SAP AWARD OF EXCELLENCE 2015受賞パートナーを発表

2015年3月4 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、本日、SAPパートナー向けのコンベンション「2015 SAP Partners Summit Day」において、『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2015』の受賞パートナーを発表しました。
1998年に創設された『SAP AWARD OF EXCELLENCE』は、SAPビジネスへの貢献度、ならびに顧客満足度などにおいて、極めて高く評価されたパートナー企業に授与される賞です。

本年も昨年に引き続き、SAP HANA®やクラウドをはじめとする新ソリューション領域での取組みや、さまざまなチャネル部門におけるビジネスの実績、優れた導入プロジェクトの推進、そしてお客様へ高い価値を提供することで、SAPの主要施策支援の強化を実施されたパートナーを評価し、計4部門にわたり表彰しました。
それぞれの選定基準および受賞パートナーについては以下の通りです。

※受賞パートナー各社は表彰順で表記されています。

<サービス・パートナー部門>
「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」
受賞パートナー
アクセンチュア株式会社様
授賞理由:サービス・パートナーとして、2014年度の新規SAPライセンス売上げ、プロジェクトの実行において最高位の実績を挙げられたこと、また、戦略インダストリーにおいて卓越したソリューション提供に貢献されたことを評価。

「ザ・ベスト・リソース・パートナー・アワード」
受賞パートナー
アビームコンサルティング株式会社様
授賞理由:年間で最も多くの新規認定コンサルタント258名を育成されたこと、さらにさまざまな新ソリューション分野でも積極的に人員の育成に努められたことを評価。

<チャネル・パートナー部門>
「ザ・トップ・リセール・パートナー・アワード」
受賞パートナー
株式会社日立システムズ様
授賞理由:2014年におけるSAP製品のチャネル販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。

「ザ・トップ・OEM/ISV・パートナー・アワード」
受賞パートナー
NDソフトウェア株式会社様
授賞理由:2014年におけるOEMのチャネル販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。

「ザ・トップ・PMC・パートナー・アワード」
受賞パートナー
富士通株式会社様
授賞理由:2014年におけるPartner Managed Cloudの販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。

「ザ・トップ・クラウド・リセール・パートナー・アワード」
受賞パートナー
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
授賞理由:2014年におけるクラウド・ソリューションのチャネル販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。

<SAP戦略ソリューション部門>
「SAP HANAソリューション・アワード」
受賞パートナー
株式会社日立製作所様
授賞理由:SAP HANAの販売において、顕著な実績を上げられたこと、また、SAP HANAに対する積極的に幅広い取り組みをされたことを高く評価。

「SAP® Business Suite powered by SAP HANA®アワード」
受賞パートナー
日本アイ・ビー・エム株式会社様
授賞理由:パートナー様によるSAP Business Suite powered by SAP HANAの初の導入において、優れたプロジェクトマネジメントと技術力により成功裏に本番稼働を果たされたことを評価。

「LoBソリューション・アワード」
受賞パートナー
キャプラン株式会社様
授賞理由:従来のライセンス再販だけでなく、人事アウトソースサービスを提供開始し、新しいLoBアプローチを開始、大手新規導入を実現されたことを評価。

「インダストリー・ソリューション・アワード」
受賞パートナー
アクセンチュア株式会社様
授賞理由:優れた知見とソリューションにより、公益企業における新時代の中核システム構築をデザイン、提案し、お客様のご導入に多大なご貢献をされたことを高く評価。

「SME・ソリューション・アワード」
受賞パートナー
ロータスビジネスコンサルティング株式会社様/日本アイ・ビー・エム株式会社様
授賞理由:IBM様のクラウド・サービス「SoftLayer」を活用したLBC様のサービス「Cloud One for SAP® Business One」の提供を開始、短期間でグレース株式会社様に導入されたことを評価。

「COILプロジェクト・アワード」
受賞パートナー
A10ネットワークス株式会社様
授賞理由:SAP® InfiniteInsightなどの最新製品を活用し、グローバル・ネットワーク上のパケット通信に関する分析、予測システムを、COILプロジェクトとして推進されたことを評価。

<プロジェクト・アワード>
最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」
受賞パートナー
日本電気株式会社様/株式会社野村総合研究所様
「トラスコ中山株式会社様:リアルタイム情報化 プロジェクト」
授賞理由:トラスコ中山株式会社様の戦略的な営業活動と高精度な在庫管理の実現ニーズに対して、SAP HANA上に高度データ分析機能を駆使したシステムを構築し、SAP HANAの機能を最大限に活用したプロジェクトを完遂されたことを高く評価。

優秀賞「プロジェクト・アワード」(五十音順)
受賞パートナー
株式会社アイ・ピー・エス様
「モリト株式会社様:SAPでグローバル全体の競争力強化に取り組む(IPS/UnitedVARs)」
授賞理由:UnitedVARsのグローバルサポートを活用してSAPを短期間で安全に展開し、グローバル全体の合理化を推進した点、加えてモバイル化やEC対応を始めとしたSAPをより使いこなす活動に挑戦された点を評価。

受賞パートナー
アビームコンサルティング株式会社様
「花王株式会社様:Mobileによるフィールド業務支援システムの構築プロジェクト」
授賞理由:花王株式会社様が目指す業務の高度化とコミュニケーション促進のため、「SAP® Mobile Platform」、「SAP® Afaria」を採用し、花王グループのフィールド業務を支えるモバイル基盤と業務アプリケーションを導入されたことを評価。

受賞パートナー
株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ様
「ポーライト株式会社様:PRT61DXプロジェクト」
授賞理由:Amazon Web Services(AWS)上にBMTテンプレートを活用したグローバル経営基盤を構築。グローバルでの経営資源の可視化とガバナンス強化を実現されたことを評価。

受賞パートナー
株式会社テクノスジャパン様
「株式会社エンプラス様:生産実行システムのグローバル標準化プロジェクト」
授賞理由:グローバル生産拠点を対象とし、生産・倉庫システムを1年で構築、6ヵ月の短期間で全拠点へ展開し、生産・倉庫・会計の一体化を実現。グローバル経営基盤の強化と、経営の可視化により迅速な経営判断に貢献されたことを評価。

受賞パートナー
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社様
「ネットワンシステムズ株式会社様:NOSPO プロジェクト」
授賞理由:SAP® BestPracticesにより標準で構築した新業務システムと周辺システムを含めたプロセスをSAP NetWeaver® Process Orchestrationの高度な業務プロセス・システム連携機能を活用して業務の効率化及び可視化を短期間で実現されたことを評価。

受賞パートナー
株式会社ニコンシステム様
「株式会社ニコン様:生産拠点向け汎用基幹システム導入プロジェクト」
授賞理由:株式会社ニコン様のグローバル生産を支えるSAP汎用アプリケーションを、完成度の高い組立製造テンプレートで構築することによって、国内外の生産4拠点に短期並行で導入。各拠点の原価管理、在庫管理、損益管理の高度化はもとより、複数拠点の比較分析を実現されたことを評価。

受賞パートナー
日本アイ・ビー・エム株式会社様
「株式会社フジクラ様:業績管理システム構築プロジェクト」
授賞理由:グローバル展開を視野に入れた社員のスキル、経験、キャリア希望と評価情報の可視化をSAP® SuccessFactorsをベースにそれぞれ2ヵ月という短期間で導入し、 企業と従業員のWIN-WINの関係を深めるコミュニケーション促進に貢献されたことを評価。

受賞パートナー
日本電気株式会社様
「サントリービジネスエキスパート株式会社様:ERP Implementation for Suntory アジア新拠点プロジェクト」
授賞理由:サントリーグループ様のアジア拠点設立に際し、標準化されたクラウド基幹システムであるSAP® Business ByDesign® の各国向けにローカライズした製品を複数国へ短納期かつ適正な価格でリリースされた実績を高く評価。

受賞パートナー
株式会社日立製作所様
「日本赤十字社様:血液事業情報システム開発導入プロジェクト」
授賞理由:血液事業の効率的な会計処理や、経営・事業状況の把握を実現されるとともに、
血液製剤の供給業務において一元管理、安定供給の基盤を構築。決算業務の早期化やデータの一元管理により業務効率化を実現された点を評価。

受賞パートナー
富士通株式会社様
「日本発条株式会社様:FUJITSU ERP モダナイゼーションサービスfor SAPソリューション適用プロジェクト」
授賞理由:SAPアプリケーションを最適化するサービス群「FUJITSU ERPモダナイゼーションサービス for SAPソリューション」の適用、および新仮想基盤導入により、大幅なコスト削減、拡張性、ビッグデータへの対応をされるとともに、グローバル化に向けたユニコード・コンバージョンを実現、SAPの最新技術を活用するための基盤としてお客様のシステムを再構築されたことを評価。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: