Ford社SAP® Ariba®の採用を決定

2017年4月4 日 by SAP News 2


クラウドベースの調達・購買アプリケーションを活用して間接費を管理

TOKYO – (本リリースは、3月15日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP® Ariba®は、Ford Motor社が間接費を管理するためクラウドベースの調達・購買アプリケーションを選択したと発表しました。

SAP Aribaは、そのアプリケーションとビジネスネットワークを通じて、調達・購買プロセス全体を統合します。これにより、同社は、数百万のサプライヤーと直接材および間接材経費カテゴリを統合し、数回クリックするだけで調達から支払い、資金調達までを管理することができます。また、SAP Aribaにより、企業は効率的に取引を管理し、新たなコスト削減エリアを見つけ、デジタル市場でサプライチェーンの長期的な健全性を管理し、革新的な結果をもたらすことができます。

SAP Aribaの社長、アレックス・アッツベルガー(Alex Atzberger)は次のように述べています。「SAP Aribaは、Fordのような有力な自動車企業と協力して調達・購買を変革することができて大変うれしく思います。私たちは、私たちのネットワークのユニークなインサイトとインテリジェンスとともに、最先端のテクノロジーを活用して、機能をデジタル化し、企業がすべての費用をシンプルで、かつ企業の仕様に準拠したソリューションを開発することをコミットしています」

以上

SAP Aribaについて
SAP® Ariba®はデジタルビジネス向けのマーケットプレースで、何百万もの購入担当者とサプライヤーが調達から支払までのプロセス全体にわたって円滑にやり取りしています。市場をリードするSAP Aribaのソリューションにより、各企業はその取引パートナーとのコラボレーションを簡素化し、優れたビジネス意思決定を行い、オープンテクノロジープラットフォームを利用してコラボレーティブなビジネスプロセスを拡張することができます。SAP Aribaソリューションの利用企業は200万社を超え、コラボレーションによる取引高は年間1兆ドル近くに達します。 SAP Aribaのサービスやそのトランスフォーメーション促進効果について詳しくは、www.ariba.comをご覧ください。

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国およそ345,000社の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。
Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: