SAPジャパン、エンタープライズ規模のイノベーションを実現する SAP HANA®の最新リリースを発表

2016年5月31 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、SAP HANA®プラットフォームの最新リリースSPS12(サポート・パッケージ・スタック12)を発表しました。このリリースでは、保守方針の拡張、クラウドにおける新しいハイブリッドデータ管理サービス、中小企業(SME)向けの新しいサービスなど、エンタープライズレベルの信頼性とデータセンタークラスの規模に対応する多様な機能が追加されます。お客様は、クラウドの俊敏性を自社のオンプレミスデータ管理環境で活かし、ミッションクリティカルな業務を安定して処理できるようになります。また、SMEのデジタル変革もいっそう容易になります。

リアルタイムビジネスの基盤としてのSAP HANAプラットフォーム

SAP HANAプラットフォームの最新リリースは、デジタルビジネスを実行する基盤の堅牢性を損なうことなく、イノベーションによって市場の最先端を目指しているお客様を支援します。SPS11で掲げた3つのテーマ「ITのシンプル化」「インサイトの獲得」「イノベーションの実現」を、SPS12ではさらに拡張しており、主要な新機能は次のとおりです。

基幹系システムのための「ITのシンプル化」

•キャプチャー&リプレイ:IT部門が実際のワークロードを取得して、ターゲットシステム上で再生できます。この機能によってIT部門は、運用中の本稼働システムに変更を加える前に、新しい機能を評価し、アップグレードオプションについて検討し、その影響を検討することができます。その結果、ダウンタイムとコストを抑えながら、テクノロジーイノベーションを模索することができます。

•クラウド対応の拡張:Amazon Web Servicesの新しいx1インスタンスを利用して、2TBまでの大規模インメモリシステムを、基幹系および情報系の双方で本番稼働運用をサポートします。また、Microsoft Azureでは、448 GBまでのインスタンスで、本番稼働環境での利用をサポートします。

•最新仮想環境のサポート:VMware vSphere 6.0をサポートし、128 vCPU、4TBまでのインスタンスでの利用をサポートします。

差別化システム「インサイトの獲得」

•オープンソース製品との連携の強化:ビッグデータインメモリ分散基盤Sparkの管理ツールAmbariとの機能統合を更に進めるとともに、ストリーム分析機能Smart Data Streamingにおいて、オープンソース分散メッセージ基盤Apache Kafkaとの統合が可能になります。

イノベーションのためのシステム「イノベーションの実現」

•グラフデータの処理:データ接続を可視化することで、人と場所とモノの間の複雑な関係が把握しやすくなります。不正行為の検出など、問題点に取り組む場合に役立ちます。市場インテリジェンスを高めて新しいビジネスチャンスを見出すこともできます。

SAP HANAの最新リリースでは、保守ライフサイクルプログラムも拡張されています。このプログラムでは、IT部門は既存のSAP HANAソフトウェア環境を最大3年間継続して利用するか、SAP HANAプラットフォームの最新のイノベーションを年に2回導入するかを選択できます。

クラウドの俊敏性をオンプレミス環境で活用
SAP HANAプラットフォームの最新リリースに加え、SAPは、クラウド上のハイブリッドデータ管理機能に直接アクセスするためのサービスも発表しました。これは、一部のお客様に限定されるベータプログラムです。ハイブリッドモデルは、必要なハードウェアインフラストラクチャが少なく、クラウド環境とオンプレミス環境を短時間で統合できるため、総所有コスト(TCO)の削減に効果があります。最初に提供されるサービスは「キャプチャー&リプレイ」です。このサービスを利用すると、IT部門はクラウドをオンプレミス環境の一部のように扱うことができます。
SAPのシニア・バイス・プレジデントであり、SAP HANAプラットフォーム&データベース担当のダニエル・シュナイス(Daniel Schneiss)は次のように述べています。「今度の新しいベータプログラムはオンプレミスとクラウドが分離独立している現状を打破するもので、お客様は、両方の手法を自由に組み合わせて俊敏性を高めることができます。この真のハイブリッドモデルにより、企業はオンプレミス環境をアップグレードする前に、ITシステムの変更の影響をクラウドでテストできます。その結果、コスト効率の高いIT管理を促進できます。SAPは、クラウドにおける次世代データ管理サービスを確立するために、お客様と密接に協力してこのベータプログラムを設計しました」

SAP HANAの中堅企業市場向けエディションを提供開始
SAPはまた、SAP HANAに分析ソフトウェアを追加したEdge Editionをお求めやすい価格で提供開始します。この最新のエディションでは32GBのデータベースと128GBのダイナミックティアリングをサポートしており、IT担当者は、データの増加に合わせて、インメモリーから低コストのストレージに移行できるようになります。Predictive Analysis Libraryが同梱され、お客様は、さらに簡単にビジネスを分析し、将来の結果を予測できるようになります。SAP HANA, Edge Editionは間接チャネル経由でお客様に提供されるため、パートナー様にとっては、SAP HANAおよびSAPの分析ソリューション関連のビジネスを成長させるまたとない機会となります。

以上

■SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国310,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: