SAPとIBM、エンタープライズ・クラウドの導入を加速するパートナーシップを提携

2014年10月15 日 by SAP News 0

(本リリースは、10月14日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP SE(NYSE: SAP)とIBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長、社長兼CEO:バージニア・M・ロメッティ、NYSE:IBM)は本日(現地時間)、SAPがビジネスクリティカル・アプリケーションのクラウド・インフラストラクチャー・サービスの戦略的重要プロバイダーとして、IBMを選出したことを発表しました。これにより、顧客の中核事業のクラウドにおける運営能力の向上を図ります。今後、SAP® HANA Enterprise Cloudは、拡張性に優れ、オープンでセキュアなIBMクラウド・データセンターから利用できるようになります。IBMクラウド・データセンターとの連携により、SAP HANA Enterprise Cloudはより大きな市場をターゲットにすることができ、また、顧客の方も、SAPソフトウェアをIBMの実績のあるクラウド機能に裏付けされた高速かつセキュアな環境で世界中に展開できる、というメリットが期待できます。

SAPのCEO、ビル・マクダーモットは次のように述べています。「私たちはIT業界でも最も長期的かつ有意義なパートナーシップの今回の拡大には、大いに期待しています。SAP HANAおよびSAP HANAを基盤とするSAP Business Suiteのクラウド展開に対する需要は著しく、今回の世界規模のIBMとの合意は、クラウド・コラボレーションの新たな時代の幕開けになるでしょう。また、お客様にとっても、今回の提携そしてSAP HANA Enterprise Cloudのサービス拡大が大きなメリットになると期待しています」

また、IBMの会長および社長兼CEO、ジニー・ロメッティは、次のように述べています。「今回の発表は、エンタープライズ・クラウドの展開における重要な節目となります。ビジネスにイノベーションをもたらすIBMとSAPの長い歴史の上に、IBMは最も優れたグローバル・クラウド・プラットフォームとしての地位を新たに築きます。当社のセキュアでオープンなハイブリッド型エンタープライズ・クラウド・プラットフォームにより、ビッグデータやモバイル、ソーシャルによって形成される時代にあっても、SAPのお客様は新たな働き方に対応できると期待しています」

IBMとSAPは、協力体制のもと、各社の持つ専門技術やソリューション、クラウド・インフラストラクチャーを基盤として、SAPのビジネス・ソリューションをIBMクラウド環境で提供します。SAP Business Suiteなどのミッション・クリティカルなビジネス・アプリケーションがクラウド環境で実行できるようになることで、SAPはSAP HANAのインメモリ・コンピューティング機能により、リアルタイムのパワーを引き出すことができます。IBMは、企業向けの事業における経験とIBM Cloud Managed Services(CMS)とSoftLayerのオープン・アーキテクチャーをベースに、お客様のSAPワークロードのセキュアな管理を実現します。データの保管場所を、試用段階から運用段階まで、一貫したインフラストラクチャー上で透過的に管理します。また、お客様は、IBMとSAP、二社によるテクノロジーとサービスを利用できるため、業界固有のベスト・プラクティスに基づき組織の変革を実現できます。業界で最も信頼の厚い二社の連携は、SAPとIBMのあらゆる規模のお客様にとってメリットがあるはずです。

あらゆる規模のエンタープライズで期待できる主なメリット:
• お客様は、IBMクラウドの世界各国の拠点でSAP HANA Enterprise Cloudを利用できます。SAP HANAとビジネス・アプリケーションで使用するデータは、スピード、透過性、データ・レジデンシーを実現したIBMクラウドに保管できます。
• SAP HANAはオープンスタンダード・ベースのアプローチを提供するIBMクラウドで動作するため、既存のテクノロジー資産と新しいワークロードの統合が容易な基盤を構築できます。
• IBMとSAPは、クラウドにおけるエンタープライズのお客様のセキュリティーに注力しています。IBMクラウドではお客様による管理が可能であるため、自社で培ったセキュリティー・ベスト・プラクティスをクラウド環境に取り入れ、拡張することができます。
• 企業は、新たなリーチとスケーラビリティーにより、ローカルにおいてでまずは小規模で開始し、クラウド機能を利用することにより後日グローバルで大規模に拡大していく、といったアプローチを取ることができます。また、データ・レジデンシーやその他の規制に関する要件にも準拠できます。

【IBMクラウド・コンピューティングについて】
IBMは、クラウドにおけるグローバル・リーダーであり、オープン・クラウド・ソリューションに関して比類のないポートフォリオを有しています。インテグレーションやデータ管理、専門知識により、ハイブリッド・クラウド時代のお客様に対応します。20億ドルを投じたSoftLayerの買収後も、IBMは積極的に投資を継続し、40か所のデータセンター開設のための12億ドル、開発者の支援を目的とする、Cloud Foundry上でのクラウドPaaS、Bluemix発足のための10億ドルなど、包括的なクラウド・ポートフォリオの拡充に努めています。IBMクラウドは、世界中で既に、30,000を超えるお客様を支援しています。現在、IBMは、100以上のクラウドSaaSソリューションを備えており、深い業界知識を持ったエキスパートがお客様の変革を支援し、拡大を続けるデータセンターのグローバル・ネットワークをサポートしています。2007年以来、IBMは、17件の買収を行い、クラウド・イニシアチブを加速するため、70億ドル以上を投じて買収を行ってきました。IBMは、クラウドに関して1,560件の特許を持っており、これらは改革を推進するためのものです。実際、IBMは21年連続で、米国の年間特許上位取得者リストのトップを占めています。IBMは、毎日550万件以上のトランザクションをIBMのパブリック・クラウドで処理しています。IBMが提供するクラウド・ソリューションについて詳しくは、http://www.ibm.com/cloud(US)を参照してください。IBMのTwitterを@IBMcloudでフォローしてください。ブログのURLはwww.thoughtsoncloud.comです。#ibmcloudで会話に参加してください。

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: ,