イマジン・ドラゴンズとSAP、難民支援のOne4 Project実施で協力

2015年10月15 日 by SAP News 0

(本リリースは、10月12日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoiTunes限定でイマジン・ドラゴンズの新曲「I Was Me」が世界配信され、その売上金が国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に寄付されるのにともない、SAP(NYSE:SAP)はiTunesからの最初の500万ダウンロードについて、購入ごとに米ドル10セントずつを寄付します。

中東やヨーロッパ全域を中心に数十万人にのぼる難民が緊急の人道支援を必要とするなか、イマジン・ドラゴンズとSAP SEは、難民救済活動を支援するOne4 Projectの実施で協力します。One4 Projectは、iTunes限定で全世界に向けて配信されるイマジン・ドラゴンズの新曲「I Was Me」を、iTunes.com/IWasMeのサイトからダウンロードしてもらい、1人の力は小さくてもそれが集まればとてつもなく大きな力となることを象徴的に示すプロジェクトです。これに関わるApple、KIDinaKORNER/Interscopeレコード、イマジン・ドラゴンズは、それぞれの売上をUNHCRに寄付します。さらに、SAPもiTunesからの最初の500万ダウンロードについて、ダウンロードごとに米ドル10セントを寄付します。

KIDinaKORNER/Interscopeレコード所属のアーティストであるイマジン・ドラゴンズは10月12日、ドイツ・マンハイムのSAPアレーナにて「I Was Me」をライブで初演奏しました。このSAPアレーナ公演は、イマジン・ドラゴンズの『スモーク+ミラーズ』ヨーロッパツアーの皮切りの1つとなっています。

イマジン・ドラゴンズのボーカル、ダン・レイノルズは次のように述べています。「多くの難民が日々救護を必要としており、非常に危機的な状況にあります。バンドとして何か力になりたいと考え、SAPおよびAppleと協力して、変化を起こそうと決心しました。『I Was Me』は、人生を取り戻そうとすることについて書いた曲で、今まさに数百万の人々が置かれている状況と重なります。この曲をダウンロードすることでも、ほかのどんな方法でもよいので、世界中の皆さんがこの悲惨な状況に気づき、必死に助けを求めている難民の家族を支援する方法を見つけて欲しいと思います」

SAP SEのエグゼクティブ・ボードメンバーであるロバート・エンスリンは次のように述べています。「SAPの文化は、より良い世界を作ること、そして人々の生活をより豊かなものにすることに貢献するというビジョンに反映されています。当社のある社員が、SAPの最大の強みのうちの2つである「社員」、そしてお客様、パートナー、友人たちからなる「幅広いネットワーク」を活用する方法を思いつき、全社員でそのアイデアをぜひ実現させたいと考えました。One4 Projectでは、SAPとイマジン・ドラゴンズがiTunesを通じて協力することで、社会的責任を果たそうとする情熱を1つに合わせます。この活動のネットワークが自然と広がり、1つのアイデアが多くの人々に支持されれば、大きな力を発揮することになります」

集まった資金は、紛争と暴力のために家を追われて避難せざるを得なかった人々の支援活動をしているUNHCRに提供されます。急増しているこうした避難民の多くは、命の危険を冒してでも地中海を渡ろうとし続けています。秋から冬に季節が移るにつれ、こうした難民が直面する問題は大きくなる一方です。

iTunesから「I Was Me」をダウンロードしてUNHCRを支援するには、こちらをクリックしてください。

UNHCRについての詳しい情報は、こちらご覧いただけます。

詳細については、sap.comのOne4 Projectページをご参照ください。
iTunesから「I Was Me」をダウンロードするだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramなどで、写真をハッシュタグ「#one4」で共有したり、One4 Projectページに写真を投稿したりすることでソーシャルキャンペーンを支援することができます。

UNHCRについて
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR:United Nations High Commissioner for Refugees)は、1950年12月14日に国連総会によって設立されました。UNHCRは、世界中で難民を保護し、難民問題解決に向けて国際的な活動を主導、調整することを任務としています。その主な目的は、難民の基本的人権と安全を守ることです。すべての人々が、自発的帰還や、他国での一時的な避難生活、あるいは庇護国での定住という選択肢を持ったうえで政治的亡命を求めることができ、第三国での定住を求める権利を確実に行使できるよう活動しています。これには、無国籍の人々への支援も含まれています。UNHCRは60年以上にわたって数千万人以上の人々の生活再建を助けてきました。現在、127カ国以上の国々でおよそ9,300人の職員が約6千万人の難民を支援しています。
詳しくは、www.unhcr.orgおよび、www.facebook.com/UNHCRをご覧ください。

以上

SAPについて

SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国293,500社以上の顧客企業に利用されています。

また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Copyright © 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

Tags: