SAP ONE Support Launchpad のアクセス障害に関するご報告

2017年3月3 日 by SAP Support Portal 0

お客様各位

このたび、数週間にわたってサービス障害とアプリケーションの遅延が発生し、2 月 16 日、22 日、23 日には SAP ONE Support Launchpad へのアクセスに影響が及ぶサービス停止が数度にわたり発生いたしました。本件に関してお客様からもご報告をいただいており、ご不便ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

サービス障害の発生後に徹底的な障害原因分析を実施した結果、SAP のソフトウェアスタックに問題があることが判明いたしました。この問題に対し、弊社のエンジニアリングチームと運用チームではそれぞれ以下のように対応しております。

  • ID 認証サービスの障害回復力と可用性を高める大規模な改善作業(3 月と 5 月の 2 回に分けて実施)のためのワークストリーム(作業の流れ)を設定しました。
  • 2 月 22 日と 23 日に発生したパフォーマンスの問題の原因となったプラットフォームのテストプロセスおよび提供プロセスを改善するための作業に着手しました。このワークストリームは 4 月上旬に完了する見込みです。

アプリケーションとサービスの可用性、パフォーマンス、安定性は SAP の最優先事項となっており、現在実施中のプログラムと投資により、今後いっそうの安定性と信頼性を確保できるものと確信しております。また、この取り組みの一環として、安定性向上に向け、インフラストラクチャおよび運用面で改善すべき点についても重点的に調査しております。

サービス障害とアプリケーション遅延によりご不便をお掛けしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

上記の作業の実施中に SAP ONE Support Launchpad で一時的にアクセスできない状況が発生した場合は、SAP サポートヘルプデスク (CIC) までお電話電子メール、またはチャットでお問い合わせください(注:チャットは英語のみの対応となります)。

CIC がお客様に代わってインシデントを送信し、既存のインシデントのステータス更新状況をお知らせいたします。また、システム停止に関する最新情報もお伝えいたします。