接着剤の総合メーカーであるセメダインがSAP® ERPの全社導入を決定

2014年8月7 日 by SAP News 0

Tokyo株式会社アイ・ピー・エス(本社:東京都、代表取締役社長:渡辺 寛、以下、アイ・ピー・エス)は、接着剤の総合メーカーであるセメダイン株式会社(本社:東京都、代表取締役会長兼社長:荒井進、以下、セメダイン)に、SAPジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:福田譲、以下、SAPジャパン)が提供するSAP® ERPを導入することを決定したと発表しました。

セメダインは、日本で最も老舗の接着剤の総合メーカーです。接着剤・シーリング材・粘着材・特殊塗料・コーティング剤およびその加工品の製造販売を主要事業とし、これら製品にはすべて同社の商標登録である「セメダイン」が表示されており、「接着剤の代名詞といえばセメダイン」として多くのお客様に広く知られていらっしゃる企業です。

セメダインでは、国内外での競争力強化による更なる事業成長を目指すべく、全社業務連携を強化する情報システムの整備に向けて、システムを刷新されます。経営の意思決定を迅速化するとともに、業務統制を強化すること、 “情報の見える化”を図り“現場力“を強化すること、事業規模の拡大に備えて更なる業務効率化を図ること、加えて海外での事業成長を前提としたシステム再構築を図ること、以上を達成することを目標として取り組まれます。

そして、そのためのシステムとしてSAP ERPを選択されました。ベストプラクティスと呼ばれる豊富な機能とプロセスフローを備えている点、グループ全体の事業活動に対応している点、多言語・多通貨・現地制度に対応済みである点を評価いただきました。SAP ERPの導入には、当社IPSを選択されました。プロセス製造業に強い「SAP® for Mill Products」(注1)と呼ばれるソリューションを実装したSAP ERPのパッケージ製品「EasyOne runs on SAP ERP」(注2)を持ち、同業界への導入実績が豊富である安心感と、他社にはないサポート体制を評価いただきました。

セメダインは、今後、2015年のシステムカットオーバーを皮切りに、SAP ERPを”武器”として全社活用し、これまで主要市場としてきた日本国内だけではなく海外市場においても競争力を高め、グローバル企業として更なる飛躍を目指します。

以上

(注1) SAP® for Mill Products
金属/製紙・木材林産物/繊維および建材などの素材業界の生産活動および流通活動を統合して最適化するソリューションです。計画/生産/販売/購買/在庫/物流管理と、財務会計/管理会計および人事管理を統合管理できます。特に、多数の製品バリエーションや製品の特性および製造の仕様に関わる部分の管理に長けています。

(注2) EasyOne runs on SAP ERP (EasyOne)
「テンプレート」と呼ばれるSAP ERPパッケージ製品の一種です。IPSが独自に開発しSAP ERPを日本の企業様の商習慣や考え方に合うように機能やプログラムを補完しました。

【セメダイン株式会社について】
セメダイン株式会社は1923年の創業以来、接着剤、シーリング材、特殊塗料、粘着テープ等の製造販売を主な事業の内容とし事業活動を展開しております。これらの製品にはいずれも同社の登録商標である「セメダイン」が表示されており、全国的に浸透しております。
( www.cemedine.co.jp/ )

【株式会社アイ・ピー・エスについて】
アイ・ピー・エスは、SAP 社が提供する SAP ERP の導入・本番稼動後のシステム運用・保守サポートにおいて、お客様の業務改革を支援する企業です。 1997 年の設立以来 80 社以上の導入実績を持つ、SAP 社のチャネルパートナーの 1社です。 ( www.ips.ne.jp/)

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: ,