クニエとSAPジャパン、次世代アプリケーションプラットフォーム「SAP HANA® Cloud Platform」の導入支援サービスの提供を開始

2015年9月28 日 by SAP News 0

TokyoNTT データグループのコンサルティング会社である株式会社クニエ(代表取締役社長:高木 真也、本社:東京都港区、以下クニエ)とSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:福田 譲、本社:東京都千代田区、以下SAPジャパン)は、チャネルパートナー契約を締結し、業界唯一のインメモリー方式クラウドプラットフォーム「SAP HANA® Cloud Platform」 を活用した導入支援サービスを開始します。クニエは本サービスを通じて、短期間でのアプリケーション設計・構築・展開を実現し、企業のビジネスインパクトの創出に貢献します。

近年、モバイルやクラウド、ビッグデータなどデジタルテクノロジーの急速な発展によって、企業が取り巻くビジネス環境にも早急な対応が求められています。企業が市場の変化に逐次対応するためには、既存のIT資産を活かし拡張し続けることが可能な次世代のビジネスアプリケーション開発が必要不可欠です。
クニエはそのような経営課題に対して、SAP HANA Cloud Platformを活用したPaaSアセスメント/導入/定着化コンサルティングサービス 、およびIndustry4.0コンサルティングサービスを開始しました。企画・アセスメントから定着化までワンストップでトータルにお客様に提供することが可能となります。

◆PaaSアセスメント/導入/定着化コンサルティングサービス

同プラットフォームを活用したリアルタイム処理、ビックデータ解析が求められるビジネスアプリケーション構築に対して、お客様の既存の環境や用途に合わせて、コストを抑えるためのアセスメントから導入支援、業務定着化コンサルティングサービスを提供します。

PaaSによる開発環境とランタイムを利用することで、エンジニアの生産性が大幅に向上し、開発工数を抑えた最適な業務設計とシステム構築をワンストップでご支援します。

◆Industry4.0コンサルティングサービス

クニエではSAP HANA Cloud Platform を用いて、IoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)によって得られるセンシングデータを活用した新しいモノづくりの形を実現します。生産現場の効率化に留まらず、インターネットを介して顧客一人ひとりが求める製品やサービスをより使いやすく便利に変える新しいビジネス変革の手段をご提案します。

◆導入メリット

本サービスを利用することで以下のようなメリットが期待できます。

・SAP HANA Cloud Platformのアプリケーションを利用したユーザーエクスペリエンスの創造

・“機械学習”“人工知能”など超高速・予測型データ活用を見据えた次世代IT基盤の構築

・オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドアプリケーション構築

・モバイル、ビッグデータ、IoT などに対応した革新的なビジネスアプリケーションの構築

本サービス2015年9年28日から提供を開始し、2016年9月までに10社の企業に対してサービス提供を行うことを目標とします。

株式会社クニエ について

株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティング会社です。様々な変革に挑戦されるお客様のパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客様の変革の実現をグローバルベースで推進します。

SAPジャパン について

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国293,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

以上


※SAP、SAP ロゴ、記載されているすべての SAP 製品およびサービス名はドイツにある SAP SE やその他世界
各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登
録商標または商標です。

*本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

Tags: ,