SAPジャパン、デジタルビジネスを実現するための業界初のデジタルコアとなるSAP S/4HANA®の最新版を発表

2015年11月12 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、次世代ビジネススイートであるSAP® S/4HANAの最新版を発表しました。

SAPは、デジタル変革を推進するお客様を支援するためのロードマップの一環として、ミッションクリティカルなビジネスプロセスを含むコア部分でのシンプル化とイノベーションを実現する「SAP S/4HANA Enterprise Management(エスエーピー・エスフォーハナ・エンタープライズ・マネジメント)」を本日より提供開始します。SAP S/4HANA Enterprise Managementは、これまで提供していたSimple Financeという名で知られていた会計領域以外にも、営業、サービス、マーケティング、コマース、調達、製造、サプライチェーン、アセット管理、研究開発、人事など、あらゆる業務部門のビジネスプロセスをカバーします。企業は、完全にデジタル化されたエンタープライズ管理ソリューションを利用することで、エンド・ツー・エンドでの業務のデジタル化を推進できるようになります。

また、SAP は「SAP S/4HANA Lines-of-Business(エスエーピー・エスフォーハナ・ラインオブビジネス)」ソリューションも同時に発表します。これは、S/4HANA Enterprise Managementソリューションに含まれるデジタルコアの機能と、各業務部門向けのSAPのポートフォリオ(オンプレミスおよびクラウド)である、たとえば、財務向けのSAP Cash Management、人事向けのSAP SuccessFactors、調達向けのAriba Network、マーケティングおよびコマース向けのSAP hybrisなどを結びつけます。

SAP SEエグゼクティブ・ボード・メンバーでプロダクト&イノベーション担当のベルント・ロイカート(Bernd Leukert)は、次のように述べています。「私たちはデジタルエコノミーに適応しているお客様と密接に協力し、どうすればデジタル化された業務により最大の価値を提供できるかを明らかにしました。その結果、コアを根本から完全に構築し直すことで、SAP S/4HANAがデジタルビジネスを実現するための業界初のデジタルコアとなりました。このデジタルコアを基盤として、企業の財務会計およびロジスティックスなどの業務オペレーションのコアとなる領域に革新的なユースケースを導入することで、シンプル化されたデータモデルと応答性の高いユーザーエクスペリエンスの力が存分に引き出され、かつてないビジネス価値を達成できます」

主要なシンプル化とイノベーションは次のとおりです。
-新しい買掛金/売掛金コックピットを利用して運転資本を最適化
-シンプル化されたデータモデルで在庫管理のリアルタイム大量処理を実現し、緩衝在庫を圧縮
-在庫のリアルタイムでの可視性と品目フローに関する洞察力を向上
-品目フローの整流化により、製造サイクルタイムを短縮(MRP)
-製造指図のリアルタイム監視によってフローおよび重大な問題をチェックし、対応体制を強化
-部品の代替供給を簡単にシミュレーションでき、業務上の意思決定の質が向上

-アリバビジネスネットワークへの標準統合機能により、調達コストを削減
-ボトルネックや問題を瞬時に特定できる新しい受注コックピットで、カスタマーサービスを改善

野村総合研究所 ERP事業部長 寺田洋 氏は、次のように述べています。「SAP HANAの先行導入者として、私たちはインメモリプラットフォームがもたらすビジネスへの効果を感じてきました。S/4HANAのスコープが拡張されてきている今、私たちはグループ会社の会計、販売、サプライチェーンなどの領域のビジネスプロセスがS/4HANAによってシンプル化できることをとても楽しみにしています。SAP Fioriの直感的なユーザーエクスペリエンスにより、私たちのグループ会社やお客様のビジネスをデジタルトランスフォーメーションする際にS/4HANAは大きな効果を持つことになると考えています」

SAP S/4HANA、デジタルビジネス実現のための業界初のデジタルコア
SAP S/4HANAはまさに、21世紀のデジタルコアと言えます。先進のSAP HANAプラットフォームを基盤とするこの新スイートは、最新のSAP Fiori®ユーザーエクスペリエンスを採用して設計されており、あらゆる業界、職務や役割を対象に、ビジネスに有益な情報をすぐに提供できるよう設計されています。企業は従来の業務トランザクションの枠を超え、デジタル化されたエンド・ツー・エンドの業務プロセスを単一のデータソースに基づいて実行できるようになりました。計画、実行、予測、シミュレーション、分析など、すべてを1つのシステムでリアルタイムに行えます。このデジタルコアは、SAPのデジタルビジネスフレームワークに不可欠な要素です。デジタルバリューチェーンのすべての側面、つまり、従業員とのエンゲージメント、資産とIoT(Internet of Things)、サプライヤーコラボレーションとビジネスネットワーク、カスタマーエンゲージメントとオムニチャネルエクスペリエンスなどをリアルタイムで相互接続する中核ソリューションとなるからです。

SAP S/4HANAに対する市場の反響は2015年2月の発表以来大変大きく、わずか8カ月で顧客数1,300社を超え、早くもSAPで最も急成長している製品となりました。

SAP S/4HANAへの近道、SAP Activate
SAP Activateイノベーション適用フレームワークは、SAP S/4HANAに合わせて最適化・デジタル化が施され、すぐに使えるビジネスプロセスを提供することで、お客様がSAP S/4HANAに簡単に移行できる近道を提供します。実装の手段として、ベストプラクティス、導入方法論、SAPが開発したガイド付きコンフィグレーションを独自に組み合わせて、お客様とパートナー様がSAP S/4HANAですぐに価値を実現できるよう支援します。

お客様を支援するパートナーエコシステム
SAPパートナーは現在、SAP S/4HANAを中核とした世界のプロジェクト全体の80%を取り扱っており、今後もこのソフトウェアの販売、およびお客様の導入プロジェクトやデジタルトランスフォーメーションプロジェクトの計画、実行、最適化のサポートで主要な役割を果たします。SAPパートナーは、SAP S/4HANAを販売する1,000社以上(増加中)のリセラーとともに、お客様と協力する上で戦略的な役割を果たし、十分な能力を備えています。SAP S/4HANAのお客様は、あらゆる地域の中堅中小企業、大規模企業、新規顧客とさまざまなビジネス市場に広がっています。

SAP S/4HANAからのデータを活用し、画期的なデジタルアプローチを実現
SAP Digital Boardroom では、SAP S/4HANAスイートおよびSAP HANA Cloud Platformから各業務部門データを取り出し、企業にとって重要な様々なビジネス指標を一覧にして提供します。SAP Cloud for Analytics solution上に構築されたSAP Digital Boardroomは、リアルタイムにビジネスの業績に関するインサイトを提供し、業績管理をシンプル化します。

※デジタルコアについては、ホワイトペーパー「Digital Economyにおけるデジタルの再創造」をご参照ください。

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

http://www.sap.com/japan/

Tags: ,