SAP、モノのインターネット(IoT)向けブロックチェーン構想における最初の共同イノベーション参加顧客とパートナーを発表

2017年10月24 日 by SAP News 0

(本リリースは、9月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)
TOKYO – SAP SE(NYSE: SAP)は、ブロックチェーン共同イノベーション構想に参加する最初の企業を発表しました。この取り組みでは、SAP® Cloud Platform Blockchainサービスを利用して、デジタル元帳システムをモノのインターネット(IoT)、製造、デジタルサプライチェーンのソリューションに統合することを計画しています。Capgemini(キャップジェミニ)社Deloitte(デロイトトーマツ)社GrainCorp社HCL Technologies(HCLテクノロジーズ)社HERE Technologies社Moog Inc.(ムーグ)社Natura Cosméticos S.A社NetApp(ネットアップ)社、およびPeerNova社などの参加企業はSAPと協力して、ブロックチェーンをSAPの製品と資産のライフサイクル管理ソリューションに活用するための使用ケースとビジネスモデルを検証します。

SAPの最高イノベーション責任者のユルゲン・ミュラー(Juergen Mueller)は次のように述べています。「デジタルエコノミーでは、お客様やパートナーと密接に協力しながら速いペースで反復的に進める手法が不可欠です。SAP Leonardoデジタル・イノベーション・システムに含まれるブロックチェーンサービスのおかげで、分散したビジネスプロセスの至るところで、ピア・ツー・ピア・ネットワークのオープンなコラボレーションが可能になっています」

SAP Leonardo Blockchain共同イノベーションプログラムでは、製品の追跡とトレースのために製品のコンセプト策定、設計、製造、ロジスティクスの各フェーズでイベントをブロックチェーンに記録するなど、さまざまな用途をSAPのお客様とパートナーが詳細に検討することができます。また、このプログラムでは部品のシリアル化、在庫管理と製品の将来性や信頼性のためのオーダー検証についても取り組みます。さらにSAPはさまざまなサプライヤーがブロックチェーンに商品やサービスを直接送信することでビジネスネットワーク全体で効率を高めるデジタルサプライチェーンシナリオについても検討しています。

Moog社の最高技術責任者であるジョージ・スモール(George Small)氏は次のように述べています。「Moog社では、分散型元帳技術が工業、医療、航空宇宙の事業分野におけるワークフローのデジタル化とインターネットへの接続を進め、効率化への重要な鍵になると考えています。コラボレーションとオープン性には、共有された分散型元帳が不可欠です。SAPとの連携によって私たちの将来のビジョンの実現に必要な分散型元帳のツールとインフラストラクチャの開発が加速します」

SAPは、SAP Leonardo Blockchain Early Accessプログラムへの登録受付も開始しました。このプログラムでは、ブロックチェーン機能を拡張および強化した標準のSAP製品をお客様とパートナーが利用できます。参加者は、SAP Leonardo Blockchain機能によって、企業とそのビジネスパートナーが集中化した制御や管理を必要とせずに同じ情報にアクセスできることを体験できます。お客様とパートナーは早期アクセスプログラムに2018年第1四半期の初めまで登録できます。このプログラムの詳細および参加方法については、SAPのブロックチェーンのWebサイトをご覧ください。

HERE Technologies社のIoT責任者のレオン・ファン・デ・パス(Leon van de Pas)氏は次のように述べています。「インターネットへの接続と自動化がますます進展する現在の世界では、組織間の安全かつ有効なデータフローが極めて重要です。革新的なデータセキュリティ技術のブロックチェーンを始めとするSAPのデータ専門知識と、あらゆる業界のお客様に対しロケーションデータサービスを提供するHEREがもたらす独自の展望が効果的に組み合わさることにより、自律的世界を実現できます」

早期アクセスブロックチェーンプログラムでは、自動車、航空宇宙、防衛、ディスクリート製造、公益事業などの業界にフォーカスしていますが、ロジスティクス・ネットワーク・プロバイダーを含むより幅広いサプライチェーンとビジネスネットワークの企業がさらに参加します。SAPは多くのシステムインテグレーター企業と連携し、SAP Cloud Platform Blockchainで稼動する、ブロックチェーン対応のIoTおよびデジタルサプライチェーンのSAPソリューションを迅速に導入、展開できるように支援します。

SAPのIoT & Digital Supply Chain部門プレジデントのターニャ・リュッカート(Tanja Rueckert)は次のように述べています。「ブロックチェーンは、変革をもたらすテクノロジーであり、複数組織間のトランザクションをシンプル化し、多くの業界でデジタルイノベーションの新たな機会を生み出すことができます。お客様とパートナーはSAPの早期アクセスプログラムに参加することで、ブロックチェーンをモノのインターネット(IoT)戦略の中核として取り入れ、拡大するという先発企業としてのメリットを得られます」

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国およそ365,000社の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。
Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: