SAP、2013年度第4四半期と通年の業績を発表

2014年1月22 日 by SAP News 0

2013年度は市場平均を上回るペースでクラウドへの移行を達成すると共に利益率を拡大
SAPはお客様主導のクラウドへの移行をさらに加速、2017年度には30〜35億ユーロの売上をクラウド関連で目指す
(本リリースは、1月21日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

Tokyo

  • 急速に成長するクラウド事業と好調なコア事業により4年連続で2桁成長を達成:2013年度通年のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービスの売上は固定通貨換算ベースで11%増(実通貨ベースでは6%増の140億3,000万ユーロ)
  • 2013年12月31日時点のクラウドサブスクリプションおよびサポートバックログは50%増の約12億ユーロ、2013年12月31日時点のNon-IFRSベースの繰延クラウドサブスクリプションとサポート売上は25%増の4億4,700万ユーロ
  • SAP HANAの成功が2013年度も継続:年度通年のSAP HANAソフトウェア売上は固定通貨換算ベースで69%増の6億6,400万ユーロ(実通貨ベースでは61%増の6億3,300万ユーロ)、SAP HANAは業界標準のリアルタイムプラットフォームの地位を確立
  • 2013年度通年のNon-IFRSベースの営業利益は固定通貨換算ベースで13%増の59億ユーロ、Non-IFRS、固定通貨換算ベースの営業利益率は150ベーシスポイント拡大して33.5%に
  • 2013年度通年のNon-IFRSベースの1株当たり利益は11%増の3.37ユーロに
  • お客様主導のクラウドへの移行を反映した2017年度業績目標を発表: 2017年度までには最低220億ユーロの総売上、クラウド事業からの総売上は30〜35億ユーロ、Non-IFRSベースの営業利益率は35%を達成

SAP AG(NYSE:SAP、以下 SAP)は本日、2013年12月31日を決算日とする2013年度第4四半期と通年の決算を発表しました。

2013年度第4四半期と通年の事業ハイライト

SAPは2013年度に大きな売上成長を達成しました。通年のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は固定通貨換算ベースで11%増加(実通貨ベースでは6%増の52億8,000万ユーロ)しました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービスの売上は固定通貨換算ベースで11%増(実通貨ベースでは6%増の140億3,000万ユーロ)でした。Non-IFRSベースの総売上は固定通貨換算ベースで8%増(実通貨ベースでは4%増の169億ユーロ)でした。

SAPの共同CEOのビル・マクダーモット(Bill McDermott)とジム・ハガマン・スナーベ(Jim Hagemann Snabe)は、次のように述べています。「再び2桁成長を達成し、市場を上回るペースの成長を遂げると共に利益率を拡大し、また同時にクラウドとイノベーションへの投資を行ったことを誇りに思っています。2013年に示したグローバルな勢いを背景に、お客様に選択肢を提供することでクラウドへの移行を加速します。全てのソリューションがSAPのリアルタイムプラットフォームであるHANAに対応したクラウドに移行することで、SAPはお客様に対して簡素化を進め、業界リーダーとしての位置付けをさらに強化し、また長期的により予測可能性と利益率の高い成長を推進します」

SAPのCFO、ワーナー・ブラント(Werner Brandt)は、次のように述べています。「2013年度を好調な第4四半期により締めくくることができました。第4四半期にNon-IFRSベースの営業利益率を大きく拡大した結果、通年のNon-IFRSベース営業利益率を固定通貨換算ベースで150ベーシスポイント引き上げ、Non-IFRSベースの1株当たり利益は11%増加しました。これは買収に伴う利益率の引き下げ効果にもかかわらず、卓越した業務推進とクラウドでのSAPの勢いにより実現したものです」

SAPの急成長するクラウド事業は、クラウド分野でその勢いを示しています。Non-IFRSベースのクラウドサブスクリプションとサポート売上は固定通貨換算ベースで7億8,700万ユーロとなり、2013年度通年の見通しであった7億5,000万ユーロ(2012年度:3億4,300万ユーロ)を上回りました。

2013年12月31日時点のNon-IFRSベースの繰延クラウドサブスクリプションとサポート売上1は、前年度比25%増の4億4,700万ユーロとなりました。2013年12月31日時点のクラウドサブスクリプションおよびサポートバックログ2は約12億ユーロで、前年度比50%増となりました。SAPの現在の年換算のクラウド売上は10億6,000万ユーロを超えています3。現在、SAPのクラウドポートフォリオアプリケーションへの総サブスクリプション数は3,500万を超えています。Aribaの直近12カ月のネットワーク利用料金4は5,000億ドルを超えています。Aribaは現在世界最大のウェブベースの企業向け取引コミュニティとなっており、同社のネットワークを利用する企業は140万社に及んでいます。

リアルタイムビジネスアプリケーションのためのプラットフォームであるSAP HANAは2013年度の大きな成長エンジンとなりました。HANAを利用する企業の数は現在3,000社を超えています。2013年度通年のHANAソフトウェア売上は、固定通貨換算ベースで69%増の6億6,400万ユーロ(実通貨ベースでは61%増の6億3,300万ユーロ)となりました。SAP Business Suite powered by SAP HANAはハイパフォーマンスアプリケーションのためのクラス最高のプラットフォームです。2013年度末時点でのお客様数が800社に達したSAP Business Suite powered by HANAへの需要は2013年5月に提供が開始されて以来の短期間ではありましたが自社予想を上回りました。

2013年度第4四半期の地域ごと業績

ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)地域では1桁台後半の成長を達成し、Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は固定通貨換算ベースで9%増となりました。これはこの地域でのクラウドサブスクリプションとサポート売上が2桁台後半の成長を、またドイツ、フランス、ロシア、中東、およびアフリカでの固定通貨換算ベースのソフトウェア売上が2桁台後半の成長を遂げた結果です。南北中央アメリカ地域の第4四半期のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、固定通貨換算ベースで1桁台の成長を達成しました。これはクラウドへの移行と共に、ソフトウェア売上が前年同期と比較して厳しい結果となったためでした。アジア太平洋・日本地域でのNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、中国での好業績を推進要因として固定通貨換算ベースで2桁台の成長を続けました。

2013年度通年の地域ごと業績

EMEA地域でのNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は固定通貨換算ベースで1桁台後半の成長を達成しました。これはこの年度を通じて見られたこの地域での景気低迷を考慮すれば優れた業績です。南北中央アメリカ地域は非常に好調な通年業績を挙げ、Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上が固定通貨換算ベースで15%を達成すると共にクラウドに急速に移行しました。アジア太平洋・日本地域では第4四半期に好調な業績を達成し、2013年度通年のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は固定通貨換算ベースで3%増となりました。

業績の詳細

2013年度第4四半期ハイライト

SAP – 2013年度第4四半期1)

IFRS

Non-IFRS

単位:特に記載のない限り百万ユーロ

2013年度 第1〜第4四半期

2012年度 第1〜第4四半期

増減率(%)

2013年度 第1〜第4四半期

2012年度 第1〜第4四半期

増減率(%)

固定通貨換算ベース増減率(%)

ソフトウェア

1,902

1,937

−2

1,903

1,937

−2

4

クラウドサブスクリプションおよびサポート

209

126

66

210

159

32

39

ソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション

2,111

2,063

2

2,113

2,096

1

6

サポート

2,269

2,166

5

2,274

2,171

5

10

ソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上

4,380

4,228

4

4,387

4,266

3

8

総売上

5,109

5,023

2

5,116

5,062

1

7

総営業経費

−3,304

−3,431

-4

−3,018

−3,092

-2

1

営業利益

1,805

1,592

13

2,097

1,969

7

15

営業利益率 (%)

35.3

31.7

3.6pp

41.0

38.9

2.1pp

2.9pp

税引き後利益

1,324

1,101

20

1,524

1,359

12

基本1株当たり利益(€)

1.11

0.92

21

1.28

1.14

12

フルタイム換算従業員数

66,572

64,422

3

N/A

N/A

N/A

N/A

1) 全ての数値は未監査のものです。

IFRSベースとNon-IFRSベースのソフトウェア売上は、前年同期比2%減(固定通貨換算ベースでは4%増)の19億ユーロ(2012年=19億4,000万ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年同期比2%増の21億1,000万ユーロ(2012年=20億6,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年同期比1%増(固定通貨換算ベースでは6%増)の21億1,000万ユーロ(2012年=21億ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年同期比4%増の43億8,000万ユーロ(2012年=42億3,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年同期比3%増(固定通貨換算ベースでは8%増)の43億9,000万ユーロ(2012年=42億7,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの総売上は、前年同期比2%増の51億1,000万ユーロ(2012年=50億2,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの総売上は、前年同期比1%増(固定通貨換算ベースでは7%増)の51億2,000万ユーロ(2012年=50億6,000万ユーロ)となりました。

IFRSベースの営業利益は、前年同期比13%増の18億1,000万ユーロ(2012年=15億9,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの営業利益は、前年同期比7%増(固定通貨換算ベースでは15%増)の21億ユーロ(2012年=19億7,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの営業利益率は、前年同期比3.6パーセンテージポイント増の35.3%(2012年= 31.7%)となりました。Non-IFRSベースの営業利益率は、前年同期比2.1パーセンテージポイント増の41.0%(2012年= 38.9%)、固定通貨換算ベースでは2.9パーセンテージポイント増の41.8%となりました。

IFRSベースの税引き後利益は、前年同期比20%増の13億2,000万ユーロ(2012年=11億ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの税引き後利益は、前年同期比12%増の15億2,000万ユーロ(2012年=13億6,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年同期比21%増の1.11ユーロ(2012年=0.92ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年同期比12%増の1.28ユーロ(2012年=1.14ユーロ)となりました。2013年度第4四半期のIFRSベースの実効税率は25.6%(2012年= 28.0%)、Non-IFRSベースの実効税率は26.4%(2012年= 28.7%)となりました。

2013年度通年業績ハイライト

SAP – 2013年度通年1)

IFRS

Non-IFRS

単位:特に記載のない限り百万ユーロ

2013年度 通年

2012年度 通年

増減率(%)

2013年度 通年

2012年度 通年

増減率(%)

固定通貨換算ベース増減率(%)

ソフトウェア

4,516

4,658

−3

4,518

4,658

−3

2

クラウドサブスクリプションおよびサポート

697

270

158

758

343

121

130

ソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション

5,213

4,928

6

5,276

5,001

6

11

サポート

8,739

8,237

6

8,758

8,246

6

11

ソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上

13,952

13,165

6

14,034

13,246

6

11

総売上

16,817

16,223

4

16,900

16,304

4

8

総営業経費

−12,336

−12,158

1

−11,386

−11,090

3

6

営業利益

4,482

4,065

10

5,513

5,214

6

13

営業利益率 (%)

26.7

25.1

1.6pp

32.6

32.0

0.6pp

1.5pp

税引き後利益

3,330

2,823

18

4,024

3,608

12

基本1株当たり利益(€)

2.79

2.37

18

3.37

3.03

11

フルタイム換算従業員数

66,572

64,422

3

N/A

N/A

N/A

N/A

1) 全ての数値は未監査のものです。

IFRSとNon-IFRSベースのソフトウェア売上は、前年度比3%減(固定通貨換算ベースでは2%増)の45億2,000万ユーロ(2012年=46億6,000万ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年度比6%増の52億1,000万ユーロ(2012年=49億3,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびクラウドサブスクリプション売上は、前年度比6%増(固定通貨換算ベースでは11%増)の52億8,000万ユーロ(2012年=50億ユーロ)となりました。IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年度比6%増の139億5,000万ユーロ(2012年=131億7,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、前年度比6%増(固定通貨換算ベースでは11%増)の140億3,000万ユーロ(2012年=132億5,000万ユーロ)となりました。この業績は、固定通貨換算ベースで少なくとも10%増としていた、Non-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービスの売上見込みを上回りました。IFRSベースの総売上は、前年度比4%増の168億2,000万ユーロ(2012年=162億2,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの総売上は、前年度比4%増(固定通貨換算ベースでは8%増)の169億ユーロ(2012年=163億ユーロ)となりました。

IFRSベースの営業利益は、前年度比10%増の44億8,000万ユーロ(2012年=40億7,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの営業利益は、前年度比6%増(固定通貨換算ベースでは13%増の59億ユーロ)の55億1,000万ユーロ(2012年=52億1,000万ユーロ)となりました。この業績は固定通貨換算ベースで58億5,000万ユーロ〜59億5,000万ユーロとするSAPのNon-IFRSベースの営業利益見通しを達成しました。IFRSベースの営業利益率は、前年度比1.6パーセンテージポイント増の26.7%(2012年= 25.1%)となりました。Non-IFRSベースの営業利益率は前年度比0.6パーセンテージポイント増の32.6%(2012年=32.0%)、固定通貨換算ベースでは1.5パーセンテージポイント増の33.5%となりました。2013年度通年のNon-IFRSベースの営業利益率については、買収による約50ベーシスポイント(2012年=100ベーシスポイント)の引き下げ効果が発生しています。

IFRSベースの税引き後利益は、前年度比18%増の33億3,000万ユーロ(2012年=28億2,000万ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの税引き後利益は、前年度比12%増の40億2,000万ユーロ(2012年=36億1,000万ユーロ)となりました。IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年度比18%増の2.79ユーロ(2012年=2.37ユーロ)となりました。Non-IFRSベースの基本1株当たり利益は、前年度比11%増の3.37ユーロ(2012年=3.03ユーロ)となりました。2013年12月31日を末日とする12カ月間のIFRSベースの実効税率は24.3%(2012年= 26.2%)、Non-IFRSベースの実効税率は25.9%(2012年= 27.5%)でした。

営業キャッシュフローは、前年度から微増の38億3,000万ユーロ(2012年=38億2,000万ユーロ)でした。フリーキャッシュフローは、前年度から微減の32億7,000万ユーロ(2012年=32億8,000万ユーロ)でした。総売上に占めるフリーキャッシュフローの割合は19%(2012年=20%)でした。2013年12月31日時点での現金および現金等価物、短期投資を含むSAPグループ全体の流動資金は、28億4,000万ユーロ(2012年12月31日=24億9,000万ユーロ)でした。2013年12月31日時点での純流動資金は、2012年12月31日時点でマイナス25億ユーロだったのに対し、マイナス14億7,000万ユーロでした。

今後の見通し
SAPは2014年度通年について以下の見通しを発表しました。

  • 2014年度通年のNon-IFRSベースのクラウドサブスクリプションおよびサポート売上は、固定通貨換算ベースで約9億5,000万〜10億ユーロ(2013年=7億5,800万ユーロ)の見込みです。この範囲の上限は、2014年度の成長率を、買収による影響を調整した後の2013年度の成長率と同様な32%に設定した場合のものです。
  • 2014年度通年のNon-IFRSベースのソフトウェアおよびソフトウェア関連サービス売上は、固定通貨換算ベースで6%〜8%拡大する見込みです(2013年=140億3,000万ユーロ)。
  • 2014年度通年のNon-IFRSベースの営業利益は、固定通貨換算ベースで58億〜60億ユーロ(2013年=55億1,000万ユーロ)の見込みです。

中期的見通し

SAPはSAP HANAを唯一のプラットフォームとしてすべての製品ポートフォリオをオンプレミスまたはクラウド経由で提供することで、お客様に簡素化を推進すると共に業績向上を支援しています。

SAPは安定した高い利益水準のコア事業と急速に成長しているクラウド事業を組み合わせることにより、成長と利益率拡大を継続できると予想しています。SAPは2015年度までに総売上を少なくとも200億ユーロに拡大させ、またクラウド関連のプロフェッショナルサービスを含むクラウド事業からの売上を約20億ユーロとする目標を引き続き維持します。

2015年度以降に関し、SAPは新たに2017年度の目標を発表しました。2017年度までには総売上を最低220億ユーロに拡大し、クラウド事業からの総売上を30億〜35億ユーロとすることを目指します。Non-IFRSベースの営業利益率目標は引き続き35%としています。クラウドにおける成長機会を捉えるため、SAPはこの目標を以前に発表した2015年度ではなく、2017年度までに達成することにしました。SAPは急速に成長するクラウド事業に加え、サポート売上の成長により、将来的な売上の内さらに大きな部分が予測容易な繰り返し発生する売上によって占められるようになると予測しています。

地域別業績

2013年度第4四半期の地域別業績概要につきましては、こちらご覧ください。
2013年度通年の地域別業績概要につきましては、こちらご覧ください。

なお、本社プレスリリースの原文はこちらをご参照ください。
SAP Announces Fourth Quarter and Full Year Results 2013

以上

1)2013年度第1四半期より、SAPは貸借対照表にNon-IFRSベース売上の下位項目としてNon-IFRSベースの繰延クラウドサブスクリプションおよびサポート売上を開示しています。2012年10月1日時点でのAribaの繰延クラウドサブスクリプションおよびサポート売上の期首残高はNon-IFRSベースで1億1,800万ユーロ、IFRSベースでは5,300万ユーロでした。
2)クラウドサブスクリプションおよびサポートバックログは、契約は完了したが請求書が未発行であり、したがって繰延売上としては計上されない将来のクラウドサブスクリプションおよびサポート売上を意味します。
3)年間予測売上(ランレート)は2013年度第4四半期のクラウド部門の売上高2億6,600万ユーロを4倍したものです。
4)ネットワーク利用料金は直近12カ月間にAribaネットワーク上で発生した注文書の総額です。

Tags: , , ,