中古車輸出販売の平和オート株式会社が、SAP S/4HANA®、SAP® Hybris® Commerceの採用を決定

2017年7月21 日 by SAP News 0

TOKYO – SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)は、中古車の輸出販売を手掛ける平和オート株式会社(本社:大阪府泉大津市、代表取締役社長:阿部 昌利、以下 平和オート)が、SAPの次世代ERPスイートの最新版「SAP S/4HANA®」(エスエーピー・エスフォーハナ)、マーケティングソフトウェアの「SAP® Hybris® Commerce」(エスエーピー・ハイブリス・コマース)の採用を決定したことを発表しました。システムの構築は、株式会社 ブライト・ビジネス・パートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤森 大督)が行います。

平和オートは、1966年にバイクショップとして創業しました。その後、日本経済の成長とともに事業は四輪車の販売へ、1990年前半には、どこよりも早く中古車の販売先を海外へシフトして、中古車輸出事業を強化してきました。品質の向上や物流改革、情報コミュニケーションの構築などでさまざまな新しい試みを行い、世界各地の市場で、強力なグローバリゼーションを推進しています。

同社は、事業の拡大に伴う業務の効率化、競合他社との差別化、海外における顧客対応力の強化を目指し、また、将来的なデジタル変革に対応していくための経営基盤システムとして、新システムの導入の検討を開始しました。

複数のソフトウェアを検討した結果、今後の拡張性、安定性と柔軟性、世界的に多くの実績を持つ点などを評価し、2017年6月にSAP S/4HANAとSAP Hybris Commerceの採用を決定しました。また、平和オートは、将来的には、IoT技術を駆使し、地理情報を取り込んだ車両管理や、デジタルマーケティングの実現も視野に入れています。これらをエンド・ツー・エンドで同一のプラットフォームで管理し、デジタル経営を実現できることも今回の採用決定の大きな要素となりました。

以上

平和オートについて
平和オートは、1966年にバイクショップとして創業しました。その後、日本経済の成長とともに事業は四輪車の販売へ、1990年前半には、どこよりも早く中古車の販売先を海外へシフトして、中古車輸出事業を強化してきました。ニュージーランドをはじめ世界十数ヵ国を対象とした日本車中古車の輸出販売を行っています。品質の向上や物流改革、情報コミュニケーションの構築などでさまざまな新しい試みを行い、世界各地の市場で、強力なグローバリゼーションを推進しています。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国350,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

ブライト・ビジネス・パートナーズについて
ブライト・ビジネス・パートナーズは設立以来、 SAP ERP パッケージの中堅・成長企業への企画、設計、開発、運用、保守を含めた導入へ特化しており、日本(東京、大阪)、タイ(バンコク)、中国(上海)を中心に顧客を広げ、16 ヶ国・40 社以上の導入実績を誇ります。グローバルにSAP ERP の高品質かつリーズナブルな導入を提供しています(www.brightbp.co.jp)。

Tags: