SAP、通信サービスプロバイダー向けに、ビジネスアプリケーションのスマート化を実現

2014年8月12 日 by SAP News 0

(本リリースは、7月22日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)は、同社の自動予測分析ソフトウェア「SAP® InfiniteInsight®」ソリューションと、「SAP® Customer Engagement Intelligence powered by SAP HANA®」ソリューションの連携機能を発表しました。これらソリューションの組み合わせにより、企業各社は、モデルの構築をより迅速・正確に行えるだけでなく、お客様の分析とターゲティングのプロセスをシンプル化できます。

SAP InfiniteInsightは、顧客分析とターゲティングをより的確に行うため、精度の高い予測モデルの構築を自動化し、ユーザーがビジネス課題の解決のための最適なアルゴリズムを短時間で得られるよう支援します。SAP InfiniteInsightを通じ、お客様は今後、SAP Customer Engagement Intelligenceで利用可能なすべての変数を活用し、互いに比較することで、予測に活用できる変数を特定し、各モデルの主要なドライバを、数分以内でより深く理解できます。

SAPのビジネスインテリジェンス/予測分析担当グローバルバイスプレジデントのシェイカー・アイヤー(Shekhar Iyer)は、次のように述べています。「あらゆるお客様を対象に、ITのシンプル化を目指すSAPの継続的な取り組みの一環として、SAP InfiniteInsightをSAP Customer Engagement Intelligenceに組み込むことは、すべての人に予測分析をご利用いただくための第一歩です。今回の統合ソリューションにより、ビジネスユーザーは、自らの手で予測分析のパワーを活用できます。これによって、ビジネスインテリジェンス、俊敏なビジュアライゼーション、アドバンストアナリティクスをビジネスプロセスに組み込むことで、より効果的なターゲティングを行い、より短期間で価値を実現できます」

変化の著しい通信業界では、顧客の嗜好を理解し、リアルタイムで対応することは、通信サービスプロバイダー(CSP)にとって必須とされます。SAPの予測モデリングソリューションと顧客対応(カスタマーエンゲージメント)ソリューションの連携により、CSPは、自社のマーケティング部門、営業部門、サービス部門の効率性と成果を向上させて、個別対応のサービスをより効果的に提供し、顧客ロイヤルティを向上させて、解約率を抑えることができます。

Cox Communications社は、米国第3位のケーブル事業者であり、18の州で約600万人の顧客を擁しています。同社は現在、SAP InfiniteInsightを活用することで、予測モデリングを通じ、顧客関係を強化しています。Cox社は、SAP InfiniteInsightを導入し、それぞれのニーズに合わせた形でおすすめ商品の提示(レコメンデーション)を行うことで、顧客の獲得・維持率を向上させています。

Cox Communications社のマーケティング分析担当ディレクター、パリマラ・ナラシマ(Parimala Narasimha)は、次のように述べています。「SAP InfiniteInsightを活用することで、Coxはこれまで、大量のデータを迅速に処理し、様々な地域や商品に即した形で、カスタムモデルを生成してきました。SAPを使用することで、当社は、洞察を自動的に導き出し、それぞれのニーズに合わせた形でレコメンデーションを行うことが可能です」

SAP Customer Engagement Intelligenceを使用することで、企業は、大規模な母集団を対象に、高度なセグメント化を実行し、これらの洞察を、ターゲットを絞った、個別対応のマーケティングキャンペーンに投入することで、大量のデータから実行可能な洞察を導き出し、既存顧客と見込み客に対応できます。SAP Customer Engagement Intelligenceの導入開始以降、T-Mobile US社は、顧客ロイヤルティと顧客維持率の向上に寄与すると考えられるものとして、カスタマーエクスペリエンスを最適化し、個別対応にもとづく適切な商品を提供してきました。

T-Mobile US社のエンタープライズシステム開発担当バイスプレジデントのカリ・エスコベド(Kari Escobedo)氏は、次のように述べています。「T-Mobile社は、お客様の現在のプロフィールとニーズにもとづき、すべてのやり取りを、適切で意味のあるものにしようと努力しています。SAPの提供するデータの洞察を活用することで、T-Mobile USは、カスタマーエンゲージメントのモデルを構築し、ターゲットを絞った適切なオファーを提示できます」

この新たな連携機能を通じ、SAPのお客様は、SAP Customer Engagement Intelligenceを通じ、SAP InfiniteInsightにシームレスにアクセスして、完全統合型の予測分析ソリューションを実行できます。さらに、オンプレミスとクラウドのいずれの方式でも、SAP HANA上でプロセス全体にアクセスし、実行できることから、お客様は、迅速な展開のメリットを享受できます。

以上

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: