SAPジャパン、リアルタイムのサプライチェーンを実現する新製品「SAP® Integrated Business Planning」を提供開始

2014年10月7 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は同社のサプライチェーン戦略の進化を裏付けるものとして、クラウド型の新製品「SAP® Integrated Business Planning」を本日から提供開始したことを発表しました。本サービスによって、企業は、サプライチェーンに関するリアルタイム情報にもとづき、統合ビジネスプランをより迅速に策定・調整・実行することができます。

急速に環境が変化するサプライチェーンでは、グローバル市場での利益志向経営に対応することが求められています。また、昨今、個々のユーザーに合った商品やサービスを即応で提供できることへの要望が高まっており、市場消費者の需要をリアルタイムに満たすことができるツールが必要不可欠とされています。その充足に向かうサプライチェーンは、内外の供給パートナーで構成される複雑なネットワーク群を通じて取得する需要情報に対応しています。その結果、企業は、迅速かつ効率的に、そして収益性を維持しながら、リアルタイムに情報を特定し、咀嚼し、計画を立て、迅速に行動することを求めています。

SAP Integrated Business Planningは、SAP HANA®プラットフォームによる高速処理と、SAP Cloudが実現する短期導入によって、エンド・トゥ・エンドな需要と供給ネットワークの中でリアルタイムな情報の分析とアラート共有を行うことを目的に開発されました。さらに、グローバル化対応機能、最新の最適在庫配備アルゴリズム、サプライチェーンの鳥瞰(ちょうかん)監視機能を通じ、戦略実行計画(Sales and Operation Planning)に関して互いに協調して機能する環境を提供します。

本サービスは、①SAP Integrated Business Planning for sales and operations、②SAP Integrated Business Planning for inventory、③SAP Integrated Business Planning for supplyと、④SAP Supply Chain Control Towerで構成されます。統合ビジネスプランニングに関するこれら4種類のアプリケーションを使用することで、下記を実現します。

・プランニングの合意と調整を地域・組織を横断して一元化することにより、意思決定の最適化が促進されます。
・組織を横断して一元化することにより、意思決定の最適化が促進されます。
・SAP HANAプラットフォームの高速処理を活用することで、市場の需要変化に迅速に対応するための戦略実行計画の立案、リアルタイムな実績予測の共有、戦略と実行計画の密連携等を実現します。
・単一の共通データモデルを通じ、より一貫性のある実行計画立案が可能となります。
・需要ネットワークの複雑性と不透明性を可視化し、例外状況の早期発見と対応策の即時化を促進します。
・SAP Cloudポートフォリオを通じ、シンプルかつ短期間でのシステム稼動と早期での利用効果創出を実現します。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: