ビジネスセンター岡山、SAPの中堅中小企業向けクラウドERP「SAP® Business ByDesign®」の採用を決定

2017年7月21 日 by SAP News 0

TOKYO – SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、西日本地区を中心にシステム開発を行うビジネスセンター岡山株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:岡本 匡史、以下BCO)が、SAPの中堅中小企業(SME)向けクラウドERPである「SAP® Business ByDesign®(エスエーピー・ビジネス・バイデザイン)」の採用を決定し、8月から導入プロジェクト開始することを発表しました。

BCOは、「ICTで関わる人をわくわくさせる」というビジョンのもと、創業時から独立系のICT企業として、40年以上にわたり培ってきた豊富な実績や問題解決力をベースに、金融機関、自治体、民間企業向けに、運用サポート事業、システム開発事業、インフラ事業をワンストップで実現できるソリューション提供会社として事業を行っています。同社では、プロジェクトの売上・原価・利益率を的確に把握できる基盤の整備と、今後の事業拡大に向けた情報分析基盤の整備のため、システムの刷新を検討しました。

複数のERPソフトを比較検討した結果、要件固めから運用開始までを短期間で実現可能なこと、導入後の保守(システムのバージョンアップやハードウェアのメンテナンス等)に掛かる時間とコストが節約できることから、SAP Business ByDesignの採用を決定しました。導入プロジェクトは8月からを予定しており、早ければ年内にも順次運用を開始していく予定です。

なお、BCOでは、今後SAPジャパンのパートナー企業として、自社導入のノウハウを基に、関西地区以西を中心にSAP Business ByDesignの販売および導入を行っていきます。

以上

ビジネスセンター岡山株式会社について
ビジネスセンター岡山株式会社は、「すぐれた技術と想像力により社会のコンピュータ活用に奉仕する」という理念の基に地域に根差した独立系のICT企業として1973年に設立されました。
創業時から金融機関、自治体、民間企業向けに業務システムの開発ならび運用・保守を行ってきました。顧客に対して価値の高いサービスを提供する為、2009年にMVNO事業を展開し、通信と情報の基盤となるインフラネットワークの企画ならびに構築、業務システム開発、運用・保守までをワンストップで提供出来るSIerとなりました。
今後も「顧客満足」を第一に考え、お客さまの課題を基にわくわくするようなソリューションを提供していきます。( www.bco.co.jp

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国350,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: ,