SAPジャパン、AWS上でSAPソリューションを活用したクラウドシステム構成の実装検証プロジェクトを開始

2014年12月19 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)上でSAPソリューションを活用した先進的なクラウドシステム構成の実装について検証するプロジェクトを開始しました。これにより、お客様は先進的なクラウドシステムの実装を検討する前に、システム稼働に関する情報を参照することが可能となります。

これまでに、SAP® Business Suiteや、SAP HANA®、SAP® BusinessObjects™、SAP® Sybase®など、多くのSAPソリューションがAWS上で稼働することが認定されています。SAPソリューションをAWS上でシンプルに、そしてスピーディに利用できるため、SAPソリューションを利用する多くのお客様が、クラウド上で稼働する環境としてAWSを採用しています。稼働環境となるAWSは、年間数百ものサービスが追加されており、SAPクラウド運用環境として多くのイノベーションが継続的に行われています。そのため、お客様が最新サービスの利用、あるいはこれまで利用のなかった先進的なシステムで構成されている形での利用を検討する際に、自ら実装前の検証を行っていました。

この度、SAPジャパンがパートナーとのエコシステムによって共同イノベーション支援を行うSAP Co-Innovation Lab Tokyo(以下COIL)により、お客様からのニーズが高く、先進的なシステム構成の構築と運用に関して、あらかじめSAPおよびAWSのパートナーと共にクラウドシステム構成の実装検証を行うプロジェクト「SAP COIL PoC Project powered by AWS」を開始しました。本プロジェクトで検証して得られた知見は、お客様やパートナーに広く公開されます。

「SAP COIL PoC Project powered by AWS」の第一弾は、下記5つのクラウドシステム構成シナリオに関して両社のパートナー企業と共同で実装検証を行います。

実装検証シナリオ/ 担当パートナー企業
SAP BusinessObjectsとRedshift連携/ TIS株式会社
SAP on Sybase ASEマイグレーション/ 株式会社クニエ
SAP HANA Scale out/in & Backup Recovery/ 三井情報株式会社
SAP Business Suite powered by SAP HANA High Availability with CLUSTERPRO/ 日本電気株式会社
オープンデータプラットフォーム with SAP HANA/ 株式会社jig.jp

この取り組みによって公開された情報を提供することで、お客様は素早くシンプルにSAPをAWS環境での利用へと移行することが可能となります。また、クラウド活用によって、本来のイノベーションを起こす活動に注力することができます。

本プロジェクトに関し、アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス本部長 今野 芳弘氏は次のように述べています。「アマゾン データ サービス ジャパンはSAPが「SAP COIL PoC Project powered by AWS」を開始したことを歓迎します。すでにSAP on AWSの実績を多数持つパートナー様に本実装検証に参加いただくことで、多くのお客さまがAWS上でSAPソリューションを素早く簡単に利用することが可能になります。本プロジェクトにより、お客さまのビジネスのイノベーションがより加速することを期待しています」

今回の第一弾の実装検証で得た情報は、実装検証担当パートナー企業とともに、2015年1月30日にSAPジャパンビルにて行う「SAP COIL PoC Project powered by AWSセミナー」にて、公開する予定です。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国263,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: , ,