TISとSAPジャパン、金融業界におけるビジネスで協業

2013年10月21 日 by SAP News 0

TokyoITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)と、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下 SAPジャパン)は、金融ビジネスにおける戦略的協業体制を構築したことを発表します。SAPジャパンは、豊富な金融業務知識や金融機関向けのシステム導入のノウハウを持つTISと共同で金融業界向け情報基盤システムを提案し、両社は包括的な金融ソリューションの販売を強化するための販売体制を構築します。

最近の金融業界では、消費者のスマートフォン・SNS活用や、市場取引の高速化・グローバル化の急速な進展に伴い、顧客情報や取引情報のリアルタイム処理基盤の必要性が高まっています。また一方で、BaselⅢなどのグローバル金融規制対応や、近年の欧州金融危機や震災を踏まえたリスク管理体制整備などで、タイムリーかつ精緻な経営情報の基盤整備が喫緊の課題となっています。

こうしたリアルタイム情報基盤のニーズに対応するために、SAPジャパンとTISは、SAP® BusinessObjects™ソリューションおよびSybaseのデータベース・モバイルソリューション製品群に関するOEMライセンス販売のグローバル契約を締結しました。これによりTISは、SAPのアナリティクス、データベース、モバイルソリューションに同社が持つ金融事業におけるノウハウを組み込み、銀行、保険、カード、証券業といった金融業界のお客様の事業ニーズに合う情報基盤システムの提案を本日より開始します。

今回の協業により提案する金融業界向けの情報基盤システムは、顧客行動の深い理解や市場変化に対する迅速な対応を実現する情報系システムです。TISが持つ銀行・カードなどの金融業界で培った業務ノウハウと開発、運用実績をもとに、金融データモデルや金融用語辞書、豊富な分析レポート、営業情報分析や財務分析・統合リスク管理などの業務レポートをワンストップで提供し、包括的な金融業界向け情報基盤ソリューションとして販売からプロジェクト運営、保守までをトータルでサポートしていきます。TISでは、こうした提案を通して業務ノウハウをさらに蓄積していき、情報基盤システムのテンプレートを開発する予定です。

また、TISとSAPジャパンは金融業界向けSAPソリューションの販売を強化するために、両社で10月に共同の販売体制を構築し、販売活動を開始します。金融業界向けに提案する情報基盤システムに加え、SAP® CRMや保険業界向けの基幹業務パッケージであるSAP® for Insuranceを組み合わせて、包括的な金融ソリューションとして、金融機関のシステム投資の最適化に貢献すべく、販売活動を推進していきます。

以上

【TISについて】
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細はhttp://www.tis.co.jp/をご参照ください。

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国248,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: