日本IBM、SAPジャパンのクラウド型ソリューションの提供を開始

2014年5月19 日 by SAP News 0

サブスクリプション形式のソリューション提供で、IT投資の効率化を支援

Tokyo日本アイ・ビー・エム株式会社(社長:マーティン・イェッター、本社:東京都中央区、以下日本IBM)は、SAPジャパン株式会社(社長:安斎 富太郎、本社:東京都千代田区、以下 SAPジャパン)のクラウド型人事ソリューション「SuccessFactors」とクラウド型ERPソリューション「SAP® Business ByDesign®」について、サブスクリプション形式による年間契約でのソリューション提供を本年4月から開始したと発表しました。

小さく始め、ビジネス状況に応じて拡大したいといった要望に柔軟かつ迅速に対応できるクラウドの活用は、新規事業のスタート・アップや海外への事業展開など、さまざまな分野で広がっています。その場合、稼働する業務アプリケーションにおいても柔軟さが求められており、従来の恒久的なライセンス体系ではなく、経費扱いとなるサブスクリプション形式で契約することにより、投資コストを低減したいという声が高まっています。

IBMとSAPは、これまで、SAPオンプレミス型製品のライセンスとそれに付随するサービスを提供してきましたが、昨年9月にSAPクラウド型ソリューションの再販契約を両社本社間におけるグローバル契約として締結しました。あわせて日本においても、本年4月からIBM経由でのソリューション提供を開始し、お客様は自社の環境に応じてオンプレミス/クラウドの選択が可能になりました。

クラウド型人事ソリューション「SuccessFactors」は、採用・配置・能力開発・評価・処遇といったタレントマネジメントに強みを持ち、またグローバルでの人材管理などトータルな人事管理機能をクラウドにて提供しています。また、クラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」は、中規模企業向けにサービス・プロジェクト、会計、販売、ロジスティクス、購買、マーケティング、生産管理、人事、サプライチェーンマネジメントなど多岐にわたる分野を統合的に提供しています。

日本IBMでは、「SuccessFactors」や「SAP® Business ByDesign」のソリューション提供に加えて、グローバルにおける豊富な支援実績、スキル、知見や、IBM自らが展開してきたノウハウを生かし、コンサルティング・サービスも提供しています。また、年4回のアップグレードやモジュール追加に対応するためのアプリケーション保守サービス(一部有料)を提供し、安定的な稼働を支援していきます。グローバルでの数百名規模のコンサルタントに加え、このたび、日本でも専任組織を立ち上げました。今後は、中国デリバリー・センターやグローバル・チームと共同で、日本のお客様向けのサービスをご提供していきます。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: ,