JSOL、資生堂トイレタリー事業でSAP® ERPによる新基幹システムを本格稼働

2013年9月3 日 by SAP News 0

~主要事業の基幹システムを統合し、共通化・標準化によるコスト削減と変化への対応力強化を実現~

Tokyo株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下「SAPジャパン」)は、株式会社資生堂(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼社長:前田 新造、以下「資生堂」)が同社のトイレタリー事業の基幹システムである販売物流システムにSAP ERPを採用し、2013年4月1日より本格稼動を開始させたことを発表しました。国内化粧品事業とのシステム基盤統合によるコスト削減、業務プロセス見直しによる効率化を実現するとともに、ビジネス環境の変化に迅速に対応可能な仕組みを実現しました。

JSOLは、2008年に他2社と資生堂の国内化粧品事業にSAP ERPを導入しました。その後、会計領域を中心に資生堂の関係会社および他事業へのSAP ERPの展開を進めてきましたが、化粧品事業とは商習慣や取引形態が大きく異なるトイレタリー事業の販売物流システムについては、資生堂の自社開発によるホストコンピュータのシステムを継続して利用していました。この間、業務効率やユーザビリティを重視し改良を重ねてきましたが、ホストコンピュータの保守サポート強化や安定維持を目的に、システムのより一層の強化が求められていました。

そこで、JSOLでは、自社が持つ日雑業界における実績やノウハウを活用し、資生堂のトイレタリー事業の販売物流システムを再構築する取り組みを2012年2月より開始しました。資生堂の化粧品事業に導入済みのSAP ERPをベースとして、ビジネス環境の変化に迅速に対応でき、長期に渡り対応可能なシステム基盤の構築を目指しました。さらに、日雑業界標準VAN(PLANET)との受発注・請求データ連携や在庫荷姿管理、在庫品切調整等、日雑業界において必須かつトイレタリー事業特有の機能に確実に対応する為の、業務プロセスとシステム機能の改善、化粧品事業との共通化、標準化による更なる業務効率化を図りました。

2013年4月、当初計画通りSAP ERPをベースとした新基幹システムが本格稼動し、システム基盤統合によるシステム保守運用の共通化・標準化、システム維持費用の削減を実現しました。また、業務プロセスの見直しとシステム機能の改善を通して旧来以上に効率性、ユーザビリティの高いシステムを構築するとともに、化粧品事業との標準化や帳票削減によるペーパーレス化を促進し、業務効率化を実現しました。さらにIFRS対応や消費税対応、トレーサビリティ強化等、将来の市場や法制度の要請に迅速かつ柔軟に対応可能なシステム基盤を構築しました。
今後は、SAP ERPの活用度や導入効果を継続的にウォッチし、より一層の有効活用や標準化を推進することで、さらなる業務効率化やシステム運用コスト削減のほか、標準化によるジョブローテーションの促進等の効果も期待されます。

以上

【株式会社資生堂】
http://www.shiseido.co.jp/
所在地 : 東京都中央区銀座7-5-5
代表者 : 代表取締役会長 兼 執行役員社長 : 前田 新造
資本金 : 645億円
創業 : 1872年(明治5年)
設立 : 1927年(昭和2年)
事業内容 : 化粧品、トイレタリー、食品、医薬品などの製造販売

【株式会社JSOL】
http://www.jsol.co.jp/
所在地 : 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 : 代表取締役社長 :中村 充孝
資本金 : 50億円
株主 : (株)NTTデータ,(株)日本総合研究所
設立 : 2006年7月 (株)日本総合研究所より分社
事業内容 : 株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション分野において、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共など様々な業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループ及び三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国248,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: , ,