SAPジャパン、最新のデジタルビジネスを体感できる「カスタマー・エクスペリエンス・センター」を開設

2016年11月9 日 by SAP News 0

TOKYO — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田譲、以下 SAPジャパン)は本日、SAPおよびパートナー企業が実現しようとするデジタルビジネスを体感できる場として、東京本社内に「カスタマー・エクスペリエンス・センター(以下、CxC)」を開設しました。CxCは現在グローバル全体で12拠点に設置されており、今回日本での展開となりました。これらの施設は今後も拡大していく予定です。

このCxCでは、文字や資料だけでは理解しづらいデジタルビジネスに実際に触れて体感することで、自社のビジネスがどのように変革できるのかを考え、ディスカッションする場を提供します。本日より4つのソリューションのデモンストレーションを設置しているほか、さまざまな業界の最新のお客様事例も動画で紹介しています。また、SAPのソリューションだけでなく、パートナーによるソリューションも展示されます。展示内容は順次入れ替えを行い、最新技術を活用したデジタルビジネスを体感する場を提供していく予定です。

本日よりCxCで公開しているデモは下記の通りです。

1. SAP Digital Boardroom
SAP HANA®および次世代ERPであるSAP S/4HANA®を基盤としたソリューションです。経営の意志決定に必要なデータへのリアルタイムなアクセスを実現し、会議の場での意思決定を支援します。

2. IoT Smart Train
センサー付きプラレールの模型で実際の電車を表現、稼働の管理や故障状況の把握などをリアルタイムで行えるIoTおよびコネクテッドを具現化したデモンストレーションです。

3. WCc(Wearable Communicater)
コニカミノルタジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原口淳)による、ウェアラブルデバイスを活用したモビリティソリューションです。スマートグラス上に作業指示やマニュアルを表示し、倉庫業務や工場の保守保全業務の効率化を支援します。SAPソリューションと組み合わせることにより、作業現場と基幹システムとのリアルタイムな連携を可能にします。

4. INFINITE CART – by SAP Hybris Labs
デジタル技術を活用した新しい購買体験を提供するデモンストレーションになります。実際の店舗でカート型のデバイスを用い、それをECシステムと連携させることによって、匿名のお客様であってもデジタルとフィジカルで一貫した、パーソナルな顧客体験を提供することが可能になります。

SAPは2016年10月16日に創立24周年を迎えました。この節目の時期にCxCを開設することによって、引き続きお客様の課題解決支援およびデジタルトランスフォーメーションの推進、また他社との共同イノベーションへと積極的に取り組んで行きます。

CxCを訪問の際は、SAPジャパンの担当営業もしくは代表(03-6737-3000)までお問い合わせください。

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国およそ335,000社の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: