Ariba、間接材調達の購買から支払までのスイート製品に関するマジック・クアドラントでリーダーに位置付けられる

2015年4月7 日 by SAP News 0

(本リリースは、3月30日に弊社米国で発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP CompanyのAriba(アリバ)は、米調査会社のガートナー社の調査レポート「Magic Quadrant for Procure-to-Pay Suites for Indirect Procurement(マジック・クアドラント・フォー・プロキュア・トゥ・ペイ、間接材調達の購買から支払までのスイート製品に関するマジック・クアドラント)」2015年版において、同分野の「リーダー」クアドラントに位置付けられたことを発表しました。

今回のレポートでは、Aribaの請求と支払、および購買コンテンツを含む購買・支払管理ソリューションに対し、ビジョンの包括性と実行力を評価して「リーダー」クアドラントと位置づけました。

Aribaのチーフ・プロダクト・オフィサーであるサニッシュ・モンカー(Sanish Mondkar)は、次のように述べています。「今日のビジネスは複雑です。その管理のためのソリューションというものはあるべきでないでしょう。Aribaでは、最も複雑性の高いビジネスプロセスや支出分類も可能な限りシンプルに管理して、お客様の事業強化を導くアプリケーションの提供に注力しています。ガートナー社マジック・クアドラントにより我々のミッションとその達成が評価され光栄です」

Aribaは、業界リーダーのクラウドベースのアプリケーションと世界最大規模のウェブベースのトレーディングコミュニティを組み合わせ、企業がグローバルネットワークのパートナーを発見し、コラボレーションする支援を提供しています。Ariba® Networkを利用して、あらゆる規模の企業が、どこでも、いつでも、どのアプリケーションやデバイスからでも、これまでにないほど効率的で効果的な購買、販売、資金管理を行うことが可能になります。

以上

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
参考: Gartner, Magic Quadrant for Procure-to-Pay Suites for Indirect Procurement, Magnus Bergfors, Paolo Malinverno, Deborah R Wilson, 24 March 2015

Aribaについて
SAP傘下のAribaは、世界のビジネスコマースネットワークです。Aribaは、業界をリードするクラウドベースのアプリケーションと、世界最大のウェブベースによるトレーディングコミュニティを組み合わせることで、企業がパートナーのグローバルネットワークを探し出し、協力していくことを支援します。「Ariba® Network」を使用することで、企業は取引パートナーとその規模、アプリケーションやデバイスの種類に関わらず、あらゆる場所で、いつでも連携することができるようになり、かつてないほど効率的かつ効果的に現金の購入、販売、管理を可能にします。世界中の企業各社は、「Ariba Network」を使用して、企業内コマースの簡素化と業績の強化を実現しています。詳細については、www.ariba.co.jpをご覧ください。

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: