SAPジャパン、SAP® Predictive Analyticsの新機能を含むアナリティクス製品ポートフォリオを拡充

2015年7月2 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は、同社アナリティクス関連製品のイノベーションとなる「SAP® Predictive Analytics2.2」を本日から提供開始します。今回のバージョンアップでは、予測分析能力が大幅に強化され、極めて広範なデータセットに基づいた予測的な洞察が得られるようになり、高速で正確なリアルタイムの予測が可能になります。SAPジャパンはまた、「SAP Cloud for Planning」の新しいモバイルアプリケーションも提供開始しました。

SAPのプラットフォームソリューションズ担当プレジデントであるスティーブ・ルーカス(Steve Lucas)は、次のように述べています。「データには計り知れない価値が眠っており、こうした価値をビジネスに利用して確かな成果をあげるという大きなチャンスがあるのです。SAPは、データにアクセスして分析することで、お客様がトレンドを見極め、新しい市場、チャネル、イノベーションを見出すお手伝いをいたします。SAPがご提供する充実したアナリティクスソリューション関連製品は、企業の内外のデータから意味を引き出し、ビジネスを真の成功に導く価値をお届けします」

ビッグデータやIoTの多様なデータセット、データストリームまで予測分析の対応範囲を拡大
ビッグデータやInternet of Things(IoT)で生成されるデータには、高次元かつ広範という性質があり、分析時に非常に難しい問題が発生することがあります。SAP Predictive Analytics 2.2は、広範なデータセットを自動的に処理するので、予測モデリングの効率と精度の両方が改善されます。このソフトウェアからリアルタイムで得られる優れた洞察により、顧客行動についての理解を深め、顧客対応を改善し、確かなビジネス価値を生み出して、最終的には収益性を高めることができます。

株式会社ブレインパッド代表取締役である草野 隆史氏は、次のように述べています。「ビッグデータやIoTのデータストリームがますます増大するなか、行動に結び付く洞察力を高めるうえで、予測分析が重要な役割を果たします。インデータベースとインメモリーで広範なデータセットに対応するSAP Predictive Analyticsは、弊社にとって欠かせないものの一つとなっています。弊社では、データに基づいて意思決定を行う方法をSAP Predictive Analyticsで社内向け業務にも社外向けの分析ソリューションの提供にも活用し、行動に結び付く洞察力が強化されています」

SAP Predictive Analytics 2.2の主な新機能は次のとおりです。

  • IoTとSAPのエコシステム: 広範なデータセットのサポートおよびSAP Business Warehouseアプリケーションとの統合、オフラインモード
  • SAP HANA®プラットフォーム: 自動予測ライブラリー(APL)の新しいアルゴリズムおよびSAP HANAのビューとの統合強化
  • ユーザーエクスペリエンス: 改善されたR統合、モデル比較機能の追加およびモデル管理機能の拡張

SAP Cloud for Planningモバイルアプリケーションの提供を開始
SAP Cloud for Planningモバイルアプリケーションを利用すると、この人を中心とし分析機能が統合されたプランニングソリューションのソーシャルコラボレーション機能が、さらに強化されます。この新しいモバイルアプリケーションは、個人向けアプリケーションのようなシンプルな操作感のユーザーインターフェースを備え、ユーザーはどこにいてもリアルタイムでイベントの通知を受け、プランニングについてディスカッションを行うことができます。

NextLabsの機能拡張ソリューションを再販
さらにSAPは、属性ベースの動的承認と技術データのエクスポートコンプライアンスに基づいて、SAPのガバナンス、リスク、コンプライアンス (GRC) ソリューションを補完および拡張するソリューションとして、NextLabsソリューションの再販を開始します。NextLabsのSAP Dynamic Authorization ManagementおよびSAP Technical Data Export Complianceの目的は、コラボレーションと法令遵守を推進し、サプライチェーンの効率を最適化し、データとネットワークのセキュリティを強化することにあります。

ビジュアル化標準で意思決定プロセスを改善
SAPは、ビジネスコミュニケーションのビジュアル化標準に従って、SAPアナリティクスソリューションにおけるデータビジュアル化の品質とコミュニケーションを絶えず改善しています。ビジネスコミュニケーションのビジュアル化標準により、意思決定プロセスのすべての段階で、質の向上、迅速化、コスト削減を実現できます。SAP BusinessObjects™ Design Studioは、International Business Communication Standards(IBCS)協会のHICHERT®IBCS CERTIFIED CHARTS正式認証を取得済みのGraphomate Chartsチャートとの連携機能を備えています。APOS Systems Inc.、GaligeoなどほかのSAPパートナーも、SAP Lumira®ソフトウェアの新しい情報ビジュアル化オプションで、SAPアナリティクスソリューションの価値を広げています。

「DataGenius Challenge」を開催
「DataGenius Challenge」では、SAP Lumira、SAP BusinessObjects Design Studio、SAP HANA Cloud PlatformなどのSAPテクノロジーを使用してデータを分析し、現実世界の問題を解決に導く提案を募集します。Challengeへの応募は、アナリティクスとビジュアル化のエキスパートから成るパネルによって審査され、入賞者には慈善事業への寄付の機会が与えられます。

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国291,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

Copyright © 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: