SAPジャパン、Hadoopのインメモリーイノベーション「SAP HANA Vora™」を日本で展開

2015年11月5 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は、Hadoop向けのインメモリーコンピューティングの新たなイノベーションとなる「SAP HANA Vora™(ハナ ボーラ)」ソフトウェアの日本での提供を開始します。SAP HANA Voraによってデジタル変革を推進する企業の持つHadoop内のビッグデータ、IoT(Internet of Things)といった様々なソースからの情報と、SAP HANA®で管理されたトランザクションデータを透過的に活用することができます。これにより、データサイエンティストやデータ分析者があらゆるデータの活用を効率的に行うことができます。また、HadoopのデータをOLAPのようにドリルダウンして分析ができるようになり、企業内のユーザーの分析範囲を拡大するとともに、ITコストの削減に寄与します。SAP HANA Voraは、パートナー企業との共同検証等を進め、12月末の提供開始を予定しています。

SAP HANA Voraでコンテキストを認識
SAP HANA VoraはHadoop向けの新しいインメモリークエリエンジンです。Apache Spark実行フレームワークを拡張して活用し、Hadoop上で充実したインタラクティブなアナリティクスを提供します。デジタル変革に乗り出した企業は、各所に分散しているビッグデータの処理における複雑性という難問に直面しています。さらに、エンタープライズアプリケーション、アナリティクス、ビッグデータ、IoTといったソース全体でビジネスプロセスを認識できないという問題も抱えています。

SAP HANA VoraはSAPのインメモリーコンピューティングイノベーションを分散データにまで拡張し、Hadoopエコシステム内とその周辺のデータを把握するビジネスセマンティックを利用したOLAPライクなアナリティクスを提供します。企業はSAP HANA Voraを導入することで、ビジネス活動をコンテキストに沿って完全に把握できるようになり、より良い意思決定が行えます。またデータアクセスをデータサイエンティストや開発者向けに開放できるため、企業データとHadoopデータのマッシュアップが簡単になり、未知の質問に対する答えを探ることができます。

SAP HANA Voraは、ビジネスプロセスで行う高度にインタラクティブなビッグデータ分析でコンテキストが重要となるさまざまな業界、たとえば金融サービス、電気通信、医療、製造などのお客様にメリットをもたらします。SAP HANA Voraが効果を発揮する使用例として次のものが挙げられます。
リスクと障害の軽減:金融取引や顧客履歴データの新たな異常を検出
通信帯域幅の最適化:トラフィックパターンを分析することでネットワークのボトルネックを回避し、QoS(Quality of Service)を向上
予防保全を実現することで製品のリコールプロセスを改善:部品表、サービス記録、センサーデータをまとめて分析

Cloudera株式会社からのエンドースメント
Apache Spark は、Hadoop エコシステムでもっとも成長著しいコンポーネントの1つとして、急速にバッチやストリーミングデータ、高度な分析のためのスタンダードとなりつつあります。私達は、SAP HANA Vora が、SAP HANA ユーザーの巨大なコミュニティ内でSparkの素早い採用を後押しする存在となり、コミュニティメンバーが様々な適用を通じて、より迅速にデータの価値を実感できるようにすると確信しています。Cloudera は、Spark の主要なサポーターとして SAP社 と協力しながら、SAP 社のお客様が Spark を問題なく導入し、Hadoop データから直ぐにメリットが得られるよう支援してまいります。

Cloudera株式会社
カントリー・マネージャー
田村研三郎

Hortonworks社からのエンドースメント
「SAP HANAとHortonworks Data Platformを組み合わせて使うことにより、SAPユーザーはSAP HANAによるインスタントアクセスが、Open Enterprise Hadoopならではの限りないスケールで実行可能になります。SAPとの継続的なパートナーシップはユーザーに新しいタイプのデータの格納と分析の幅広い選択肢を与え、以前は不可能であった膨大なデータがもたらす新たなビジネス機会を創造するアプリケーションを作ることができます。SAPのユーザーは新しいSAP NANA VoraおよびSAP HANA Cloud Platformを含むデータアーキテクチャをさらに補完すべく、Hadoopの採用を進めていくでしょう」

Hortonworks社
VP of International Operations
Andy Leaver (アンディー・リーバー)

MapR Technologies株式会社からのエンドースメント
MapR Technologies株式会社は、このたびのSAPジャパン株式会社による、SAP HANA Voraの日本での提供を歓迎いたします。ビッグデータ活用やIoTへの取り組み等により企業が活用するデータ量は飛躍的に増大しており、Hadoopの活用も積極的になってきております。今回の提供は特にエンタープライズ企業において、SAP HANA VoraとエンタープライズグレードHadoopのMapRにより、安心してHadoopの大量データと基幹データとのシームレスな活用が実現でき、顧客のイノベーション実現、ビジネス成長に寄与、そして採用がより加速することと確信しています。

MapR Technologies株式会社
アライアンス & プロダクトマーケティング
ディレクター
三原 茂

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

http://www.sap.com/japan/

Tags: