THKのグローバル会計、SAP® Business Suite powered by SAP HANAの国内初稼働、IBMが構築

2014年8月25 日 by SAP News 0

TokyoTHK株式会社(社長:寺町 彰博、本社:東京都品川区、以下THK)は、日本、欧州、米州、アジアへとグローバル展開を進めるための経営基盤を支える「グローバル会計システム」を構築し、第一弾として本年7月よりTHK株式会社およびTHK新潟株式会社にて稼働を開始しました。

「グローバル会計システム」は、SAPジャパン株式会社(社長:福田 譲、本社:東京都千代田区、以下 SAPジャパン)のSAP® Business Suite powered by SAP HANAを採用し、国内で初めて本番稼働しました。また、システム構築においては、日本アイ・ビー・エム株式会社(社長:マーティン・イェッター、本社:東京都中央区、以下日本IBM)のSAP HANAに対応したグローバル会計統合専用テンプレート「IBM Express Solution for Global Accounting」を活用し、開始からわずか1年という短期で稼働しました。

THKは、LMガイド(リニア・モーション・ガイド:直線運動案内)、ボールスプライン、ボールねじ、電動アクチュエータなどをはじめとする機械要素部品を開発、生産し、世界へと供給しています。「世にない新しいものを提案し、世に新しい風を吹き込み、豊かな社会作りに貢献する」という経営理念のもと、成長に向けたマイルストーンとして2016年度連結売上高2,500億円を掲げ、「グローバル展開」と「新規分野への展開」によるビジネス領域の拡大を進めており、経営基盤となるグローバル会計業務を支援するITシステムを構築しました。

「グローバル会計システム」は、業務ルール、会計業務プロセス、決算期などをグローバルで共通化した会計システムで、IFRS対応といった法令や改正への柔軟な対応、決算早期化、ガバナンスや業務の標準化や集約化によるコスト削減など、強固な経営基盤の確立を目指します。対象業務は、一般会計、債権回収、債務支払、固定資産、単体決算、予算管理などで、2015年度中までに世界21カ国・地域に展開する予定です。

今回、THKは、ERPシステムには十分な性能と製品間の親和性、そして強固な耐障害性を必要としていました。そのため、インメモリ―コンピューティングとしての高速性、SAP Business Suiteとの緊密な親和性、そして、耐障時の復旧性能を兼ねそろえたSAP HANAがこれらの要件を満たしていることから、採用に至りました。SAP Business Suite powered by SAP HANAは、インメモリープラットフォームSAP HANAの上で稼働するSAP Business Suiteで、世界中で広く利用されています。SAP HANAは高い可用性を擁しており、電源障害やサーバー障害が原因でシステムがダウンした際には、そのフェイルオーバー機能により待機系のSAP HANAに自動的にスイッチします。THKではこの技術を実装するとともに、さらに高いシステムの信頼性を担保するために、データセンター自体の障害に備えたSAP HANAのディザスターリカバリー機能も採用しました。この機能はシステムレプリケーションと呼ばれ、THKでは地理的に東西500km以上離れたデータセンター間においてソフトウェアによるシステム同期を実現しています。

日本IBMは、「グローバル会計システム」の構築において、グローバル会計統合専用のテンプレート「IBM Express Solution for Global Accounting(以下Ex-GA)」を活用しました。Ex-GAは、言語、文化、法規制、商慣習、社会、インフラといった各国固有要件に対応するための知見とひな形を用意しながら、プロセス、機能、データの標準化を推進し、SAP HANAに対応したグローバルで統一された会計システムを実現します。コンサルタントの知見、プロジェクト・マネジメントの実績、多くのプロジェクトで実施してきた教育アセットなど、IBMがこれまでグローバルで培ってきた知見や経験を活用するため、高品質かつ短期間でコスト低減を支援します。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: , ,