田淵電機、Industrie 4.0に向けたSAP® S/4HANA採用稼働に向けた導入プロジェクトを開始

2015年9月7 日 by SAP News 0

Tokyo田淵電機株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:貝方士利浩、以下田淵電機)はこのたび、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:牧野友明、以下MDIS)の支援を受けて、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田譲、以下SAPジャパン)が提供する新世代ERP(統合基幹業務システム)「SAP® S/4HANA」の採用を決定しましたので、お知らせいたします。田淵電機が同システムを導入する狙いは、Industrie 4.0に向けたシステムの革新としており、製品の導入はMDISが担当します。

田淵電機は、1995年の太陽光発電用パワーコンディショナを中心としたインバータ事業への参入を契機として、従来のOEM製品主体のビジネスモデルから、一般汎用製品を中心とする事業に転換しました。しかし、こうしたビジネスモデルの転換と、それに伴う急激な企業規模拡大により、基幹システムを抜本的に刷新する必要性が生じてきました。具体的には、Industrie 4.0の理念を自社ビジネスに採用し、AIを活用した製造自動化や生産・販売情報などのビッグデータ分析による新しいビジネスモデルの構築を検討してきました。

このたび、田淵電機がSAP S/4HANAを採用した理由は、同システム導入により自社業務課題が解決するだけでなく、基幹システム外の各種機器からのデータも統合管理でき、SAP S/4HANAのベースである高速データベースSAP HANA上でリアルタイム分析が可能であることから、Industrie 4.0の理念にもっとも近いソリューションであると判断したからです。

田淵電機は、(1)ビジネス環境の整備 (2)品質保証体制の整備 (3)企業活動の見える化、の整備を進めるほか、販売した一般家庭向けの蓄電池の利用状況を監視し、最適な保守サービスを提供する新ビジネスの立ち上げも予定しています。

以上

田淵電機株式会社 について

電子機器用変成器・電源機器、各種電子機器・部品メーカー。1925年に珪素鋼板のプレス加工を事業として創業し、その後変成器(トランス)や電源機器事業へと業態を拡大。1995年には太陽光発電用パワーコンディショナを中心としたインバータ事業をスタートするなど、業態を広げています。2011年にはエネルギー事業の独自ブランド「EneTelus」(エネテラス)を導入し、蓄電や遠隔監視機能を持つパワーコンディショナを開発するなど、独自技術を生かした事業展開を推進しています。「地球環境にやさしいエネルギー先進企業」を企業目的として世の中が真に必要とする製品を創出するために、グループ企業一丸となって企業価値向上と社会貢献に努めています。

SAPジャパン について

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国293,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 について

三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)は2001年に設立され、三菱電機グループのICT事業の中核を担う企業としてビジネスを推進していくミッションを担っています。金融、製造業、社会システムをはじめとする幅広い分野におけるICTサービス・インテグレーターとして、企画段階から設計、構築、運用、保守に至るシステムライフサイクル全般に亘りワンストップでトータルソリューションをご提供します。MDISは企業理念である「“お客様と事業を共創する One Stop SIer”として新しい価値や未来を創造し、豊かで調和の取れた社会の実現に貢献する」の実現に向けて三菱電機の研究所やグループ各社、その他パートナー企業と連携し、最先端の技術でお客様のニーズにお応えします。

Tags: , ,