2.743

5

7

営業利益

988

921

7

1.219

1.173

4

10

営業利益率 (%)

24,3

23,6

0,7 Pp

29,8

30,0

-0,2 Pp

0,6 Pp

税引き後利益

724

661

10

874

831

5

基本1株当たり利益(€)

0,61

0,55

11

0,73

0,70

4

フルタイム換算従業員数

64.937

60.972

7

N/A

N/A

N/A

N/A

1) 全ての数値は未監査のものです

2) SAPのNon-IFRS指標に関する詳細な説明については、「Non-IFRS指標に関する説明(Explanation of Non-IFRS Measures)」 をご覧ください。

IFRSおよびNon-IFRSベースのソフトウェア売上は、前年同期比7%減(固定通貨換算ベースでは3%減)の9億8,200万ユーロ(2012年=10億6,000万ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年同期比3%増の11億4,000万ユーロ(2012年=11億1,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年同期比3%増(固定通貨換算ベースでは7%増)の11億7,000万ユーロ(2012年=11億3,000万ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年同期比6%増の33億2,000万ユーロ(2012年=31億2,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年同期比7%増(固定通貨換算ベースでは10%増)の33億5,000万ユーロ(2012年=31億4,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの総売上は、前年同期比4%増の40億6,000万ユーロ(2012年=39億ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの総売上は、前年同期比4%増(固定通貨換算ベースでは8%増)の40億9,000万ユーロ(2012年=39億2,000万ユーロ)となりました。

IFRSベースの営業利益は、前年同期比7%増の9億8,800万ユーロ(2012年=9億2,100万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの営業利益は、前年同期比4%増(固定通貨換算ベースでは10%増)の12億2,000万ユーロ(2012年=11億7,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの営業利益率は、前年同期比0.7パーセンテージポイント増の24.3%(2012年=23.6%)となりました。Non-IFRSベースの営業利益率は、前年同期比0.2パーセンテージポイント減の29.8%(2012年=30.0%)となりました。固定通貨換算ベースでのNon-IFRSベースの営業利益率は、前年同期比0.6パーセンテージポイント増の30.6%となりました。2013年度第2四半期のNon-IFRSベースの営業利益および営業利益率については、Aribaの買収による影響を受けており、営業利益率への影響は約40ベーシスポイントとなっています。

IFRSベースの税引き後利益は、前年同期比10%増の7億2,400万ユーロ(2012年=6億6,100万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの税引き後利益は、前年同期比5%増の8億7,400万ユーロ(2012年=8億3,100万ユーロ)となりました。IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年同期比11%増の0.61ユーロ(2012年=0.55ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年同期比4%増の0.73ユーロ(2012年=0.70ユーロ)となりました。IFRSベースの実効税率は24.8%(2012年=23.6%)、Non-IFRSベースの実効税率は26.8%(2012年=25.6%)となりました。

2013年度上半期業績ハイライト

 

SAP – 2013年度第2四半期1)

IFRS

Non-IFRS

単位:特に記載のない限り百万ユーロ

2013年度
上半期

2012年度
上半期

増減率
(%)

2013年度
上半期

2012年度
上半期

増減率
(%)

固定通貨
換算ベース
増減率(%)

ソフトウェア

1.638

1.696

-3

1.638

1.696

-3

0

クラウドサブスクリプションおよびサポート

296

81

266

350

104

238

243

ソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション

1.935

1.777

9

1.989

1.799

11

14

サポート

4.286

3.966

8

4.295

3.968

8

11

ソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上

6.220

5.743

8

6.284

5.768

9

12

総売上

7.663

7.248

6

7.727

7.273

6

9

総営業経費

-6.029

-5.696

6

-5.607

-5.266

6

8

営業利益

1.634

1.551

5

2.120

2.007

6

11

営業利益率 (%)

21,3

21,4

-0,1 Pp

27,4

27,6

-0,2 Pp

0,4 Pp

税引き後利益

1.244

1.104

13

1.563

1.414

11

基本1株当たり利益(€)

1,04

0,93

12

1,31

1,19

10

フルタイム換算従業員数

64.937

60.972

7

N/A

N/A

N/A

N/A

1) 全ての数値は未監査のものです

2) SAPのNon-IFRS指標に関する詳細な説明については、「Non-IFRS指標に関する説明(Explanation of Non-IFRS Measures)」 をご覧ください。

IFRSおよびNon-IFRSベースのソフトウェア売上は、前年同期比3%減(固定通貨換算ベースでは横ばい)の16億4,000万ユーロ(2012年=17億ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年同期比9%増の19億4,000万ユーロ(2012年=17億8,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年同期比11%増(固定通貨換算ベースでは  14%増)の19億9,000万ユーロ(2012年=18億ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年同期比8%増の62億2,000万ユーロ(2012年=57億4,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年同期比9%増(固定通貨換算ベースでは12%増)の62億8,000万ユーロ(2012年=57億7,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの総売上は、前年同期比6%増の76億6,000万ユーロ(2012年=72億5,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの総売上は、前年同期比6%増(固定通貨換算ベースでは9%増)の77億3,000万ユーロ(2012年=72億7,000万ユーロ)となりました。

IFRSベースの営業利益は、前年同期比5%増の16億3,000万ユーロ(2012年=15億5,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの営業利益は、前年同期比6%増(固定通貨換算ベースでは11%増)の21億2,000万ユーロ(2012年=20億1,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの営業利益率は、前年同期比0.1パーセンテージポイント減の21.3%(2012年=21.4%)となりました。Non-IFRSベースの営業利益率は、前年同期比0.2パーセンテージポイント減の27.4%(2012年=27.6%)となりました。固定通貨換算ベースでのNon-IFRSベースの営業利益率は、前年同期比0.4パーセンテージポイント増の28.0%となりました。

IFRSベースの税引き後利益は、前年同期比13%増の12億4,000万ユーロ(2012年=11億ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの税引き後利益は、前年同期比11%増の15億6,000万ユーロ(2012年=14億1,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年同期比12%増の1.04ユーロ(2012年=0.93ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年同期比10%増の1.31ユーロ(2012年=1.19ユーロ)となりました。IFRSベースの実効税率は21.5%(2012年=25.0%)、Non-IFRSベースの実効税率は24.5%(2012年=26.7%)となりました。

営業キャッシュフローは、前年同期比3%増の24億8,000万ユーロ(2012年=24億ユーロ)でした。フリーキャッシュフローは、前年同期比4%増の22億2,000万ユーロ(2012年=21億3,000万ユーロ)でした。総売上に占めるフリーキャッシュフローの割合は、29%(2012年=29%)でした。2013年6月30日時点での現金および現金等価物、短期投資を含むSAPグループ全体の流動資金は、35億3,000万ユーロ(2012年12月31日=24億9,000万ユーロ)でした。2013年6月30日時点での純流動資金は、2012年12月31日時点でマイナス25億ユーロだったのに対し、マイナス14億9,000万ユーロでした。

今後の見通し
2013年度通年の見通しについて変更はなく、2013年度通年のNon-IFRSベースの営業利益の見通しについては変更がなく、固定通貨換算ベースで58億5,000万ユーロ〜59億5,000万ユーロ(2012年=52億1,000万ユーロ)の見込みです。アジア太平洋・日本地域において特に顕著な厳しいマクロ経済環境、およびクラウドへの急速な移行に伴いソフトウェア売上は予想を下回る恐れがありますが、SAPは2013年度通年のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上を固定通貨換算ベースで少なくとも10%拡大し、会社全体での2桁成長を引き続きコミットしています(2012年=132億5,000万ユーロ)。この見通しは、Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上が固定通貨換算ベースで、およびその基盤となるソフトウェアとクラウドサブスクリプション売上に関する見通しに基づき11%〜13%の増加を達成するという以前の見通しを置き換えるものです。

またSAPはイノベーションが急速に拡大している、クラウドとインメモリーの両方のカテゴリーにおける見通しを改めて確認しました。SAPは2013年度通年のNon-IFRSベースのクラウドサブスクリプションおよびサポート売上が固定通貨換算ベースで約7億5,000万ユーロ、同じくSAP HANAのソフトウェア売上が6億5,000万ユーロ〜7億ユーロの範囲(2012年=3億9,200万ユーロ)になると引き続き予想しています。

2013年度通年のIFRSベースの実効税率については24.0%〜25.0%(従来の見通しは25.5%〜26.5%)(2012年=26.2%)、Non-IFRSベースの実効税率については25.5%〜26.5%(従来の見通しは27.0%〜28.0%)(2012年=27.5%)と予想しています。

その他の補足情報
2013年度の売上と利益の数値には、AribaとSuccessFactorsによる売上と利益が含まれています。前年同期の業績には、SuccessFactorsについては2012年2月21日まで、Aribaについては2012年10月1日までこれらの数値は含まれていません。

地域別業績

  • 2013年度上半期の地域別業績概要につきましては、こちら(PDF 230KB)をご覧ください。
  • 2013年度第2四半期の地域別業績概要につきましては、こちら(PDF 210KB)をご覧ください。

なお、本社プレスリリースの原文はこちらをご参照ください。
http://www.sap.com/news-reader/index.epx

以上

SAPについて
 
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
 
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国248,500社以上の顧客企業に利用されています。
 
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細は http://www.sap.com (英語)をご参照ください。

Copyright © 2013 by SAP AG. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: ,