FC今治、SAP® Sports One Solution for Soccerの採用を決定

2017年3月22 日 by SAP News 0


SAPジャパン、国内スポーツ産業のデジタル変革支援
を加速

TOKYO  –  SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田譲、以下「 SAPジャパン」)と、岡田武史がオーナーを務めるFC今治(運営法人:株式会社今治.夢スポーツ、所在地:愛媛県今治市)は、FC今治が、スポーツ専用クラウドソリューション「SAP® Sports One Solution for Soccer」の採用を決定したことを、本日発表します。

SAP Sports Oneは、SAP® Cloud Platform上で稼働するスポーツ専用クラウドソリューションです。チームと選手のパフォーマンスを最適化するための分析機能を提供するとともに、効率的に管理するための単一の統合プラットフォームを提供します。

SAP Sports Oneは、2014年のブラジル・ワールドカップに備えてドイツサッカー協会向けに開発されたSAP Match Insightsソリューションの進化形といえます。昨年、欧州市場向けにリリースされ、このたび、日本でも提供開始されることとなりました。現在までに世界で20チーム以上がSAP Sports One(サッカー以外のスポーツも含む)を採用しています。今回、国内最初のユーザーとして、岡田武史がオーナーを務めるFC今治の採用が決定しました。

FC今治は、1976年に設立した「大西サッカークラブ」を前身とし、2012年に現在のクラブ名となり、2014年に岡田武史がオーナーに就任、2025年までにJ1で優勝争いができるチームを目指しています。2016年シーズンには四国サッカーリーグで優勝、さらに全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016に優勝、2017年シーズンより日本フットボールリーグ(JFL)に昇格しました。3月5日に今シーズンが開幕し、来期のJ3昇格を目指した戦いがすでに始まっています。

FC今治 オーナーの岡田武史は、SAP Sports Oneの採用に際し、次のように述べています。「ドイツ代表やバイエルン・ミュンヘンのようなビッグチームが利用しているクラウドソリューションを活用し、岡田メソッドの将来的な普及を見据えています。また、日頃のトレーニングにも活用し、岡田メソッドによるトレーニングのPDCAサイクルをSports Oneを用いて実現していきます」

スポーツ産業が日本の有力な成長市場であると期待されている中、SAPジャパンはグローバルで数多くのスポーツ組織やクラブを支援してきた経験を活かし、SAP Sports Oneの国内展開をはじめ、ファンエンゲージメントやスマートスタジアムなど、スポーツ産業の デジタル変革支援をより一層推進していきます。

■SAP Sports Oneの詳細
http://go.sap.com/japan/solution/industry/sports-entertainment/team-management/sports-one.html

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国345,000社の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan
Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: ,