SAP ジャパンと日本マイクロソフト、クラウド分野で協業

2014年6月23 日 by SAP News 0

Microsoft Azure 上での SAP® ERP 製品の稼働を正式サポート

TokyoSAP ジャパン株式会社 (本社 : 東京都千代田区、代表取締役 社長 : 安斎 富太郎、以下 : SAP ジャパン) と、日本マイクロソフト株式会社 (本社 : 東京都港区、代表執行役 社長 : 樋口 泰行、以下 : 日本マイクロソフト) は、クラウド分野で協業し、SAP® ERP製品の Microsoft Azure (以下、Azure) 上での稼働を正式サポート開始します。これにより、SAP ERP製品を利用するお客様のシステム構築初期コストを削減することはもちろん、Azure の従量課金モデルを活用することにより、総所有コスト (TCO) を約 4 割 (注 1) 削減します。当ビジネス協業により、両社の国内システムインテグレーター パートナー 9 社からサービス メニューの提供を開始します。東日本と西日本に開設した Azure 日本データセンター上へ SAP アプリケーションを容易にマイグレーションが行えるよう、技術検証、各種ドキュメント整備すると共に、トレーニングおよびマーケティング活動を共同で実施していきます。

Microsoft Azure で正式サポートする SAP の製品
SAP とマイクロソフトは、 SAP® Business Suite、 SAP® Business All-In-One ソリューション、 SAP® Mobile Platform、 SAP Adaptive Server® Enterprise (SAP ASE) 、 Azure 対応 SAP HANA® プラットフォームの開発者向けエディションについて、サポートを開始しました。お客様や開発者は、 SAP® Cloud Appliance Library ツールを使用することで、構成済みの多数の SAP ソリューションについて、 Azure への直接の展開・プロビジョニングを数分以内で行えるような環境を構築できるようになります。

マイクロソフトでは、SAP ERP 製品の Azure 上での正式サポートに先立ち、エンタープライズのお客様 8社を対象に、グローバル プログラムとして「早期検証プログラム」を実施してきました。そのうちの 1 社である三井物産株式会社は、 東日本と西日本の両 Azure 日本データセンターを活用した拠点間データ連携、ハイブリッド環境における運用利便性の確認に加え、パフォーマンス面においても検証を行いました。 三井物産株式会社 IT 推進部長 前川一郎氏は、次のように述べています。

「三井物産はマイクロソフトと SAP による Azure 上での SAP アプリケーション稼動の正式サポートを歓迎いたします。弊社ではマイクロソフトを IT 投資上の重要なパートナーと位置付けており、マイクロソフト プラットフォームでプライベート クラウド基盤を構築し、仮想サーバーを日々運用しております。また 2000 年より SAP を基幹システムにて運用しており、両社のテクノロジがここに融合したことにより、我々にとってシステムプラットフォームの新たな選択肢がもたらされることになると考えております。
また、我々は Azure 上での SAP アプリケーション検証プロジェクトを既に実施し、SAP の動作検証はもちろん、パフォーマンス検証、System Center App Controller を使用したオンプレミス上の SAP 仮想サーバーの Azure への移行、 SCOM による Azure 上の SAP 仮想マシン監視の検証を行いました。その結果、 Azure は、少なくとも基本的なレベルでは必要十分な SAP の稼働環境であることが確かめられました」

パートナーが提供するサービス メニュー
当協業に際して、両社のシステムインテグレーター パートナー 9 社が Azure 上での SAP 導入・構築・運用のサービス提供を開始します。(50 音順)

■アビームコンサルティング株式会社
 ・CloudUP on Microsoft Azure for SAP
 SAP のシステムを Azure へ移行する効果と適合性を判断し、スムーズな環境の構築と確実な移行、運用準備を提供
 ・ITO on Microsoft Azure (SAP 運用保守サービス)
 Azure 環境に最適化した運用テンプレートを利用し、お客様のビジネス変化に対応しうる堅牢かつ柔軟な保守・運用を提供

■SCSK株式会社
 ・SAP 環境最適化、構築・運用サービス
 SAP 環境を診断し、オンプレミス、SCSKクラウド(USiZE) 、パブリッククラウド (Microsoft Azure) や、それらのハイブリッド環境での最適化提案を提供

■株式会社NTTデータグローバルソリューションズ
 ・Azure 移行サービス・運用保守サービス
 クラウド環境への移行実績、 Azure の先行導入で得たノウハウを基に、 Azure への移行サービスと運用保守サービスを提供

■株式会社電通国際情報サービス
 ・AOSMS (SAP 運用監視サービス)
 ・SAP 導入構築サービス
 ・SAP バージョンアップサービス
 ・SAP AMO サービス

■東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
 ・クラウド環境構築・運用サービス
 ・クラウド移行支援サービス
 ・クラウドデータ連携サービス
 クラウド移行とバージョンアップ、クラウド環境とオンプレミス環境に設置されたシステム間でのセキュアなデータ連携を支援

■日本電気株式会社
 ・近日公開予定

■株式会社 日立製作所
 ・AMO for SAP (運用管理)
 ・SAPシステム環境構築サービス

■富士通株式会社
 ・SAPクラウドサービス
 パブリッククラウドサービスである 「FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure」 に加え、SAP運用保守サービス (AMS) やSAPライセンスを含め、お客様要件に応じパッケージングした新サービスを近日ご提供開始予定

■リアルテックジャパン株式会社
 ・初期費用 0 円、オンデマンド型 SAP ERP システムコピーサービス (近日公開)
 ・Microsoft System Center による Azure 上での SAP 監視、運用自動化ソリューション

SAP ジャパンと日本マイクロソフトのビジネス協業
SAP ジャパンと日本マイクロソフトは、7 月 11 日に開催されるイベント「SAP Forum Tokyo」への出展を皮切りに、定期的にセミナーやイベントを共同開催し、基幹業務システムのクラウド化の啓発活動を推進します。また、 Azure 上での SAP アプリケーションの導入・構築・運用サービスを提供できるパートナーをさらに拡充していくため、パートナー向けの各種ドキュメント、トレーニング及び支援プログラムを共同で開発および展開していきます。

注1: マイクロソフト TCO/ROI ツールにて算出。ハードウェア、ソフトウェア、電力、管理費、およびデータセンター施設費のコスト削減効果による。

Azure 上での SAP アプリケーション正式サポートに関する詳細は、下記 Web サイトを参照ください。

http://azure.microsoft.com/en-us/campaigns/sap/

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: , ,